ドキドキ!プリキュア 第49話(最終回) 感想。

あなたに届け!マイスイートハート!

ドキドキ!プリキュア 最終回 感想。

dp4901.jpg

ドキドキ!プリキュア、ついに終結!大団円!

良かったよ…とっても良い最終回だったよ…!
多分、賛否両論あると思うけど!そもそもプリキュアは毎シリーズ賛否両論はっきりあるが、ドキドキもまた色々な意見があるだろうなあ。最後まで予想外の動きをするマナちゃん達に振り回される世界…そしてついに…!?

プリキュアとしては異色の終わり方でした…。
期待を裏切らないおっさん。開始10秒そこらでや~まじ…。アバンどころか30秒も持たなかったよ!

dp4902.jpg

真の黒幕・プロトジコチュー。キングジコチューは王様が生み出したジコチューで、本当のラスボスはこちら。

……はっきり言って小物臭ハンパないです。一応、戦闘能力は高めですがメンタル面が弱すぎる。戦闘力に全振りしたんだろうね。まあ、前回でほぼ浄化され、残りカスとおっさんだけをかき集めた状態なので、不完全な復活だったのかもしれない。
人間がいるかぎり何度でも復活可能(ジコチューだから)で戦闘力もかなり高め、とスペックだけは立派にラスボスの風格があります。実際に一万年前のプリキュア・キュアエンプレスたちでも完全には浄化できなかった。でも、人間の自己中心的な心を利用して存在しているのに、その人間の心を全て支配しようとするアホさがどーしょもない。他人がいるからこそ、ジコチューも愛も生まれるのにそれを全て支配しちゃったらお前の存在理由が無くなっちゃうでしょ!

「全てを支配した世界で我が儘を言っても、ルールが無いのだから、それはもうジコチューではないよね?」とマナちゃんに指摘されて、何も言い返せず論破されちゃいました。そりゃ他者がいなくては自己も何もないわな。そんなコトにも気がつかなかったのプロトさん?!こんなアホなやつに世界は支配されかけたか…。元はなんかドロドロした闇みたいなモノだったし、あんまり思考能力は高くないのかもしれない。宿主を殺しきってしまう細菌みたいなイメージ。

そういえばピエーロ様もあんまり考え無しの災害みたいな存在だったなあ…。ラスボスはやっぱりノイズ様が見た目も考え方も結末も好きだ。毎回同じタイプのラスボスでも飽きちゃうけど。


dp4903.jpg
dp4904.jpg

これが本当のラストバトル。レジーナも一緒に戦います。すぐ心が折れるというか、飽きちゃうけど(冗談でしたが)
マナちゃんと一緒に戦えることが嬉しそう。レジマナ最後までキマクッテ…あ、ツバメがめっちゃ睨んでるわ。


全てを支配するのだー的なテンプレ台詞に「…何言っちゃってるかなあ」と返すハート。相変わらずテンプレ悪役に変則的な返しをする子だな!ラスボスのアイデンティティーを精神的に奪う主人公…。マナちゃん強すぎ問題なのか、プロトアホすぎ問題なのか…どっちも悪い?㌧。
プロトジコチューが支配した後の世界を説明しますが、なんともシュールなイメージ図でダメだった。

dp4905.jpg

ぽっと出のラスボスですが、ここのシーンと最後のラーブラーブラーブでかなり印象に残ったよ!ギャグ面で!
前回のキングジコチューVSメガランスといい、不意打ちで面白映像流すから耐えられない。こんな最終決戦本当にはじめて見た。

屈辱的なイメージ映像に激怒したプロトジコチューは、なんとキュアハートからプシュケーを抜き取ります。
マナジコチュー…!?ひょっとすると作中でもっともジコチューかもしれないマナちゃんから生成されるジコチュー…めっちゃ強そうじゃない!?というかこれ悪堕ち!?

dp4906.jpg

ダークキュアハートとか期待しちゃったけど、そんなものありませんでした。まあマナちゃんのハートは強すぎるから大丈夫だとは想っていましたが、まさかプシュケー単体で動いてラスボスを困惑させて、勝手に自己修復されるとは想わなかったよ!なんだこの女子中学生!

精神攻撃が効きやしねえ! 強靭なプシュケー過ぎる…。まあ…だからこそ主人公っつーかプリキュアなのだけど…。
31話と同じく、折れても即復活。

とは言ってもマナちゃんはメンタル完璧超人、というわけではないよね。映画やレジーナ洗脳の時は超曇ってたし。精神攻撃とはいってもプロトジコチューは「物理的に」心を攻めたのが間違いだったと思う。精神面も鋼の心を持っていますが、物理的な力押しにはさらに防御力が高いからな、マナちゃん。マナちゃん強い!絶対に強い!ってだけではなくプロトジコチューも無策すぎると思う。やっぱり小物だよこのラスボス。


プリキュア5人分のパワー+王冠+鏡+槍の全部乗せ最終フォーム!

dp4907.jpg
キュアハート・パルテノンモード!

プリキュア全員プラス神器はオーバーキルすぎる…。
瞬間移動するわ分身するわ、幸せの王子やりたい放題。

dp4908.jpg
dp4909.jpg
dp4910.jpg

スローで美しい御御足を披露した後、宇宙までプロトジコチューを蹴り上げます。やけに溜めが長いと思ったらエリアル始動技でしたか。朝からいやらしい足を長々と映すなんて…高橋さんどすけべすぎるぜ!

dp4911.jpg
dp4912.jpg

踵落としでビーム消すプリキュアはじめて見た。
キュアハートの印象的なアクションは「足技」なんとなく、キックが多めだと思う。あとは相手の背後に回るのも好きだよね…。

ここで岡田が「女の子は誰だってプリキュアになれる!」とか言いだしてびっくりした。NS1でアコちゃんが言ってたね。あゆみちゃんみたいなダウナーな子でも誰かを守りたいと思えばプリキュアに変身可能になれるからね。漲る愛を持つマナちゃんが変身したら、そりゃこんな怪物みたいなプリキュアになるわけだ…。それにしてもプロトジコチューいいとこなしだな!素体ががらくたオッサンだからかなあ…。仮にもラスボスだというのに、もはや面白いコトを言うだけのサンドバッグ状態です。

dp4913.jpg

そう言えばキュアハートはキュアエンプレスと似てるとか言われてたっけ。一万年周期ですっごい素質のある女の子がプリキュアになる法則でもあるのだろう…。


(ラーブラーブラーブを言わないように口をおさえるプロトジコチュー)
(ラ…と言いかけるプロトジコチュー)
(ハートの説教中にひたすらラブラブ言わないように耐えるプロトジコチュー)

dp4914.jpg

最終戦なのに駄目だった。ドキドキはなんで妙なタイミングで笑わせにくるの…!?
ラーブラーブ言わなきゃセーフ(浄化されない)ってルールがどうやらあるみたいで駄目だった。結局言っちゃうし。雑魚と同じ、みっともない浄化されるラスボス…屈辱です。



dp4915.jpg
dp4916.jpg
dp4917.jpg
dp4918.jpg

プロトジコチューが完全に浄化された結果、前回(巨大ランス)と今回(パルテノン)で破壊された街と、トランプ王国が修復される。敵よりプリキュア側のほうが破壊活動多かったような気がするね…。

トランプ王国と国民は救済されたが、やっぱり王女様は復活せず。王様と岡田とまこぴーに最後の挨拶を…えーっと…霊体?エア王女?で…どうやって通信してるんだこれは…?精神その1(亜久里ちゃん)、精神その2(レジーナ)、抜け殻(アイちゃん)の他にこの霊体まで同時に出せる王女様は一体…。
悲しい場面ですが、この王女様なら肉体が滅んでもこちら側に介入できそうだ。泣かないでまこぴー。王女様がしゃべっている間はアイちゃんが寝ている(=連動してる?)ので、亜久里ちゃん・レジーナよりもアイちゃんの中に王女のデータが残ってそう。岡田がんばって育てるんだ…。ああ、岡田は泣いていいかもしれない…憐れすぎる。


おっさん!生きとったんかワレ!
dp4919.jpg
dp4920.jpg
dp4921.jpg

ネズミになってる…。ああジコ「チュー」だから……ってばか!
ベールが生き残るのは完全に予想外でした。へたに改心とかせず、また一万年後にがんばるそうです。おっさん懲りないな!こんな姿になっても全然へこたれてないあたり、マナちゃん並にメンタル強い。おっさんはいつだってナンバーワンを目指すジコチューだからな…今はナンバーチューだけど…ああ、ナンバーチューってそういう…やはりナンバーワンにはなれぬ運命か、おっさん。

マーモ姐さんが優しく「…行くわよ」と促す時の声が良かった。何だかんだで仲良いなこの3人…。指輪でパワーアップした時はベールにコキ使われたのに、おっさんがプロトに飲み込まれた時は心配したり。

そして最後にイラりつキテル…。特に会話などせず、でも六花ちゃんにズームする視線がいい。
安易に六花ちゃん家に居候とか恋仲になるとかではなく、別種族としてお互い生きていくってのがすごくいい…。少なくともイーラ達は一万年以上寿命があるようなので、同じ時間を生きていくことは結局できないからね…。

ジコチューだって存在してはいけない、とは言われてませんから、ジコチュートリオが生き残って、でも改心はせずに静かに立ち去るこの結末もありかな。


なんとなく切ないシーンですが、別にオッサンのジャネジー回復に付き合う必要はないので、眠らずにいるってパターンもアリなのがまたいい。普通に六花ちゃんに会いに来てもいいし、どこかでまた悪さをしてまた戦ってもいいし、何かがキッカケで共闘してもいいし、遠くからそっと見守るってのもいい…。
一万年後に六花ちゃんの子孫と再開するとかでもいいなあ…。六花ちゃんがイーラの事を詠った和歌が残されていて、それを子孫(六花ちゃんそのままの姿)から伝えられるとか…。色々と妄想が膨らむ。ああ、もちろん悲恋にせず、普通に仲良くなってもいいけどね!



このあたりは想像の余地を残す、いい終わり方だと思います。イラりつだけではなく、エピローグの様々なイベントが今後の想像の余地があってとても楽しい。

そう、ここからのエピローグがとても楽しいです。つーか、プロトジコチューとかどーでもいい雑魚ボスと戦いに尺を回さず、今後のマナちゃん達の生活を映してよ!尺が不足して巻き巻きだったよ!もっとマナちゃん達が楽しく暮らしているところを観たかった…あと3話くらいは欲しい…。

dp4922.jpg
じょうひんなセーラーふく!!!

本当に存在したのか…ありす様の制服…。ちゃんと学校に通っているようで安心。本当になんでマナ達と学校別だったんだろう…フレッシュでも思ったけど、学校別々はやっぱりやめたほうがいいような…。クラスや学年だけ別にすればいいと思うよ…。でも最後に五星さんが出てきて嬉しい。一緒に登校してるんだ…。あり麗キテル。何の会話してるのかは怖くて考えられない。

dp4923.jpg

マナちゃんに代わって純君が新しい生徒会長になる。頼りない感じですが、純君はたしか「自分にできることをやる」と悟ったキャラなので問題ないですね。マナちゃんと同じになろう!とか考えると絶対に潰れるよ。


そして、

dp4924.jpg
レジーナ!!!

うわああああレジーナが学校に通ってる!!!!制服レジーナが観れるなんて…ありがとう東映マンさん…ありがとう…。こちらも安易に消滅エンドとかならず本当に良かった…!中学一年生かな?山口さんがどこかで言ってましたが、亜久里ちゃんよりもレジーナのほうが肉体年齢上らしいです。

最後までレジマナキマクッテて素晴らしい。
純君がめっちゃ苦労しそうですが、わがままレジーナと振り回されるショタ会長って書くとラブコメっぽくも見える!それはそれでいい!

dp4925.jpg


王様何してんだ?!居候が何かか!?まあ…トランプ王国の王はもう続けられないよねえ…。

dp4926.jpg

王様はソリティアでレジーナと暮らしてるのかな?それならマナちゃん家と近いのでレジーナがちょくちょく遊びに行きそう。…六花ちゃんの悩みは尽きないねえ。ああ、いや、もうマナ独占したい!って気持ちはほぼ無いだろうけど。


序盤にマナりつの象徴(?)アイテムだった桃まん!

dp4927.jpg

六花ちゃんは受験勉強をがんばっています。夢に向かってマナちゃんと別々の道に行くのはいいけれど、やっぱり切ないな…。いやまあ、別々の道と決まったワケでもないか。

dp4928.jpg
dp4929.jpg

勉強ばかりしてる、と思ったらこっそり百人一首(なんか表紙に少女漫画っぽいイケメンがいる)は止めてませんでした。なんかこの本、えっちなオーラが…。こっそり隠しておくところがむっつりすけべっぽくて可愛い。


あぐエルもしっかりキテル!

dp4930.jpg

亜久里ちゃんカップケーキ焼いてる!カップケーキ…友情…なんだか、たおやかな調べが聞こえてきそうな…。やはり亜久里ちゃんはtoykの弟子…?周りの子がスイーツ部に見えてきたぞ!
緑色の服が多かったエルちゃんが赤い(キュアエースカラー)エプロンをしているのがいいね…重いね…。


世界は変革した…(レジ子とキンジコが原因)
なんと、トランプ王国と地球が繋がったままになってしまいました(!)
まさかの異世界開けっ放しエンド!次元の裂け目を作ったのはレジーナ&キンジコですが、ジコチュー由来の力で破壊したのではなく、神器である槍を使用したから戦闘終了後も修復されなかったのかな…ドキドキならそういう細かい設定を使いそう…。

dp4931.jpg

トランプ王国は王政崩壊、共和制になってました…。初代大統領は岡田。押し付けられてない?!なんかいよいよ可哀相だぞ岡田! 人柱だこれ。がんばった結果、王女は復活せず、残されたのは国を建て直すという膨大な仕事…。せめてアイちゃんが成長したら王女と同じ姿になれればいいのにな…。

しかし、いきなり共和制とか、本人の意志とは関係なくプレジデントにされてる岡田とか、何か大きな力の介入を感じる…と思った次の瞬間、早速ありす様が暗躍していて駄目だった。

dp4932.jpg
dp4933.jpg
早くも四葉財閥に経済侵略されてるじゃねーか!!

大財閥なのにこのフットワークの軽さが怖い。

岡田を大統領にしたのも多分、ありす様の根回し…。


新プレジデント「元は一兵卒だから、政治的な難しい事はよくわからないな。マナちゃんやありすちゃんに聞いてみるね」
「平和になったトランプ王国にもう軍隊はいらないね、なるほどこうやって予算を削減するのか、ありがとうありすちゃん。後は四葉財閥の私兵に任せてもいいのかい?」
「関税自主権?地球のやり方はそちらに任せるよ」
「なるほど…トランプ王国と地球の外交は始まったばかりだから余計な混乱を避けるため四葉財閥以外との企業交流は制限した方がいいかもしれないね」

傀儡政権ですよねこれ…。

文明の進んでないトランプ王国相手に商売なんて赤子の手をひねるようなもん。あの国はすでに四葉財閥に占領されてるね…。空を飛ぶ四葉マークの飛行船が占領後っぽくて大変恐ろしい。制空権握られちゃったよ。でもまあ、トランプ共和国市民はそれはそれで割と幸せかも…。

と言うか四葉財閥に任せるのが他の介入を許さないと言う意味では最善策。ありす様の性格と、トランプ王国はまこぴーの祖国だから悪いようにはしない(極端に一方的な搾取は行わない)繋がってしまった以上、何らかの近代化と企業介入はあるなら四葉財閥が企業国家としてさっさと掌握しちゃうほうが安全。たしかに四葉財閥ばかりが出張りすぎるのもよくないから、五星財閥とかも後から介入すればいい。え?グル?なんのことかな、四葉と五星はライバルですよ?
ああ、ありす様と麗奈さんの登校途中の密談って…。


あ、あと10話だっけか、まこぴーが言ってた「合図をすると何かが掃除してくれる」というアレの正体が判明。魔法の箒?本当に様々な伏線回収するんだな!四葉財閥が気軽に異世界の技術を取り入れようとしていることもビックリするが、よく見たらありす様の車に翼が付いていて限界だった。トランプ王国と地球は海上で繋がっているので、船舶か航空機でしか行き来できないから…ああ…飛んできたんですねコレ。

何だこの後日談!?

ありす様だけ最後まで異常な世界観だった…。
何が怖いって、肝心のありす様は「マナちゃんのために」動くということ。マナちゃんの感性ならそりゃ世界中が笑顔で溢れるけどさ!


まこぴー久しぶりのアイドルモード。

dp4934.jpg
dp4935.jpg

「みんなで何かするっていいよね…」「いい…」って状態になっていて嬉しい。一話の回想が入って泣ける。あのころは一人でなんとかしようとしていたまこぴーが…良かった…。

まこぴーライブでシメかと思ったら、さらにぶっ飛び展開が待っていました。マナちゃんのケータイに直接総理大臣から電話が!「落下し始めた人工衛星をなんとかしてくれ」?!!

プリキュアが国家公認になってるー!!?
dp4936.jpg

最終戦が終わっても現役なんだ!?なんかアメコミヒーローのようだな!
首相ホットラインがマナちゃんのケータイに…また一歩夢に近づいたねマナちゃん。というかもう、総理大臣なんかより重要な存在になってませんか…?
世界を救ったプリキュアということが認知されいて、優秀な秘書がいて、バックに四葉財閥がいて、プロパガンダのスーパーアイドルがいて、政府との直接的なパイプもある。マナちゃん総理大臣の夢ほぼ射程圏内ですよね?日本の総理大臣どころか、地球連邦大統領とかなっちゃいそうだ…。衛星落下って本当に事故なのかな…もしかしたらマナちゃん達を狙った他国の攻撃じゃないのアレ。
愛をなくした悲しい国家元首さん!このキュアハートが!と乗り込まれちゃうんだ…。どんな独裁者も片っ端からラーブラーブラーブになっちゃうんだ…。ああ、プリキュア見たいってだけで戦争を起こすやつ出てきそう…1話の不良の喧嘩を止めたマナちゃんを思い出した。マナちゃんに手を握ってもらえるなら、人工衛星くらい落下させてもいいよね……いやいや、いかんいかんこんな事を考えては…。


敵幹部が改心とかせずに生存・異世界との交流がそのまま・プリキュアの正体が全世界にバレてる・プリキュアが最終回後も普通に活動を続ける、と異色のプリキュアとなったドキドキ。

なんといいますか、ハイスペックの子達がプリキュアになると最終回で世界がここまで変革しますよっていうひとつのアンサーを見た気がする。地球も異世界も全部救って全部掌握して、プリキュアの力も維持したまま最終回後も活躍するとか…主役がデキルスタイルに振り切れているとこんな結末になるのね。
この一年間、ずっと驚かされっぱなしだったが、最後の最後までやられちゃったよ…。実にドキドキらしい最終回だったと思います。

dp4937.jpg

意図してかどうかはわかりませんが、こういうラストを迎えたドキドキの次回作が、「プリキュアの活躍が世界中で認知されていて、プリキュアがみんなの憧れになっているハピネスチャージ」というのが良い繋ぎになっているというか面白いですね。


まとめ。

前回でだいたいオチてたのに、最終回までこんなに情報量が多いとは思わなかった。正直、プロトジコチュー戦いらねーよ!スイートみたくまるまる一話エピローグ見せてよ!プロトは雑魚で三下台詞ばかりなくせに時間ばっかりとられていいとこ無しだよ!でも、プシュケーを盗られて喘ぐマナちゃんと、イケメンで足がエロいパルテノンを産み出したのは評価してやる!よしもう用は無いぞ、ラーブラーブラーブしてろ!

後日談が非常に気になります。OVAとかノベルでその後を見せて…。独特の世界観に変貌した最終回以降がどうなっちゃうのかも気になりますし(SFっぽいというか、アメコミっぽいというか、ウォッチメンみたいな…)マナちゃん達の活躍がまだまだ見たいし。というか、仲良く遊ぶシーンがあと一話とは言わない、せめてあと数十分見せて欲しかった!

日常回をもっと見たかったなあ。ここまで魅力的なキャラがいっぱいいるのに、遊び回が少ないってのが勿体無い。スマイルは日常回が多すぎたが、ドキドキは逆に重要イベントが多すぎる!

…と、ジコチューなわがままをいっぱい言ってしまいましたが、ドキドキは大満足です。面白かった…。駆け抜けたね…最終回までこんなジェットコースター…ああ、世界はまるでメリーゴーランドってそういう…。脳の理解が追いつかないよ!でも、この展開はぎゅっと一話に詰め込んで良かったのかもしれない。この最終回を例えば2話に別けると途端にグダグダ感が出ちゃうかな…。だから、勢いがあるうちに全部見せちゃえ!というのが正解かも。


想像の余地も残しつつ、すかっと気持ちよく終わり、楽しかった思い出が綺麗に残されて、今はただ幸せです。
ああ、でも徐々に終わってしまった悲しみが溢れてきた…。次が始まるまでのこの一週間がもっとも苦しい時です。毎年のことなのにまるで成長していないな俺は!
スタッフの皆様、お疲れ様でした。とてもドキドキした一年でした。言葉遊びじゃなく、本当にドキドキしたよ!先が読めない作品だった。ありがとうございました…。

テーマ : ドキドキ!プリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : プリキュア, ドキドキ!プリキュア, レジマナ,

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する