今週(2月28日)のニチアサ&オルフェンズ感想。

ジュウオウジャー
228 (1)

マイクラ感あるロボやトドメの爪アタックなど通好みのデザインで全体的にかっこいいんだけど、やっぱりあの銃だけはダサいと思う!3体のみで構成可能・四角にもどれる・組み換え可能とロボ戦はニンニンよりも自由になってますね。
白可愛い!悪いネコ科女!可愛い!……発情期あるのかな…ニチアサで映せなくなるけど…ところですぐファンファンエレファントとは一体?


仮面ライダーゴースト
228 (2)

本当に苦難の連続だなマコト兄ちゃん…モノリスに吸い込まれて地獄行き、地獄で得たものは粘着ホモ、妹は死ぬし(生き返ったけど)最近もバイクに殺されかけたり粘着ホモに洗脳されたりなかなか悲惨な人生だ。洗脳が解けたのは友情パワーというか物理的な解決法だったけどオチいいのかそれで!?一応アラン様はこの完璧な友情方式はなんかダメっぽいな…と思ってくれたみたいなので…マコト兄ちゃんが操られてたかいはあったと…思う…。
この互いに話を聞かない感じ、平成1期ライダーみたいだな…。


魔法つかいプリキュア!
228 (3)

もうこの手のサブキャラが追加戦士だと疑う人も少ないだろうが、それでもこの3人全員プリキュアになれる可能性はあるって私信じてる!…すくなくともレギュラーくらいにはなるよね…。みらいとリコちゃんてもしかして1話からこっち、さようならしてない!?濃い友情空間だな!今年はとうとうips細胞から赤ちゃんが生まれちゃったよ!


鉄血のオルフェンズ
228 (4)

前回から引き続き、ビスケットには絶対に死んでもらうと言わんばかりのフラグラッシュすぎた。ここまで積むと逆に死なないか?!という僅かな希望もオールフェーンズ♪でダメ押し。わざわざ前期ED曲で念入りに殺すスタッフにはまいる。「ビスケットの日」に死んだビスケットさん、命日が覚えやすいですね…。

可愛い部下は全滅、武家の矜恃はボロクソにされて、獲った首がビスケット1人。こう考えるとギャラル式部おばさんのほうが辛いな…しかも自身の命ももはや風前の灯…まだ死んでないけどさ…あの状態のミカに既に制圧されてるという絶望感。来週アバンで圧殺されててもおかしくない。ギャグキャラとして優秀だから死んでほしくないし、鉄華団的にも捕虜にしないと勿体無いが、それを真っ先に提案する人材が死んじゃったし…そもそも止まるのか?あの状態のミカが?……多分オルガが頑張って静止するだろうけど…どうだろうなあ…?視聴者にキレると何をするかわからないと恐れられるガンダム主人公、それが三日月・オーガスだ。

しかしビスケットが死んだとなるとおばか集団である鉄華団のINT値がさらに急降下しちゃうよね。ギャラル式部はギャグキャラ扱いではあるが、何気に今までの敵で一番の被害を与えたんじゃない?

テーマ : 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : ガンダム, スーパー戦隊シリーズ, 仮面ライダー, 魔法つかいプリキュア!, 鉄血のオルフェンズ,

CSM(COMPLETE SELECTION MODIFICATION)ガタックゼクター レビュー。

csmgz (1)

ウンメイノーごっこ用のセット(コンセレガタックとハイパーゼクター)が届いたよ!仕事でなかなか受け取りできず、劇中同様一旦死んでからじゃないとガタックは入手できないのか…と悲しくなりましたが、昨日ようやく受け取れた…少しは休ませろバカ会社!



csmgz (2)
csmgz (5)
csmgz (6)

本体の色はDX版よりも鮮やかな青になり派手。またカブトの時には阿鼻叫喚だったスミ入れは無しになったようです。よほど不評だったのだろう…。ベルト側にはスミ入れがありますが、カブトの時よりは良くなってると思います。

csmgz (3)
csmgz (4)
csmgz (7)

コンセレ版ではホーンの開閉にクリックが追加。これで劇中通りの角度で展開可能になりました。ホーンを閉じた時に金属音が鳴るのもカッコイイ。「ガチィン!」という音が心地よくて、無意味にプットオンを繰り返しちゃう。男だったらホーン先端の塗装剥げなんて気にせず、なりきり遊びに没頭しよう。


音声関連。まずクロックアップ音声ですが、CSMカブトと比較して1、音量アップ。 2、起動音と終了音の音程が高くなって別モノに(クロックアップ中の加速音は同じ音)3、起動音が鳴り終わってから終了音が鳴り始めまでの時間は約15秒に延長…と、改良されました。このボタン、カブト用にもう1個欲しい。

ガタック本体はライダーキックが DX版だと「発動音→RIDER KICK」という順序でしたがCSM版は「RIDER KICK→発動音→必殺技の音」と順序変更。劇中に合わせた改善で、こちらもカブトの時にやって欲しかったな…という変化点。まあCSMカブトゼクターで色々と言われた意見を反映した結果がCSM戦いの神ベルトだろうし仕方が無いですが、もう一度カブトゼクターもこの仕様で詰め直して欲しいぜ…。



csmgz (9)
csmgz (10)

ハイパーゼクターの方はホーン部分が完全に新規造形。ホーンにクリックが入り、操作時の重量感が増えたので、玩具らしさが減りました。最初はクリックのせいで元の位置に戻らない?と焦りましたがホーンを完全に一番下まで下げてから手を離すと、ちゃんとクリックを乗り越えて元の位置に戻ったので、一安心。音声関連ではやはりまずガタック追加が嬉しい。マキシマムの後にハイパークロックオーバーが鳴らせるのもナイス。ハイパークロックアップの発動時間も結構長いです。マキシマム→1、2、3…ガチャガチャ→ハイパーキック!とやってもまだまだ音が流れてるほど。

csmgz (8)

カブトゼクターの時は残念な部分もありましたが、ガタックゼクターとハイパーゼクターは買って満足できました。

テーマ : 仮面ライダー - ジャンル : サブカル

タグ : 仮面ライダー,

今週(11月8日)のニチアサ感想。

手裏剣戦隊ニンニンジャー 36話 感想。
1108ntas (3)

脚本はシリアスなのに怒涛の駄コラが酷かった。だれじゃこんなコンテ切ったの!
挿入歌が普通に熱くて困る、リデコとはいえ専用パワーアップ装備まで出て商品化されるなんて、キンちゃん扱い良すぎる…。

1108ntas (2)

シュリケンジン…シュリケンジン?い、いない……(開幕にプチリと潰れているのでシュリケンジンはいない)
最終合体に1号ロボがまるまる絡まないの!?買ってもらったお子様的にどうなんだそれ。クリスマスの販促回で活躍するとは思うが…。

1108ntas (1)

トキュウ久しぶりだー!…保線員も笑えや!!



仮面ライダーゴースト 5話 感想。
1108ntas (4)

ドライブはトライドロンだったから、バイクアクションめっちゃ久しぶりに感じる。ところでわざわざバイクで敵を追わなくても引力すれば済んだ気がしますが、まあ能力を活かしきれてない部分はずっと描写されてたから不自然ではない。死んじゃっただけで一般人と変わり無いのだから、戦い方はやっぱり未熟。1話の間に3回くらい負けてねタケル殿?そして特に活躍が無いうちに取られるエジソン魂が酷い…ロビンあるから正直いらないけどさ…。

・エジソン(電気メインの銃武装)
・ロビン(弓)
・信長(無数の火縄銃)
・ビリーザキッド(ライフル)

そもそも銃系のアイコンがダブりすぎじゃね!?そりゃエジソン活躍できないわ。…ひらめき付与がメイン能力だと思うけど、おそらく今後活かされる事はないだろう…。ベルト付属のアイテムは活躍しない法則でもあるのかしら。単体売りではない=売るために個別に活躍させる必要がない、とか。…その理屈だとバナナロックシードが…その…弱者ってコトになるじゃん!前半は弱かったよなあバロン。


1108ntas (5)

鎌を振るってピラミッドパワーを操るぞ!…ツタンカーメンをなんだと思ってるの。なぜに鎌??鎌状赤血球貧血症説?発掘後の呪いのイメージかしら。今、気が付いたけどスペクターの手持ちアイコンって支配者のアイコンが多いね。一方タケル殿は学者とか音楽家?戦力差酷くね!?

こういうツンツン系の2号ライダーはどうせ後半で主人公大好きになるんだ!それでキャラ崩壊してギャグキャラになる!毎年のコトだ!



Go!プリンセスプリキュア 39話 感想。
1108ntas (6)
1108ntas (7)
1108ntas (8)

内なる自分との邂逅―
今日のはるはるはちょっと美少女すぎた…レイプ目も、復活後の特殊の変身シーンも。


1108ntas (9)

タナカリオンによるキレッキレコンテが冴えわたる!えーっと、やりすぎ!他人の武器に自分のキーを刺してダブル必殺技発動は本当に凝ってた。全体的に一話分にぶっ込む作画リソースじゃなかった。良いモノを見させてもらえた。


忘れられないように飛び込んでくるシャットさん「忘れるな!」ですっかり忘れてたことに僕も気付いた。最終必殺技の時には忘れられててよかったね…。最終技カッコよかったなー。そういえばカナタ王子の記憶が戻った途端に新商品を出してて駄目だった。流石バンダイの販促部長だ…。

1108ntas (10)

レフィ!
映画のわりと肝な部分じゃね!?見せちゃうの?!


結局。
事ここに至ってだが、プリンセスって何なのだ。
ここでいう「プリンセス」というのは「グランプリンセスを目指すプリキュア達の生き様を見て、各々で意味を考えてください」って事だろうか。4人それぞれの方向で別々のプリンセスを目指してるわけだし。視聴者の共感を得られやすいようにわざと幅を広くとってる、とも言えるし。

テーマ : Go!プリンセスプリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : スーパー戦隊シリーズ, 仮面ライダー, Go!プリンセスプリキュア,

今週(10月25日)のニチアサ感想。

手裏剣戦隊ニンニンジャー 35話 感想。
1025ntas (1)

(モップやゴルフクラブと一緒に無造作に保管される妖刀)

魔法頼りのやっくんや団体行動が苦手なキンちゃんと比べると凪の方が安定した強さを見せてるように思えます。まあタカ兄と裏番…いや霞姉が強すぎて3番手程度じゃ結局目立たないのだけど…。実はやっくんて魔法と英国人と外道(女相手)で上底してるだけで、純粋な忍タリティは風花ちゃんとどっこい?

キンちゃんの妖怪化は2か月近くも引っ張るほどの話!?いや逆に引っ張らなさ過ぎか。間に何も伏線が無さ過ぎた。狼男戦から1ヶ月以上何の描写も無いってのは、ちと勿体無いなと。



仮面ライダーゴースト 4話 感想。
1025ntas (2)

御成の勢いで誤魔化されてるけど、1話完結のせいで序盤からずっと雑な気がする!1クール以内にとりあえず15個のアイコン出さないとタケル殿がお陀仏なので巻き展開、お悩みゲストにもっとしっかりとした説得をやろうと思ったら2話ぐらいいるからな…お馴染み2話分で前後分割。(あれ前半は怪人が逃げるって分かっちゃうから嫌い)昭和ライダーなんてもっと雑だったし、これくらいでいいんだ。

「つ、潰れるー!」
「お前さ…自分の能力まだ分かってないわけ?」
「あ、そっか」(ズドーン)
(地面からヌルリ)
「よっしゃ!無事生還!」

御成は相当キてるキャラクターだが、タケル殿も大概だなって思いました。生死なんてとっくに突き抜けすぎてるハイテンション。例年のライダーへ感じる面白さとゴーストの面白さはジャンルが違うような…お笑い戦隊モノを見てる時の楽しみ方に似てるっつーか。


(御成や竹中仙人のせいで頭に入ってこない世界観)

・この世界では人が死ぬとゴーストになる。
・ゴーストを眼魔のアイコンに入れると眼魔になる(怪人)
・ゴーストをアイコンにつめるとパーカーのゴーストになる、なんか踊ってる
・タケル殿は死んでゴーストになってから仮面ライダーゴーストという特殊なゴーストになった

…って認識で良いのかな。英雄のゴーストってのはまた別扱いなのかよくわからんが…。敵側の目的もわからんし。敵幹部の目立たなさといったらないね。しかも2号ライダーまで出てきちゃうもんだから、何が何やら。思い返すと御成のアップしか思い出せん。だめだこりゃ。



Go!プリンセスプリキュア 38話 感想。
1025ntas (3)

毎年恒例の一人にしたところを狙う作戦かーと油断していたら、ラストにジェットコースターが待ってました。カナタ王子が来たから応援!解決!って普通思うじゃん?

とどめを刺したのは王子だった。

敵に操られてるとかでなく、純粋にはるはるを心配しての言葉だったってのが上手いというか巧みというか。「記憶喪失」を最大限に活かした絶望展開に膝を打たせてもらいました。前回もですが、こちらの予想外の方向に展開させるなあプリンセスプリキュア!

クローズさんがあの手この手で入念に下準備したのに、最後のゴールを外野に掻っ攫われた…けどまあ結果的にはOK!知り合いによく似ている知らない人がフローラの心を折ってくれた。ありがとう誰だか知らない人!いくらなんでも「結果的に成功」しただけですが、まあ運も味方の内です。ですよねシャットさん?(アバンで超作画のロボ出して仕事してますアピールしたけれど、全体的に運が無さすぎて外野のみ…)

結局カナタ以外の男の子からは夢をバカにされっぱなしという現実は変わらなかったってのもキツい。そのカナタも、記憶が無いのなら死んでるようなものだし、そうか…はるはるの夢を笑わない男の子は完全にいなくなっちゃったのか…。

「隣のクラスの黒須」が活躍するパートは二次創作で自分を投影させたオリキャラが活躍する系を見てるようで、なんというかその、困った。ハーレム系の主人公って傍から見たらこんな風にウザいんだなと。主人公でないものが主人公として振る舞ったらそりゃウザいか!はるはるが懐柔されてるから誰も反論しないし…トワ様以外。かつて自分も(洗脳されてはいたが)同じ立場だったので、悪党の匂いには敏感なのかな?それともトワっちは男子には全員塩対応なのかな?夢を明かさなかったことが今後の伏線になるかも。ぶしつけな者には手の内を明かしたくないだけ?トワっちの夢はグランプリンセスなので、一般人相手だとまずホープキングダムの話から説明しなきゃならないから、そもそも説明が億劫だしな…。

夢を持つきっかけを与えてくれた人にその夢を断たれてしまったはるはるの運命や如何に!でも来週は休み。せっかく仕事が休みなのにタイミング激悪。本当に腹が立つ。えー本当にタイミング悪い!2か月ぶりに日曜日が休みなのに駅伝て。



「プリンセス」という夢の種を撒いたのはカナタ王子である。
でも夢の花は育ち、それはもうはるかだけの花になった。その花を取り上げる権利は誰にも無いはず。

テーマ : Go!プリンセスプリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : スーパー戦隊シリーズ, 仮面ライダー, Go!プリンセスプリキュア,

今週(10月18日)のニチアサ感想。

手裏剣戦隊ニンニンジャー 34話 感想。
ntas1018 (1)

・三段階ズーム
・オフィス突入等のOP再現
・BGM
・主題歌
・磁光真空剣の帰還
・必殺技バンク再現
・一瞬だが磁雷神登場
・歌詞が入った台詞
・筒井さん自ら、初見先生の教えをアドリブ追加
・EDインストもラストに挿入

てんこ盛りでした。過去全部のレジェンドヒーローコラボモノと比較しても、今回のジライヤ回はぶっちぎり、破格の扱いでした。ゴーカイジャーでもないのにニンニンジャーは過去の忍者ヒーローをオリキャスで、しかも普通の地上波でガンガン出してくれて本当に嬉しい。

「最初は勘違いで戦う」というVSモノの流れもちゃんとやり、役者さんの素顔見せが多くなるように忍法規制が~って話になって、責任を取るという形でジライヤを大人としての立場でちゃんと立てて、新しい販促アイテム&レジェンドアイテムもしっかりと出し、先輩の武器を使った必殺技、ロボのパワーアップと、過去のヒーローがちょろっと活躍するだけにとどまらない、理想的なコラボ。ついでに世代交代を軸に敵が子泣き爺で高齢者の負担というブラックな社会構造も揶揄って、それを30分で収めて……あれ脚本凄すぎない?

ntas1018 (3)

宇宙に去っていった磁光真空剣も帰還。玩具ありきである一番刀のデザインに対して、磁光真空剣の殺意はどうだ。…販促関係無しのガチ真剣だからね。タカ兄でもレーザー化できたのはタカ兄が宇宙人だから…ではなく「大いなる力」的な、レジェンド忍シュリケンによる技再現か。もしくはオトモ忍などの武器は宇宙人由来の技術だから、なんか謎の回路を経由してレーザー出たとか?

ntas1018 (2)

「世界忍者」で画像検索すると濃ゆ~いのがいっぱい出てきます。世界忍者のせいで今回の名誉守る会ができたんじゃねーかな…?都内一般道路を馬で爆走する城忍フクロウ男爵とか即忍者免許取り消しレベル。知らない人にビジュアルだけ見せたら100%悪役だと思われる「牢忍ハブラム」とか特定の国だと見た目から放送禁止な「爆忍ロケットマン」とか明らかに色物っぽい奴らに限って善玉なのがすごいトコロ。

ntas1018 (4)

磁雷神はもうガワが無いのか、映像処理のみ。エフェクトを見て「あれは磁雷神!」って呟きますが、テレビの前のちびっ子はなんのこっちゃいだと思う。本編だと永久の別れを告げた間柄だから闘破には感慨深いのです。


生涯前線で暴れたかったけど、「次の世代が俺の代わりに暴れられるようにする」って考えになるのが本当に素晴らしい。新旧ヒーローそろい踏みもいいけれど、意思が受け継がれていく展開ってのもいいよね。ちなみにジライヤのスーツは数年前に新造したものですが、その時のスーツの主な使い道は「一瞬だけ出てきてから特に深い意味のないメタルヒーローバズーカに変化」「ジバンがストロンガーを現行犯逮捕するコントに使用」など、まあ…酷いものでした…が、今回のコラボでようやくスーパーヒーロー大戦Zも無駄じゃ無かったな、と。



仮面ライダーゴースト 3話 感想。
ntas1018 (6)

発破に巻き込まれながら冷静に戦闘補佐できる怪僧がそこにはいた。
御成だった。

御成とあかり殿が身体をはり過ぎる…こいつらのせいで今回の話なんも覚えてないんですけど!なんちゃってARROW?なんか色々やってるけど見終わった後に振り返ると叫ぶ御成しか残ってない…恐ろしいキャラだ…。

(ものすごい爆発)
(意外な人物がーのアオリ文)

なんか火薬が余ったから爆発させました的なテキトーさが腹筋に来る。スタッフ御成爆破したかっただけだよね…。確かに背後で爆発が起きつつ逃げるハゲの映像なんて大人だろうと子供だろうと笑わない訳がないです。ずるい。CMぶつ切りも気にならないくらい愉快。ドライブ組だー!なんかもう懐かしいなー!映画観たいなー、なんて思って油断してるところにドアップでハイテンション御成を映すのもずるい。回避できない。「マッハでゲットなり!」で駄目だった。CMでも変身欲求してて駄目だった。御成と絡む剛がすごい楽しそうで、なんか一安心。ダチだこれ。

オナリ
竹中直人
うるさいヒロイン
Y.AOI声のパペット

主人公の人は俳優デビューでこんな人外魔境に放り込まれて大変だな…。


ntas1018 (5)

ハロウィンを迎えるお子さんのために御成なりきりセットを販売してはいかがか。(なりきりパジャマという名のただの袈裟)
…ただの托鉢になった。



Go!プリンセスプリキュア 37話 感想。
ntas1018 (8)

ハートキャッチの演劇部回のように演出担当の娘が拘りすぎて周囲から愛想つかされるような胃痛展開かと思ったがそんなことはなかった。ありがちなイケメンキャラが持ってっちゃう展開(今回だとカタナ王子がロミオ代役になる展開)にならず、ロミオ役は元の眼鏡ままで、という流れは実に清々しい青春劇でした。眼鏡っ子頑張る→モブ男子活躍回か!いや実は眼鏡女がロミオになるという百合ロミオか!それもあり得るな!→と見せかけてからのカナタが出てきてやっぱり少女漫画展開か!→と見せかけてからのやっぱりみんなでやろうという王道児童アニメ展開に戻るという(カナタの株もちゃんと上げる作りになってるのが巧み)


大切なのは舞台を成功させることか?
それともクラス全員で目標を達成することか?

後者を選ぶのが清々しい。


今週の話でカナタが最終的に王子引退してはるはるとくっつくフラグが立ったように思う。


ntas1018 (7)

エヴァのシンクロアタック回やゴーバスターズを思い出す特殊演出。たかし君らしい凝った遊び。尺に合わせた巻き戦闘をおざなりにしない演出でした。


あ、声優さんネタで、何気に古屋さんの中の人によって山百合会のプリキュア出演フルコンプ達成。先代トゥインクルに清水香里を持ってきたりとか、もしかしてタナカリオン狙ってたのかな?

テーマ : 手裏剣戦隊ニンニンジャー - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : スーパー戦隊シリーズ, 仮面ライダー, Go!プリンセスプリキュア,