Go!プリンセスプリキュア 最終回 感想。

そして僕たちは、幸せになった。
gopplast (3)

最終回の余韻に浸りたいので超絶短く書きます。大団円だった。



gopplast (1)

OPの時点で涙腺が…最後までアップグレードされる映像にはまいるね。最後の最後の、さらにその後…カナタとはるはるは再会できたのだろうか?プリキュアシリーズとしてはかなり珍しく、プリキュア達の数年後の姿がCパート(!)で流れましたが、さて。とりあえずプリキュアオールスターズ空間が終わるまでは間違いなくやってこない遠い未来ですが、しかし可能性をチラっと見させてもらえました。 (新しいキーが生まれてカナタがはるかを迎えに来たんだろうな…)と直接的ではなく描写するラストシーンは実に素晴らしかった。視線の先にいるのはカナタかな?などと行間を読んだりして。蛇足になり過ぎないオチ。 「花のプリンセス」のラストと同じで、視聴者の数だけ、はるはる達の未来があればいいと思います。

gopplast.jpg

最後の最後までグリグリ動くタナカリオンバトル。…最後くらいアロマのはばたきにも枚数割いてやれよ!あいつ2コマで浮遊させられてて1年間笑わせてもらえたけど! ラスボスはなんだかんだでクローズさんに。そして、消すわけでも和解するわけでもない、新たな決着の付け方。1回目は消すしかなかった…あの時の後悔…その時のごきげんようと、今回のごきげんようが違う響きになりました。「ごきげんよう」だから、もしまた再会しても、ちゃんと敵対せずに向かい合うって意味だよね…すごいなこのシナリオ…。ロックとクロロが別になって両方生存とかも予想外だったけど、これはプリンセスプリキュア全体を通してのテーマなのですね。何度でも蘇る絶望・また絶望したらどうする?みたいな疑念を残す終わりではなく、絶望は絶対に起こり続けるけど、だからこそ強く夢を目指せるっていう決着。脱獄王ゆいちゃんも一旦は絶望したのはその辺の意味もあるのかもしれません。絶望しないわけじゃないけど絶望しっぱなしでもない。そう、逆に言えば―絶望が消えないならこそ夢も消えないって解釈。

gopplast (2)

「夢も絶望も その両方が私を育ててくれた…」
そう、逆に言えば。はるはるが夢だけじゃなく絶望にも育てられたのと同じくらい、クローズさんも夢に成長させられてラスボス役を張れたと思うと感慨深いです。

あああー!!ダラダラダラダラ書き続けたいけど、ちょっと心が落ち着くまでは止めておこう!
最初は演出がタナカリオンだからこれはバトルだけでもハズレなしだろって思ったらシナリオまでパーフェクトな1年間だった。あまりにも綺麗に畳んでくれたからもう満足感でいっぱい、ありがとうでいっぱいだよ…。


「どうだプリンセスプリキュアが終わってしまったぞ!絶望しただろう?」
いいや希望と絶望は背中合わせ!来週からは魔法つかいプリキュアがある!

テーマ : Go!プリンセスプリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : Go!プリンセスプリキュア,

これが勝利の鍵だ。

もうたどり着いたから「GO」じゃないんだね。

gopp49.jpg

グランプリンセス実績解除条件がロッド粉砕とか、攻略本が無いと無理ゲーだぜ。 しかもちゃんとサブキャラの心にフラグを植え付けてからロッドを砕かないとイベント発生しないし、そもそもゆいちゃんを毎回前線に連れて行き、レベル上げておかないとダメだし…。もしかして、足りてなかったのは「民」という要素だったのか…?先週、正体を明かす事でようやく足りた要素だった?民がいてプリンセスが成り立つというコトか!違うか。

gopp49 (1)
gopp49 (2)

夢かなわず挫折した人達の絶望の集合体がディスピア様の正体となると、完全な根絶はできないってコトになるが、どう決着を付けるのか。そこを掘り下げるためにクローズさんが残っているのだろうか。先週期待したロック(クロロ)復活&共闘など、観たかったモノは観れたので、最終回も期待しています。

ああーしかし終わってしまうー…。魔法つかいプリキュアもすっごく楽しみだけどさ!今年は全体的に充実した描写だったからほぼ心残りは無いけどさ!再来週からはるはる観れないって…ただでさえ日々の生活でズタボロなのに、俺はどうすれば…。

テーマ : Go!プリンセスプリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : Go!プリンセスプリキュア,

この一年で貴方は何か変われましたか?

見どころしかない回だった…。

gpp47.jpg
gpp47 (2)

一年間メインで販促していた鍵を使わず自力で檻を破ったゆいちゃんにはじまり、学園生徒やら王子やシャムール先生やシャットさんにロックまでもプリキュア以外が頑張ってプリキュアを助けるのってが熱い。プリキュア達があまり活躍しないこういう回も良いモノです。ゆいちゃんが絶望の檻を壊すのも、生徒達がが絶望から立ち直るのも、シャットさんの行動も、一年近い積み重ねがあった上での流れなので説得力がある。砕けたロッドには絶望したが、でも散った破片…夢の力に触れたコトがゆいちゃん脱出の後押しになったと考えると良い展開。獣の槍みたいなモノね。まさにお前たちの旅は無駄ではなかった展開。

gpp47 (1)

「プリキュアが戦って敵を倒さないと、絶望してる人を助けられない」というプリンセスプリキュアだけではなく過去のプリキュアにも共通してるプリキュア共通システムを根底から覆しちゃったゆいちゃん。もう5人目でも良い気がしますが、「プリキュアでは無い人が自分の力で絶望を乗り越えた」という部分に大きな意味があるから変身はしないのですね。…プリキュア姿のゆいちゃん見たいけどな。ここでゆいちゃんがプリキュアになっちゃうと、結局必要なモノは変身と特殊な能力ってコトになっちゃって、グランプリンセスは心のあり方というテーマとブレるから眼鏡のままで正解。メンタルの力で脱獄できるってことは、ホープキングダムっていうわりにメンタル弱い人ばっかりだったのか?という疑問が出ますが、これはドキドキの時も考えて答えが出てるから問題無し。向こうの人達にはプリキュアがいないので1回閉じ込められたらずっとそのまま。何回も絶望の檻から脱出したゆいちゃんは経験値が違う=つまりプリキュアの活躍があってこそ、次は自分で戦う番、に繋がるわけで。

gpp47 (3)

シャットさんもここまで何度も予兆を描かれてきて、今週も画面端にチラチラ映されていたから、まあ何かするんだろうとは思っていたが、ロック(パーカー側)に喝を入れるとは思わなかった。夢破れたおじさんも諦めずに変わるべきだって感じで、燃えた。殴り返された後の男臭い笑みも良かった。プリキュアで男同士が殴りあうのって新鮮でいいよね…ってか女児向けアニメなのに何やってんだ。来週はクロロ(猫側)が破れたロックパーカーを着込んで覚醒ロックとして参戦するのかしら?超観たい。タナカリオンならやってくれるハズ。しかしフードを被って戦うってまたしても30分前の世界と繋がるな…アーイ!バッチリミロー!カイガン!俺はフロッグ♪生き様ロック!



……もう本当に終わっちゃうんだなプリンセスプリキュア。いつも以上に1年が早かった気がする…。あっという間に最終戦だよ…寂しい。また仕事で家に帰れなくなりそうだから、今のうちに簡単な総括をしておこう。

「花はこんなに簡単に咲かない」とか「夢が叶わないんじゃない!叶え続けるんだ!」とか、プリンセスプリキュアでの「夢」の扱いは「叶ったら幸せ」っていうふわふわしたモノではなく、挫折しても努力して、それでもダメなら周囲から応援はしてもらうが、でも最後は自分の力で勝ち取り、しかしそこがゴールではなく進み続けるっていう、プリンセスという言葉の響きからは遠い、なんとも泥臭い感じなのがとても良かった。一年間ブレずにやりきったのも好印象。また、プリキュアは10年かけて、ヒーローが一般人をただ救う/一般人は救われるだけ、という一方通行な旧ヒーロー像を破壊し、今週で完全に新時代の変身ヒロインモノの定義を更新しました。これにして伝説の「戦士」プリキュアのお話は一旦終了。来月からはサリーちゃんから始まった源流の「魔法使い」の定義に切り込んでいく…のかな、なんて。

テーマ : Go!プリンセスプリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : Go!プリンセスプリキュア,

グランプリンセスの答え。

「終わりがない…そう、私の夢に終わりなんてないんだ。私の夢は大地に咲く花のように強く、優しく、美しくあること。たとえどんな苦しみや悲しみの中にあっても、ずっとずっといつまでも強く優しく美しくあり続ける存在……それが私がなりたいプリンセス!」
(※中学1年生のセリフです)

gpp2016.jpg

そろそろ精神攻撃は逆効果だと気付き始めたクローズさんでした。ここまではるはるを成長させた立役者の1人だもんね、そりゃ失敗するのわかってるよね。このやり方じゃ多分駄目だろうなって思うぐらいはるはるの事理解してるよね。殺し合った仲だし、というか実際に1回殺し殺された仲だしね…。「きっと乗り越えるんだろうなー」と、ある意味では信頼しているが、上司が出した作戦なので反論はできなかったかクローズさん。もっともディスピア様もこれでプリンセスプリキュアを倒せるとは考えてはいなかったようだ。拠点開放したら拠点が襲われた!本陣すら囮にして相手の本陣に攻め込むとは…いやでも不在狙いは大人気無いよー!

gpp2016 (1)

序盤はザコ敵かと思ったが、なかなかのキーキャラになったなあ、黒須君。夢は孤独だとか、夢に終わりはないとか、夢の本質をよくわかってらっしゃる。学園潜入生活でもそれなりに青春や夢について理解してたし、一度浄化されたことで夢が芽生えてたりするのかしら。まあアンチになるにはその対象について詳しくないといけないからなー。結果的にはるはると「夢/プリンセス」について論じ合う間柄になってて面白い。はるはるの夢について最も真剣に話し合ってるのがクローズさんという衝撃の事実。プリキュアで寝返りタイプ以外で主人公にこんなに執着する幹部って何気に初めてじゃなかろうか。王子役ではなく鳥になりきる辺にも、妙なこだわりを感じます。…そこまではるはるを理解してるなら、花の部分だけもうちょっと工夫すれば騙しきれた気もするが…。 クローズさんは夢については理解し始めているが、しかし本質はディスダークなので作戦失敗するコトはわかるが何がポイントかはわからない系?


gpp2016 (2)
gpp2016 (3)
gpp2016 (4)
gpp2016 (5)

年が明けたので予想通り魔法つかいプリキュアの番宣と、今年もやってきましたオールスターズの予告が流れる。このワクワク感と、去年のプリキュアとの別れの寂しさが混じる時期は堪りませんね…。変身バンクからなんとなくSS成分。みのりちゃんの中身も出るしな!オールスターズは歴代ラスボス復活と聞いてテンション上がるが、まあ声優さんは大御所だらけなので呼べないだろう…(DX3は奇跡と言っていい)しかしプリキュアの涙44人分を集めて飲みたいって随分と変態的な発想だな…。いい趣味。バーっつ横に並んだカットはドキドキ以前がいないけれど、遂に出番を明確に絞る気になったのだろうか…?あゆみちゃんもしっかり出てるようなので、全員の画はあるようだが、果たして今年はどうなるか。もうとっくにオールスターは物理的に無理な人数なのはファンも理解してますから、程ほどに頑張って欲しいです…青山先生が倒れちゃう。

テーマ : Go!プリンセスプリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : Go!プリンセスプリキュア,

ありす様の場合は花屋さんの夢は折り合いつけてたっけ。



きららちゃんがパリ
みなみさんがフロリダ
トワっちがホープキングダム
はるはるは?


「夢はてめぇを孤独にするぜフローラ!」


あすか博士が大人のレズビアンぽいから、みなみんの悩みが別の意味に聞こえて困った。汚れた視聴者すぎる。勝手に困ってろすぎる…。でもレズ抜きに考えても毎日ブログチェックは重すぎるよみなみん。そうだ、陸の獣医の先輩プリキュアはもういるから、そちらに相談してもいいんじゃない?あの人は異次元生命体のアナルにも躊躇なく指突っ込める強者だし。


このテの展開なら、はるはるがアドバイスすると思うじゃん?きららちゃんが担当っていう。凡庸には終わらないプリンセスが好きだ。きららちゃん成長回2週の次にそれを踏まえた展開持ってくるのは上手い。トワっちも夏休みに指摘されたコトを持ってくるし、何度も言いますが、拾うの上手いよなー。でもあと6話くらいしか残ってない…つらい…。

来週もみなみさん個人回という贅沢な割振りで土台はしっかり固めてあるからこそ、サブキャラの活躍も生きてくるって寸法よ。学園の生徒や先生も再登場率高めで、終盤になって今更言うのもアレだが、プリンセスプリキュアはストーリー面で隙のないプリキュアだと思う。

テーマ : Go!プリンセスプリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : Go!プリンセスプリキュア,