因みに今年のプリキュア春映画のゲストは木村佳乃(片山雛子)

相棒最終回SP観てたら唐突にドキドキプリキュアが出てきて危なかった。時間のトリックとして完璧に使われてて駄目だった。カレンダーの日付ズレに気づくまでは流石右京さんと感心するけれど、「2010年にはまだ登場していないプリキュアなんですよ…」と口に出されたら耐えられないわ!ずるいわ!そりゃ笑うって!その後の「想像が及ばないのなら黙っていろ…!!」「あんた、何様だ」のやりとりも死にかけたし、出禁だと思っていたダークカイトもみの再登場(回想)とか(記念写真exe)とか…全体的にギャグ回すぎた。なんだこの最終回。死人でてねえ。いつもの2時間SPみたくテロだの警視庁の闇()だのダラダラやるより楽しかったけどさー!右京さんがプリキュアて…ずるいわ!「これは国民的少女向けアニメのプリキュアで…」みたく前置き置かず、いきなりドキドキは2010年代のプリキュアではありません、と言われても知らん人にはさっぱりだよ!(右京さんが変ではなくプリキュアはもはや説明不要と考えている東映の強気の姿勢がおかしいだけ)ちょっと前なら米沢さんが早口に説明してくれそうな案件だったのに、右京さんがそれやるとネタすぎるから最小限の単語しか言えなかったのだろうけどさ…。

aibudki.jpg

てことは相棒世界にはニチアサあるのかー…ライダーあるのかー…戦隊/ライダー俳優がウジャウジャいますがどうなの右京さん?仮面ライダー3号とか。「想像が及ばないのなら黙っていろ…!!」←困るとこの定形で返すのもずるいわ。笑う。


プリキュアの話。
ふたご先生やらかす公式キャラデザやらかすと最終回以降も爆撃してくる魔法つかいにはまいるね、やり過ぎでいっそ恐怖を感じているよ。二次創作界隈が焼け野原だよ。詳しくは…ここ読んでる人には説明不要だけど、ふたごコミックのみらリコディープキスとヴァレンタインデーの例のイラストね。
ディープキスは医療行為だし、例のイラストはあくまでルビー&チョコちゃんというオリジナルキャラで、一向にみらリコではありませんが?って言い逃れしてるけど…言い逃れしてる時点でやましい絵ってことジャンッッ!!

……二次創作でできることがいよいよセックスしかなくなった。


ds.jpg

映画観てきました、3Dしゅごーい…手描きと3Dの垣根が無くなりつつある。青山先生、これなら今年は休めたかしら…。個人的な体感ですがきららちゃんの出番と台詞多めだった。らんこパイセンが画面奥に出てて駄目だった。ラストできららちゃんが根性ドーナツくん持ってて限界だった。

テーマ : プリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 魔法つかいプリキュア!, Go!プリンセスプリキュア,

S.H.フィギュアーツ キュアトウィンクル レビュー。

魔法つかいプリキュア最終回すごく良かった…!大団円だった…!1年観てきて本当に良かったー!goプリの最終回も良かったけど、魔法つかいの最終回も素晴らしかったなあ…え?来週もある?!え、これ以上何やるの!?

shfct (11)

アーツきららちゃんが届きました。可動するきららちゃんフィギュア…これだけでもプレミア感があるぜ。ありがとうバンダイ。

shfct (2)

左手の上に小さい☆が欲しいな。百均とか手芸コーナーに売ってないかな。

shfct (4)

変身バンク途中の後ろに手を組みながら振り返るカットが好きでした。

shfct (3)

笑顔パーツ多め。お覚悟よろしくて用の指差しパーツもあるので小悪魔っぽく嘲笑する煽りポーズもできます、きららちゃん見た目と裏腹にそこまで小悪魔キャラではないけど。

shfct (5)
shfct (6)

根性ドーナツ君だか熱血ドーナツ野郎だかが出てきた回が大変ハーブ決まってて面白かった。

shfct (7)
shfct (8)

はるはる同様にキーは着脱・差し換え可能。匠の域。

shfct (9)

笑顔パーツが3種類、あとはこの表情だけなので戦闘シーンの再現はちょっと苦手。プリンセスらしく余裕あるポーズで飾りましょう。

shfct (10)

スカート硬質で前方に大きく動かせない等、相変わらず可動域は微妙ですが、見た目の可愛らしさは安定しているので問題ないね、プリキュアーツなんてその辺は分かって購入してるごく限られた人用の趣味枠だから問題無しね。

shfct (1)

みなみん予約開始、あとトワっちともし可能ならトワイライト作って欲しいな。

テーマ : フィギュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : プリキュアフィギュア, S.H.フィギュアーツ, Go!プリンセスプリキュア,

プレデターアクションが上手くできないおじさん。

フィギュアーツの箱が溜まりまくってしまった。クウガアルティメットとアイカツ3人とはるはる…どれも良い造形ですねって実際に動かさなきゃ勿体無いな!

shfcf.jpg

はるはる開封。造形良好。可動は死んでる。予想通り。スカート硬質だから印象的なキックは難しい。見た目のデキは本当に良い。アニメそのまま立体化できるようになったのかと感心。あとはライダーアーツのようにストレス無く動かせると良いのだけど、それはデザイン的に無理なのは理解してます。いつか真骨彫プリキュアーツが出ると信じて、買い支えよう。




PS4の初期設定完了、いざ遊ぼうとして気が付いた。ソフト買ってない。

……欲しいソフトがどれも今月中旬以降だったから…なーんて、これではあまりにもマヌケすぎるので、適当に発売済のソフトを何か買って繋ぎに…よし、異常に安かったのでアーカムナイトをやろう!見せてもらおうかPS4の性能とやらを!……なにこれしゅごい…ムービーからシームレスに動ける…バットマン好きなので、ただゴッサムを歩き回って、いや、滑空したり、モービルで走り回ったりするだけでも楽しい!すげー画質…。

bakps4.jpg


家にあるバットマンのゲームはSFCのコレしかなかったので↓

bmrsf.jpg

ゲーム技術の進歩に眩暈がしております。いや、バットマンリターンズも名作なのよ!?発売当時は映画のワンシーン再現した美麗ドットに驚いたもんだが…しかし、やはり、20年以上の時間経過は伊達じゃあないっすね。(それはそうと常世草は物持ちがそこそこ良く、リターンズはちゃんと箱と説明書付きだった)

テーマ : フィギュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : プリキュアフィギュア, Go!プリンセスプリキュア, S.H.フィギュアーツ,

フォトカツの主人公ちゃんは存在感消しすぎじゃない?(2人だけの世界の蘭ユリを見つつ)

mtpgopgz.jpg

仕事でまた4日ほど家に帰れなかったよ…死んじゃうよ…。
女児アニメに癒しを求めるのも末期な気がしますが、もういいや末期患者で。プリキュアとかアイカツとかプリパラとか安定して面白可愛いしな、ここたまってのも観てみようかな。感想書く暇ないけど、みんな観てるよ。

仕事帰りにふたご先生のプリンセスプリキュア(ゲーマーズ特典でトワっちカードも入手)や、魔法つかいプリキュアのハッピーセット、食玩など回収。これも癒される。クリアプレートマスコットは良い商品だと思う。毎年出る食玩のマスコットキーチェーンのパケ絵が商品化された感じ?これ他のシリーズも出して欲しいな。

ソシャゲのほうは戦車道は継続が来るそうなので再開しようかな。今回のバレンタインとそど子軍団は完全にやる気無しだった。ノルマすぎて…ドロップしないし…消費弾薬増やして、元の経験値とドロ率に戻して欲しい。クリプトクラフトは☆5がぞくぞくと集まったのはいいが、育成が追い付かない。そこにホープイベントが重なって忙しい、がまあこれは順調か…。ペトラルカとリリアンヌ欲しいなあ。完全にこの前のサーカスが原因。リリアンヌは数日前の(☆5が出れば)確定の中にいたのですが、当たらず。かわりにセーラが3体引けた!嬉しいけど困る!どうすんのコレ!フォトカツもノルマがきつくて早くもモチベ下がり気味。ただ、お話は楽しいので、もうノルマも報酬も無視してストーリーだけ楽しむことにします。今回のチョコポップ探偵で蘭ユリ過剰摂取され死んだおじさんとおばさんが多いと思う。ああハートが溶けちゃう、これは恋……あ、明後日の芸カ、仕事で行けないやハハハ…。

テーマ : 魔法使い プリキュア! - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : 魔法つかいプリキュア!, Go!プリンセスプリキュア, アイカツ!,

Go!プリンセスプリキュア 最終回 感想。

そして僕たちは、幸せになった。
gopplast (3)

最終回の余韻に浸りたいので超絶短く書きます。大団円だった。



gopplast (1)

OPの時点で涙腺が…最後までアップグレードされる映像にはまいるね。最後の最後の、さらにその後…カナタとはるはるは再会できたのだろうか?プリキュアシリーズとしてはかなり珍しく、プリキュア達の数年後の姿がCパート(!)で流れましたが、さて。とりあえずプリキュアオールスターズ空間が終わるまでは間違いなくやってこない遠い未来ですが、しかし可能性をチラっと見させてもらえました。 (新しいキーが生まれてカナタがはるかを迎えに来たんだろうな…)と直接的ではなく描写するラストシーンは実に素晴らしかった。視線の先にいるのはカナタかな?などと行間を読んだりして。蛇足になり過ぎないオチ。 「花のプリンセス」のラストと同じで、視聴者の数だけ、はるはる達の未来があればいいと思います。

gopplast.jpg

最後の最後までグリグリ動くタナカリオンバトル。…最後くらいアロマのはばたきにも枚数割いてやれよ!あいつ2コマで浮遊させられてて1年間笑わせてもらえたけど! ラスボスはなんだかんだでクローズさんに。そして、消すわけでも和解するわけでもない、新たな決着の付け方。1回目は消すしかなかった…あの時の後悔…その時のごきげんようと、今回のごきげんようが違う響きになりました。「ごきげんよう」だから、もしまた再会しても、ちゃんと敵対せずに向かい合うって意味だよね…すごいなこのシナリオ…。ロックとクロロが別になって両方生存とかも予想外だったけど、これはプリンセスプリキュア全体を通してのテーマなのですね。何度でも蘇る絶望・また絶望したらどうする?みたいな疑念を残す終わりではなく、絶望は絶対に起こり続けるけど、だからこそ強く夢を目指せるっていう決着。脱獄王ゆいちゃんも一旦は絶望したのはその辺の意味もあるのかもしれません。絶望しないわけじゃないけど絶望しっぱなしでもない。そう、逆に言えば―絶望が消えないならこそ夢も消えないって解釈。

gopplast (2)

「夢も絶望も その両方が私を育ててくれた…」
そう、逆に言えば。はるはるが夢だけじゃなく絶望にも育てられたのと同じくらい、クローズさんも夢に成長させられてラスボス役を張れたと思うと感慨深いです。

あああー!!ダラダラダラダラ書き続けたいけど、ちょっと心が落ち着くまでは止めておこう!
最初は演出がタナカリオンだからこれはバトルだけでもハズレなしだろって思ったらシナリオまでパーフェクトな1年間だった。あまりにも綺麗に畳んでくれたからもう満足感でいっぱい、ありがとうでいっぱいだよ…。


「どうだプリンセスプリキュアが終わってしまったぞ!絶望しただろう?」
いいや希望と絶望は背中合わせ!来週からは魔法つかいプリキュアがある!

テーマ : Go!プリンセスプリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : Go!プリンセスプリキュア,