ドキドキ!プリキュア 第26話 感想。

あまずっぺえ…。

ドキドキ!プリキュア 第26話 感想。

アオいいよね…。濃厚な六花ちゃんメイン回でした。「メイン回」はやっぱりこうでなきゃね!前回のありす様メイン回と前々回のまこぴー回と比べて明らかに優遇されてませんか!?演出が田中さん。ああ…納得。

dp2601.jpg

続きを読む »

テーマ : ドキドキ!プリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : プリキュア, ドキドキ!プリキュア,

第41話 「夏色ミラクル☆」 感想。

アイカツ! 第41話 感想。


初日からクライマックス!スターアニス・サマーツアー!!…ってこれ最終回じゃない?!

ついに「スターアニス」としてメインキャラがひとつにまとまりました。ここまで観てきた人は、感動もひとしおだと思います。最後のライブパートで泣かされる。なんで泣いてるの俺?!バカじゃねーの!多分、ここ最近のユニットごたごた問題が辛かったからかな…ようやく全てのキャラが収まるべき場所に収まった感動。参加できなかったしおんちゃんも含めてね。全員、やりたい事とやるべき事が一致して良かったね…。
大所帯になって出番が無くなるキャラがいそうと不安になりましたが、全員に見せ場があって大満足!しかし、こんなに大盤振る舞いしちゃって大丈夫なの!?残り1クールは何をすればいいんだ…?

ユニット編の「まとめ」の回、スターアニスメンバー全員がメインの回です…が、隠しテーマっぽく、こっそりとさくらちゃんと美月さんメイン回でもありました。さくらちゃんがちゃんと目立ってる!…ダンターグめ! 安易に北大路劇場をやらないでさくらちゃんの魅力を描いてみせるなどと!
ムーン様にスポットライトが当たるというのは盲点でした…そういえば美月さんだってメインキャラだったね…あまりに強すぎて…一個のキャラではなく、話を動かすだけの舞台装置のような扱いだったから忘れていたよ。最近は特に無慈悲なアイカツマシーンになり果てていたが、今回は人間味があって可愛かった。頼れる先輩だけど、お茶目な所もある。こういうのでいいんだよこういうので。…クリスマス回あたりはそんな感じだったのに、いつ頃かアイカツ超人になっちゃって…。


アバンで「ぽわプリ」スターアニス参加について記者会見&やっぱりしおんちゃんは女優に専念する為に不参加を発表(ぽわプリはやめないそうだ)

記者「活動の実績がないという噂ですが……」
おとめ(無視)

ak4101.jpg

記者の質問を黙殺するおとめちゃんマジ強キャラ。会見なのにおとめちゃんが一方的にしゃべって終わった…。おとめイヤーは不都合な言葉が聞こえない!


サマーライブツアーなので、今回の舞台は学園の外。旅館にみんなで泊まります。めっちゃ楽しそう!
あおい姐さんは荷物が多いです、備えあれば憂いなし。オフの日の旅行でもティーセット持っていくほどだし。全部持っていくのは流石に不可能なので、「持っていく」「持っていかない」の2つの箱で仕分け作業します。
バッサバサと「持っていかない」の箱に仕分ける蘭ちゃん。

ak4102.jpg
「魔除けのお札」も、もちろん「持っていかない」…蘭ちゃん?
…これは持って行くんだ…。CMでおなじみの「それは…いる…」ですね。

さくらちゃんも荷物デカい。あおいちゃんと同じ人種。(あっこれ持ち物が全部必要になるパターンだな…)

ak4103.jpg

今回のさくらちゃんは、新たな魅力「おかーさん力」に溢れていました。年下のお母さんいいね…。
おとめちゃんの世話をしたり、蘭ちゃんに焼き魚の小骨をとってあげようとしたり。

ak4104.jpg

あざとい蘭ちゃんを見ていじってる姐さんodykというよりtoykな表情してる…。今回、あおいちゃんもテンション高めだったな。ついに夢だった美月さんと一緒のステージに立てた(それもいちごちゃんと一緒に)からだね。


かえでちゃんの発言から、お泊り恒例の枕投げしてはしゃぐいちごちゃん達。部屋の外に美月さんが…ああ、この人も混ざりたいのか。珍しく、緊張している美月さんが新鮮で可愛い。これはレア!

ak4106.jpg
ak4105.jpg
思わず皆で「らぶゆー」

忘れがちだけど、この人はいちごちゃん達より1歳上なだけなんだよな…この人の過去は…いつ判明するんだろう?噂のアイカツ2期か!?

ak4107.jpg

ED再現か、この構図。
美月さんがデレたのって初めてかな。そうだ…この人もようやく欲しかった「仲間」「友達」が手に入ったんだな…同級生も先輩も潰してしまい、後輩相手には千人組手して体力残るアイカツモンスター・美月さんは孤独だったが、ようやく頑丈なアイドルが入学してきて良かったね…。

恒例(?)の深夜のアイカツ・ベッドシーンも勿論有り。いちさくキテル…さくらちゃんの掘り下げが多くてびっくりだよ!棺桶で普通に寝てるユリカ様がドラクエで死んだキャラみたくておなかいたい。 明日が初日だってのに全員寝てない!ムーン様まで起きてる!バカか!気持ちはわかるけど!かえでちゃんのマジック披露はまだいいとして、さくらちゃん何故に生け花…(ここで見せた個人技が伏線)

ak4108.jpg

明日晴れるようにお願いするユリカ様が懺悔というか、教会でお祈りしているみたいで良い…吸血鬼でありながら修道女なのかい?倒錯的な二面性だね、流石、キャラ造形が上手いユリカ様。やっぱり素のユリカ様は良いものだ。

ak4109.jpg

台風に何の意味があったの?特にどうということ無く、あっさり晴れたよ?
……と思ったら送電線が切れたー停電!つまり、アイカツシステムが使えない!

え…アイカツシステムって電気で動いていたの?!

ある意味、今回一番驚いた設定でした。アイカツシステムってもっと不思議パワーかと思っていた…電気でどうにかできる仕掛けには見えないよ!寝る時でさえ髪型変えず、油断しないおとめちゃんも思わず素に戻って焦る。

でも…ファンが待っている。

ak4110.jpg

生声でライブしちゃうロック漫画的展開!かっこいいぞムーン様。こんな事もあろうかとさくらちゃんが持ってきた拡声器が役に立つ。蘭ちゃんが仕分けていたら危なかったね…


昨夜のみんなの時間つぶし方が活かされて、復旧までの時間かせぎに成功。
咄嗟のアクシデントでも慌てず、皆に指示を出します。良い先輩だ…このままでいてくれムーン様。普段ちょっとおかしいよ!

ak4111.jpg
ak4112.jpg

「かえでと有栖川はマジックショー!」
「星宮と藤堂はいつも通りでMC!」
「北大路は花を生けて!」
「霧矢はアイドル知識を生かしてクイズよ!」
「紫吹は………その辺歩いてて…」

いちごちゃん&ユリカ様が完全にコントだ…ファンもムーン様もユリカ様を芸人だと思っていますよね…。


電源復旧完了、8人でCGパート!暗闇で光るドレスがかっこいい。

ak4113.jpg
ak4114.jpg
ak4115.jpg

曲はEDの「ヒラリ/ヒトリ/キラリ」
EDでずっと予告されていた内容が、ついに現実になりました。壮観だ…。カメラアングルが動く動く。

ライブ終了後に、重なる星のように自分達も輝こう!と宣言する美月さん。いつになくちゃんとしたお言葉…ありがたい。これだけ個性的なアイドルがファンを思う気持ちでひとつになり、この夏ひときわ輝く星、スターアニスになる!

ak4116.jpg
「おー!!!」

いい最終回だった。

ak4117.jpg

ライブシーンと、旅館の部屋で美月さんを囲んでおしゃべりするシーンがEDイラスト再現と気がつき、ああ、だから感慨深いのかと理解しました。長いユニット編も最後の最後で綺麗にまとまって、一安心。

来週から何やるの…?

テーマ : アイカツ! - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : アイカツ!,

ドキドキ!プリキュア 第25話 感想。

セバスチャン ライジング。

ドキドキ!プリキュア 第25話 感想。

ジジイが開発したアイテムでババアが変身!……ありす様回だぞ自重しろ!!

さてどこからツッこむか…めんどいなー今回。
でも想定していたよりカオスではなかった、最後は少しイイハナシになっていたし。もちろん異色の回ではあるけど。ありす様も(いつもよりは、ですが)目立っていて安心。流石にメイン回だしね!ありす様は本気出して行動すれば滅茶苦茶目立つキャラなのに、いつも後方で奥ゆかしく見守るだけだからなあ…もっと活躍してもいいと思うが。ただの便利キャラになっちゃうからセーブされてるのかな?…それでも学校くらい、マナ達と一緒でいいと思うが…そもそも学校に行ってるのか?ありす様。制服姿…あったっけ…?

結局、今回もありす様の親が出てこなかったな…少なくとも、祖父とお父さんはいるみたいだが…?セバスチャンが親ポジションになってる。ありす様の本当の両親は映画を観に行った帰りに強盗に撃ち殺されちゃったんだ…。設定がゴッサムシティの守護者と似てるよね、ありす様。人工コミューンで変身したセバスチャンの見た目とか、スタッフも狙ってやっていると思う。…やっぱりツッコミしておこう、人工コミューンてなんだよ!

続きを読む »

テーマ : ドキドキ!プリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : プリキュア, ドキドキ!プリキュア,

8月8日稼働開始、キュアエースコレクション。

プリキュアのデータカードダス最新弾「♯04 あいのきりふだ!キュアエース」

カードリストがもう全て公開されてました。#03は稼働当日の昼ごろ公開だったのに…今回は仕事が速いな!?
亜久里ちゃん加入、キュアエース弾なので、当然エースのカード多め。色あわせなのか、ルージュ・パッション・サニーもちょこちょこ入っていて全体的に赤いな!「キュアエースコレクション」という新しいレアリティも登場。去年の「プリキュアプリンセス」と似たキャンペーンカードだと思う。…全部で64枚か、コンプは難しそうだ。新システムのルーレットとは一体…?


キュアエースコスの亜久里(変身前の姿で、エースのコス着てる!)が、かなりあざとい。
このエースコスカードを使えば、誰でもキュアエースに変身可能。これは面白い。
やっぱりエースとミューズ一緒のカードあるのか。同じ小学生プリキュアだもんね。
本編終了後のDCDで積極的になおちゃんと絡むれいかさん、今回はついに腕組んでデート。…本編でやれよ!!


それと、あのなんともいえないデザインの「選挙ポスター風カード」も増えてきた…本当に選挙ポスターみたいなデザインだな!なんでフルネームをひらがなフォントでデカデカと…面白いけどさ…。

dcdsps2.jpg

せっちゃんとれいかさんは煽り文が完全に選挙ポスター。実際、この中に生徒会長が4人もいるしな…。
ほのかさんのカードとかは個人的に好きなデザインだけど、やっぱりこの存在感ある平仮名フォントはどうだろう?!
最後に亜久里ちゃんがたおやか顔してるのに気づいて駄目だった。


…あ、そうだ選挙行かなきゃ…。どうせならプリキュアの皆さんに票入れたいよ…。

テーマ : プリキュアDCD - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : プリキュア, データカードダス,

第40話 「ガール・ミーツ・ガール」 感想。

いちあお夫婦の馴れ初めエピソード。

アイカツ! 第40話 感想。

久しぶりのあおい姐さんメイン回。
いちあおはキテルネ…どころではない熟年百合夫婦なので今更ギャーギャー騒ぐ事でもないですね。キテない回がないもん。ベットシーンが毎回あるくらいだし…むしろ加減しろ莫迦!ってレベルの夫婦。それでも、幼馴染の二人が「どう出会ったのか」は気になる所。それが今回のお話、あおいちゃんの回想で判明します。…タイトルからしていちあおキテル…。加減しろ莫迦!


あおいちゃんの過去は公式設定やセリフで矛盾点があるので、今回の内容が正式な設定と思えば良いのかな?

もしかしてあおいちゃんは過去の記憶が改ざんされるタイプ?…って怖いよ?!
まさか、自分の都合良い内容に自分の記憶を書き換えちゃってる!?本当は「幼馴染」ではないのに、中学で初めて会ったいちごちゃんを「幼馴染」だと思い込んじゃったとか…まさかね!!あおいちゃんに限ってそんなサイコレズなワケないよね!アイカツ界の常識人だもの!…あ、いや、頼りにはなるけど、常識人ってワケではないか……いや、それでもナチュラルに狂人が多いアイカツ界で、あおいちゃんは冷静な方だ!ここに来てメインキャラの人間関係の根底が覆るようなサイコなキャラではないハズ…!
…っていうか、あるワケねえよ!?夕方の女児向けアニメ観てサイコとか何言ってんだ俺!

いやいや、しかし!しかししかし!女児向けでも油断出来ないです!
例えば「スマイルプリキュア」登場人物・青木れいかさんにも幼馴染の女の子がいるのですが、実は幼馴染だと思っていたのはれいかさん本人だけ!実際には中学で同じクラスになっただけの女の子を、記憶の中で勝手に幼い頃のエピソードを作って幼馴染だと言い張る恐怖のシーンは有名…!

……あまりテキトーな事を書くと、氷の弓矢で狙撃される。


あおいちゃんはサイコなワケではなく(…もちろん、れいかさんも!)初期設定と少しだけ矛盾しちゃっただけですね。
1話で初めて星宮家に来た?とか、らいちの存在を知らなかった?とか…でも幼馴染。んん?みたいな。
塾や稽古の合間にアイドル研究してたのか、それとも全て止めてからアイドルになるレッスン一本に絞ったのかも曖昧(これはどーでも良い細かな部分か)そんな過去の内容の齟齬が、僕の中であおいちゃんサイコキャラ疑惑が生まれる原因になった……正直に言うとサイコレズが大好きなので個人的に妄想しただけです。僕は最低ですね。死ねば良いのにね。

矛盾点と言ってもそこまで酷くないし。
あおいちゃんは「初めて星宮家に来た」とは言ってない(だっけ?そもそも僕の記憶もあやふやだ)
初めて「いちごちゃんの部屋まで来た」なら、今回の内容でも矛盾なし!(今回は弁当屋の店先まで来ただけだから)
らいちについては、たとえ友人の弟だとしても、そこまで深く知らない場合だってあるし!

でもアイカツは細かな部分も正確に作られていて、サブキャラでさえキャラ設定がブレないから、メインキャラ中のメインキャラのあおいちゃんの設定に微妙な齟齬があると、どうしても目立つ。それに俺みたいな屑が「わーこれもしかしてサイコレズなんじゃね?!」と勝手に妄想で盛り上がってしまう口実を与えてしまう…しっかりとしたアニメなのに勿体無いです。この程度で盛り上がるアホが全部悪い?㌧。

前置き長い!!



ak4001.jpg

またしても学園長の思いつきで、「ぽわプリ」もスターアニスに加入させるですって!?しおんちゃん、ついにメインキャラに昇格なの?!EDイラストにはいないのに!CGモデルもないのに!ゲームにもいないのに!…いやNPCでは存在するんだっけ…?まさに冒頭から寝耳にスターアニスでした。あーでも、なんやかんや理由つけて辞めちゃいそうだなあ、しおんちゃん。ただえさえキャラ増えて大変そうだし(かえでちゃん全然台詞と出番がないよ)

ak4002.jpg

ムーン様と同じユニットに加入なんて、普通のアイドルだったら飛びつく所ですが「ぽわプリが忙しいから考えてておくですー」何その上から目線!さすがおとめちゃん、自分達を安売りしない!メンタルがタフな子だよまったく!(しおんちゃん離脱フラグの前置き?まさか…)
自分の思い通りにならないおとめちゃんは学園長にとって新鮮で楽しい存在のようです。美月さんですら学園長の言う事は聞くのにね…あいつすげーよ…。


デザイナーさんが殻に閉じこもってしまったの(物理的に)で駄目だった。
…「殻に閉じこもる」って文字通りの殻にかよ!!何その超小型シェルターカプセル…シェルター?何…いやなんだこの設備!?
フューチャリングガールだけは唯一マトモなデザイナーさんだと思っていたのに、ここのブランドもやっぱりアクの強いデザイナーだったよ!レイさん実は脳だけとかでも驚かないぞ…(古いサイバーパンク風)

ak4003.jpg

ロリいちご・ロリあおい可愛い。これが、運命の出会いでした。一目惚れだコレ!

すごい昔みたく回想してるけれど、彼女達にはほんの3年前の出来事です。子供の頃の「一年」は大人と密度が違うって事か。カレンダーガールでそんな歌詞あったような?…無いわ、ごめんテキトー言った。

あおいちゃんがアイドルになる切っ掛けがいちごちゃんで、逆にいちごちゃんがアイドルになる切っ掛けもあおいちゃんというエピソードがすごく良いです!ソレイユはなるべきしてなったユニットだったのか……え?蘭ちゃん?蘭ちゃんはほら…いちあおの娘ポジだし…蘭ちゃんもあおいちゃんを「お母さんみたい」って言ってし…。

ak4004.jpg
ak4005.jpg

適当に踊ってるだけで人だかりができちゃうロリいちごちゃんは天性のアイドルです。というか、そもそもトップアイドルの子だった…。わざわざ町の盆踊りに来てくれたグッピーが可哀想だろ!
あおいちゃんを「観る側」から「観られる側」に連れ出してくれたのが、いちごちゃんだったってワケか。これを踏まえて1話を見直すと…あおいちゃんが必死になっていたのもわかる。なんとしてもムーン様ライブチケット掻き集めて…健気な子だ。いちごちゃんと一緒にスターライト学園に入学できて良かったなあ。あと、姐さんのお風呂シーンありがとう、スタッフの皆さん。

ak4006.jpg

殻が割れたー!デザイナーさん出てきたー!……誰これー?!
レイさん男かい!!以前チラっと出たシルエットと全然違うじゃねーか!ゆで漫画か!
小さいおっさんみたいなノースリーブでお腹痛い。

ak4007.jpg

頬を染めるな染めるな!…これやっぱりあおいちゃんレズですよね…?
写真をこっそり撮ったり、家を突き止めて弁当屋に来店したり、若干ストーカー気質。いや、アイドルおっかけしてるファン行動?そうえいば、いちごちゃんのファン一号だったね…穏やかじゃないブレの無さだなあおいちゃん!細かな設定以外!


シグナライズ懐かしい!

ak4008.jpg

「残酷な夢が夢で夢になるんだ」いつ聞いてもすごい歌詞だな…。


ak4009.jpg


あおいちゃん回はどれも秀作ですね!今回も味わい深い…ほど良くカオスもあって、最後は良い話になる感じ。これぞアイカツ!しかも、今回の話を理解してから最初から観直す楽しみも出来たし。あおいちゃんがいちごちゃんにベタ惚れでこれは…糖度高い。
ただ、最後の最後で、全員集合したシーン、しおんちゃん一人だけ微妙な顔していて…ああ、やっぱりスターアニス加入を辞退しちゃうのかな…とガッカリ。おとめちゃんと行動するようになってから、しおんちゃん面白いキャラになってきたのに残念。


さて来週は…ええ!?これもしかして、素のユリカ様!?
ak4010.jpg

まさか再び素リカ様を観れるなんて…こりゃありがたい!!もうOPだけでしか観れないと思ってたよ。
…つーか、あの棺桶で本当に寝てたの?!

テーマ : アイカツ! - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : アイカツ!,

ドキドキ!プリキュア 第24話 感想。

剣崎、歌手やめるってよ。

ドキドキ!プリキュア 第24話 感想。

まこぴーメイン回。まこぴーは色んな人から愛されてるなあ…。愛玩枠だ。

続きを読む »

テーマ : ドキドキ!プリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : プリキュア, ドキドキ!プリキュア,

第39話 「それゆけ、ソレイユ!」 感想。

2大ユニット、本格的に始動。非公式ユニットも暗躍!

アイカツ! 第39話 感想。

…本格的に始動っつっても、学園長に無茶ぶりされたソレイユが地道にゲリラライブ告知しただけですが。トライスターはロケバス描写のみ、ぽわプリのほうが尺多くて笑える。あ、ぽわプリも遊んでるだけだった。(しおんちゃんの伏線は張った)


ak3901.jpg

えーっと…蘭ちゃんトライスター関連のゴタゴタはなんだったの…。普通にトライスターに馴染んでるよユリカ様!しかも最後にソレイユとトライスターを「スターアニス」として合流させるなら、蘭ちゃんが曇った回いらなかったような!?

ak3902.jpg
ak3903.jpg

…こうして比べて見ると…蘭ちゃんはロケバスの最後尾に座るべきだったね…。(ミスしたときは更にもう一つ前に座ってたし)

蘭ちゃんはユリカ様に「絡み辛い」と言ってたが、自分のほうがよっぽど絡みにくいよ!蘭ちゃんの絡み辛さは、社交的なあおい姐さんですら「最初は絡み辛かった」って言われるレベル。
蘭ちゃんはそこまで面倒くさい性格だったっけ…??えーと…ルームメイト脱落のトラウマで壁作るようになり、それが美しき刃なんてキャラ付けになっちゃって、自分も「やれやれ仲良しでいられるのも…」と変に捩じれ…ああ、やっぱりめんどいか。

簡単に言えば、不器用で内弁慶?…アイドルとしてどうなの…。
モデルなど単独の仕事や、ユニットを組んでも仕事だけの表面上の付き合いなら問題ない。でも、いちあおとの友情を知ってしまった後で2人と引き離したら、あの有様。

しかも仕事上では「2人の足を引っ張ってはいけない!」なんて変にハードル上げて苦しんでいたし。
ムーン様やアメリカ寿司と、自分の能力を比べてないで自分自身のキャラを貫けてれば良かったのに…。
(ムーン様は最初からそう言う人材が欲しいって言ってた…)
(蘭ちゃんも私はそれが出来ますって自己アピールしてた…)

……メンバーの交流深める時間も与えない過密スケジュールにも問題あったね。


まあ、ユリカ様はメンタル強いほうだし…蘭ちゃんと比べられないか。
メンタル強くなきゃあのキャラを維持できない。そもそも、最初に吸血鬼キャラで学園に登校した日を考えると、背筋が凍りますよね…すっげー…。その後にスキャンダルも経験してるし。それ考えたらトライスターに馴染むなんて余裕か。


ak3904.jpg

ぽわぽわプリリンの非公式・低予算臭!
アバンタイトルで手描きのロゴとか、CMでハブとか。「2大ユニット!」しかも、スターアニスにも(現時点では)加入できなそうだし。…そんな愚連隊ですが、視聴者の心を一番掴んでると思う。俺は掴まれてる。おとめちゃんの毒がクセになる…。

ak3905.jpg

しおんちゃん可愛い!すっかり洗脳されてこれは…らぶゆー。
さくらちゃんが完全におとめの舎弟化してて吹く。
メタ的な都合で、しおんちゃんは結局メインキャラにはなれなそう(CGモデルないし…)だが、「女優としてやりたい役がある」とさりげなく伏線を張るあたり、アイカツは丁寧です。しおんちゃんが女優の仕事を優先するためにおとめ軍団から抜けて、その後、おとさくがスターアニス加入って流れか。

ak3906.jpg

しかし、お尻を振るなんて…もしかしてあれは美月さんに媚びていたのか…?おとめちゃん策士すぎる。


ak3907.jpg

蘭ちゃんはいちごちゃんとあおいちゃんと出会って良かったし、同時に弱体化してしまったが、これが本来の姿なのだから仕方ないね。夢・目標・理想と実力・本当の自分の姿は一致しないもんです。

テーマ : アイカツ! - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : アイカツ!,

ドキドキ!プリキュア 第23話 感想。

キュアエース、本格的に参戦!……だから誰ですか貴方は!…え!?小学生?!

ドキドキ!プリキュア 第23話 感想。

・追加戦士「キュアエース」が参戦。
・敵幹部も追加。
・レジーナがいなくなり、エースにプリキュアの資格も没収されて曇るマナちゃん(こりゃ鬱展開が長く続きそうだな…と思ったら10分で復活する会長。流石)
・アイちゃん、ついに周囲の一般人を洗脳開始。
・エース・敵幹部の増援により戦闘の性質が変化、ドキドキも肉弾戦多めに。
・キュアエースの正体は、小学生(!)…だから誰よ!
・アイちゃんがエースの変身アイテム、変身すると外見が大人の女性になる(!)
・マナちゃんレジーナ好きすぎ問題
・プリキュア5つの誓い!はい復唱!!!!
・さらっと映画情報も公開

この情報量!!山口さんにはまいるね…!山口さんの脚本は情報量は多いし、キャラ全員に見せ場を作るし、少年漫画っぽい展開になるし、大好きだ。何よりマナりつをサラっと入れてくれるし!

続きを読む »

テーマ : ドキドキ!プリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : プリキュア, ドキドキ!プリキュア, レジマナ,

第38話 「ストロベリーパフェ♪」 感想。

おとめちゃんアクが強すぎ問題…!!
ソレイユ結成話、と見せかけた新トライスター結成ユリカ様メイン回…と見せかけたおとめちゃん回でした…!

アイカツ! 第38話 感想。

ま…またやりやがったよこの子!またも「メイン回乗っ取り」をやってのけた!すごい、すごいよおとめちゃん。トライスターが決定する回なのに半分ぐらいおとめちゃんがもっていくという。

さくらちゃんメイン回をサラッと乗っ取った時もビックリしたけど、今回も唐突におとめが全てを持っていき、驚いた。「話題乗っ取り」というか…本当に何なんだろう…普段は「らぶゆー」と言うだけのサブキャラに抑えられているが、ちょっとでも行動が許可されると場が荒れるっつーか…アイカツ界でひときわ異彩を放つ猛毒キャラだよ、おとめちゃん。いちごちゃん・美月様に並んで、話を動かせる(動かしてしまう)キャラ…それがおとめ。


今回、おとめがやった事は、「自主的にユニットを組む」「そしてそのユニットのリーダーになる」
…この行動のどこが具体的に強烈かというと、

● トライスターの空いた枠を狙うとか、いちごちゃん達に擦り寄るとかせず、自力で兵を集め第三勢力を立ち上げた

● トライスター、ソレイユには学園長や美月様の力添えがあるユニットプロジェクトだが、おとめのユニットはあくまで自主的なモノなので援護射撃なし

● ユニットメンバーにはさくらちゃんと、まさかのしおんちゃんを引っ張ってくるという辣腕っぷり。

● 主人公いちごちゃんがリーダーに!とかユリカ様がついに表舞台に!とか重大事件を上書きするほどの毒電波ソングを撒き散らす

って所。…強烈だよ。いちごちゃんのリーダー論が頭に入って来ないほど…これこそ「乗っ取り」だと思う。すげえよクールだよ…ネタ抜きにおとめというキャラクターはすごい。

メインキャラ達がユニットを組み始めた…自分にはユニットの話が来てない…よし自主的にユニット組もうと画策する、このバイタリティよ。前も言ったが、おとめちゃんの強引にメインストーリーに食いついていく所が大好きだ。 サブキャラでメインキャラ補正を受けられないなら、自分からチャンスをもぎ取りに行く!


ak3801.jpg

ソレイユのリーダーは…いちごちゃんで決まりでしょう。
ポテチの誓い!桃園の誓い、みたいなもんか…。

ak3802.jpg
ak3803.jpg

おとめちゃんが後輩さくらちゃんと、まさかのしおんちゃんを引き連れてきた!
新ユニット、その名も「ぽわぽわプリリン」!!(おとめが勝手に決定)しかもリーダーはおとめ!(おとめが勝手に決定)
…ぽわぽわプリリンって打つのめんどいよおとめちゃん!宣戦布告・牽制にまずは三人で劇場空間!…話題や話だけでなく、後輩の持ちネタも乗っ取ったよこの人! やりたい放題すぎる…。 しおんちゃん引っ張ってくるとは予想外。しおんちゃんもよく了承したな!堅物だったと思ったけど…結構ノリノリ?どうやって誘ったんだろう。


これは推論ですが、まず後輩で押しに弱く、しかも借りがある(…あれを借りといっていいのかな)さくらちゃんを恫喝。次にユリカ様あたりに声をかけたと思うんだ。

「ユリカた~ん一緒にユニット組みましょ~!」
「この私を誘うとはいい度胸ね!吸血鬼とは孤高の…」「はわわ~断られちゃったですー」

…めんどいキャラ作りを踏まえたツンで一旦断ってから「ユニット組まなくなくもなくって…」とデレるつもりだったのに、おとめちゃんはバッサリ切る…あとは、サブキャラで、ひとりぼっちの子、地下の太陽さんはマジで孤高だし…そんな感じでしおんちゃんに辿り着いた。しおんちゃんもユニット内にさくらちゃんがいる=演技派アイドルとしてコネ作れる、と考えて承諾したのかな、なんて。

しおんちゃんを入れておけば、例えばソレイユと一緒にライブする時にスワロウテイルとイケない刑事の小芝居できるし、その辺も計算したのかも、と思うとおとめ恐ろしい子。新キャラの歌舞伎刑事も登場


おとめちゃんの暴走は止まらず。ユニットの曲として作詞・作曲までしてくる。

ak3804.jpg
ak3805.jpg

毒電波すぎる…。畑亜貴か!?さくらちゃんが「人間の理解を超えています…」と困惑していてダメだった。混沌とした歌詞の中にもスポンサーの宣伝を混ぜるあたり、おとめちゃん抜け目ない。しおんちゃん洗脳されてるし…。


アイドルオーラを消して学園中を見て回ってるムーン様でまた駄目だった。獲物を探すように後輩を物色すんな!
いや、トライスターメンバーを探しているのは知ってるけどさ…

ak3806.jpg
ak3807.jpg
ak3808.jpg

ユリカ様のお尻を観て、即決定!おいムーン様!?やっぱり物色してたな!!
…本当は「誰も見ていない所でも吸血鬼キャラを貫く」部分に感心したのですが、どうもケツ見てこの子に決めた!って思えるシーンで駄目だ…。
ムーン様オフの日はワイングラス片手に寿司を食べながら吸血鬼の尻を撫でちゃうんだ…。


ak3809.jpg

すっかり大人しい蘭ちゃん。なまくらになるのはいいけれど、いつまでも曇ってるのは見ていて辛い。


ak3810.jpg

いちごはどんなリーダーになりたい?と聞かれ、「いちごパフェのいちごみたいなリーダーになる!」謎いちご理論…。そしてそれを理解するあおいちゃん…この夫婦の会話、たまに難解すぎる。

「自分はパフェのテーマを決められるパーツではあるが、パフェが無ければただのいちご」
あおい・蘭が添え物というワケではない…そんな感じか…?おとめの暴走とムーン様の性欲が酷すぎて頭に入って来ない!直前にあおいちゃんが説明したリーダー像の例を、いちごちゃんが自分なりの言葉と解釈で表現したのね…。

ソレイユはいちごパフェ、トライスターは尻、ちぃ覚えた。

喩えがババ臭い 分りやすい、学園長によれば、いちごちゃんは扇の要部分。でも要自身が動いちゃってます。それがまた、学園長的には良いらしいが。


ak3811.jpg

マジでユリカ様がトライスターに選ばれました。芸暦600年だし、なんとかやっていけ…ると思う…。
あれだけオーディションやっておいて、今回はアッサリと決めたな!ゴールデン美月チャンスか。どこかの刃のせいでスケジュール押してるからかな…。さらっとソレイユを巻き込むし。

ak3812.jpg

蘭ユリキテル…。
カード手渡しいいね。蘭ちゃんが着た衣装をユリカ様が受け継いで着ちゃうとかエロくない!?深夜にこっそり会ってるのも…そういう…。

ak3813.jpg

ユリカ様加入で急にイロモノっぽくなったトライスター。蘭ちゃん加入時より丸くなった印象でいいかも。
でもさりげなく最強だらけ(ゲームだと、ユリカ様とかえでちゃんのコーデが最強らしい)

「ぽわぽわプリリン…です…」と言い淀むジョニーで限界だった。
ぽわぽわなんちゃらを学園長がユニットとして認めたのは「自主的にユニットを立ち上げた」という自主性からか。このタイミングで立ち上げたって事は、露骨に二大ユニットにぶつかっていく気だしね…。獰猛だなあおとめちゃん。
バンダイ側にすら認知されていないユニットを作る、サブキャラとしての自由度を逆手に取るおとめちゃんに全て持っていかれた回でした。おとめちゃんが埋もれていたサブキャラ引っ張り上げたせいで、かえでちゃんが完全に台詞と出番奪われたよ!さっそく攻撃かい!?

ak3814.jpg

今回は全体的にシュールすぎて、感想を書くの大変だった…おのれおとめ!

テーマ : アイカツ! - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : アイカツ!,

ドキドキ!プリキュア きせかえドール レビュー。

ドキドキ!プリキュア きせかえドール レビュー。
dpd001.jpg

食玩の「ドキドキ!プリキュア きせかえドール」を買ってきました。買ってきたのは一週間前ですが、すっかり忘れてました…。
コレはもう完全に子供向けのアイテム(…というかプリキュアはそもそも子供向けだ!)ですが、プリキュアの立体物ならなんでも欲しいので購入。去年のスマイルからかな、このシリーズ始まったのは。スマイルは結局、ハッピー・ピース・ビューティしか出なかった(いつもそうだ…!)けれど、ドキドキは初期4人全員がちゃんと出ました。

スマイルの時と比べると、サイズが少し小さくなり、デフォルメバランスが変更され、足の可動部分がボールジョイントではなく普通の軸になりました。(太ももの横ロール軸は今回もある)
足の可動が前後にしか動かなくなったのは少し残念ですが、まあ、服着せちゃうと足なんかほとんど動かなくなるので問題なし。
デフォルメバランス変更は良くなった部分です。かなり可愛くなりました。前回はちょっとね…目が死んでたしね…。

dpd002.jpg

セット内容はどれも大体こんな感じです。本体と、変身コスと、ドレスと、小物(あとラムネ)

dpd003.jpg

服着せなければ、このサイズ・この価格・子供向けにしてはよく動きます。太ももに横ロール軸入れちゃう所がバンダイだなあ…と。女児向け食玩でも、なんとなくアクショントイみたいな可動を仕込んじゃうんだ…。どうせなら上腕にも横ロール入れて下さい!

dpd004.jpg

「プリキュア、ラブリンク!」
変身コスは塗装済みです。ドレスは一色ですが。

dpd005.jpg

けっこう、可愛い。
頭が重い上に台座なんてないので、どう飾ったものか…と思ったら、意外にも自立可能。

dpd006.jpg

ドレスに着せ替え可能。…ドレスて。
変身後の見た目なので、戦闘服以外はなんか違和感。手には付属の小物を持たせられます。また頭部に穴が開いているので、リボンやティアラなどのパーツを取り付け可能。女児向けって感じだ。この辺は女の子にしか分らない楽しみ方。男はどうしても「劇中に登場した武器パーツ付けてよ!アローとか!」って思っちゃう。

dpd007.jpg

重たい女・六花ちゃんもこの通りデフォルメ。重たいレズいい…ふたご先生版もすごいよね…でも六花ちゃん最近はかなり大人しい。

dpd008.jpg

ダイヤモンドにはせんす&リボン付属。…ジュリ扇か?!
キュアダイヤモンドはアソート少な目なので、さっさと購入したほうが良さそうです。

dpd009.jpg

ロゼッタ可愛い。…この人はこの人で底が見えないお方ですが…。
髪の毛のボリュームがあり、小物も手鏡&傘が付属、と豪華。ダイヤモンドと同じく、ロゼッタもアソ少な目かな?
ロゼッタのみ、頭部のリボン用接続穴がありませんでした。

dpd010.jpg

……この傘って、ふたご先生版の「仕込み傘」か!?
漫画版だと、ありす様がいつも所持している日傘には隠し機能があり、落雷の危険がある時には変形して「避雷針」にできる…というトンデモ設定があるのです…嘘じゃないよマジだよ!?(しかも漫画版では、雷を落としたのは四葉財閥自身という…ありす様への試練、らしい…)
ショットガンが仕込んであっても不思議じゃあない。…武器パーツにしか見えなくなった。

dpd011.jpg

まこぴーのフィギュアも増えてきたな。あ、でもプライズのDXフィギュアがまだまだ先だった…。9月?出るの遅いよ?!

dpd012.jpg

小物は花束。プリキュアで花束といったら、キュアフルーレブーケモード…これも武器か…。
ドレスはせめてフリル部分だけでも白に塗れば、見栄え良くなりそう。

dpd013.jpg

並べるとこんな感じです。今年は一気に4人揃えられるアイテムが多くてありがたい。

dpd014.jpg

服の交換も可能です。
ハートを黄色キュアにしたりできます。

dpd015.jpg

先輩…でか!?あれこんなにバランス違ったか…。
服パーツ互換はありますが、並べられないなコレ…。

dpd016.jpg

ありす様をスマイルチームに入れて戦力増強。

dpd017.jpg
dpd018.jpg

…嫉妬回いいよね…。そういえば最近、マナちゃんが困った時にやる「髪の毛いじり」無いな。

dpd019.jpg

少しだけでも可動する「プリキュアフィギュア」って貴重なので、子供向けとはいえ買ってしまいました。
満足。
子供向けの食玩なので多くは求められませんが、台座とか、ドレスパーツはオミットして劇中の小物を付属とか、服着た後の可動クリアランスとか…値段高くなってもいいので、もうちょっとだけでも進化して欲しい…高くて売れない?㌧。

dpd020.jpg

ドレスパーツ入れるなら変身前を立体化してみては?変身前のフィギュアも数少ない…というより皆無なので、需要あると思う。アンケートの商品化希望の項目に変身前も選択肢があったし。あと、「レジーナ」も選択肢にあったな…欲しい…幹部だからダメか?

テーマ : 食玩 - ジャンル : サブカル

タグ : プリキュア, プリキュアフィギュア, 食玩, ドキドキ!プリキュア,