ガシャポン戦士NEXT18 レビュー (前編)

ガシャポン戦士NEXT18 レビュー (前編)

gpn1813.jpg

ちょっとゴタゴタしているので、NEXT18は何回かに分けてレビューしていきます。
セット購入もしたのですが…全種類届くのは来週になりそうなので、結局筐体からも何体か購入しちゃいました。やっぱりガシャポンはレバー回して購入し、カプセルを開けてこそ、意味があるのかもしれませんね…。

……この深いコトを言おうとして語彙の少なさから全く言えてない感!


カプセルの色は

黄……アレックス(ライフル&シールド装備)
青……ケンプファー(チェーン・マイン装備)
白……V2ガンダム
赤……ゴトラタン
緑……フェニックスガンダム

筐体からはゲットできていませんが、筐体の横から見た感じでは紫がアレックス(ガトリング展開)、黒がケンプファー(ジャイアント・バズ装備)だと思われます。



ガンダムNT-1/アレックス(ビームライフル&シールド装備)
gpn1801.jpg

今回のハーフアソート枠その1。
設定だけのライフル装備版でバリエーション作られてもあまり嬉しくないよねえ。やっぱりチョバムが欲しいよ!
…なんて発売前は思っていましたが、現物を手に入れてみると、スタンダードな良さがあってなかなかカッコイイ。

gpn1802.jpg

ライフルとシールドを装備したガンダムは完成された美しさというか、見ていて安心できます。…??さっきから自分でもよくわかんないこと言ってる…キショい。
シールドのマーキングも綺麗。アレックスのビームライフルは形状がFA-MASっぽいのも良いですよね。チョバムアーマー無しは残念でしたが、ライフル装備版はこれはこれで嬉しい。

gpn1803.jpg
gpn1804.jpg

あと、これは個人的に今回のアレックスで良かった点なのですが、「ボリュームがある」
何言ってるの?と思われるので簡単に説明すると、もう14年ほど前になりますが、「SDガンダムフルカラー」の時のアレックスはめっちゃ小さくて(アレックスと同じ弾のジムコマンドがもっと小さかったけど…)カプセルを開けた時にガッカリした思い出がありました。そして、その弾から全体的にサイズが小さくなっていたような気がします…「アレックスあたりから全体的にボリュームダウンした」という印象を強く持ってしまって、それを未だに引き摺っているのか今回もサイズが小さいかもしれない、と変な先入観がありました。

今回、アレックスは普通にNEXTの標準的なサイズでした。でもそれだけで僕は嬉しいのです。ガシャポン戦士NEXT版のNT-1はちゃんとボリュームがあった、それだけで感動。……分りにくい?㌧。


ケンプファー(チェーン・マイン装備)
gpn1805.jpg

ハーフアソその2。ひとつの弾にハーフアソート枠二つ入れるのやめて…。

gpn1806.jpg

モノアイ可動ギミックはありません。
個体差か、首の接続部分がゆるゆるでした。どうやら頭部側の接続穴が大きかったようです。小さく切ったビニールを噛ませて対処。

gpn1807.jpg

脛部にシュツルムファウスト懸架可能。もちろん手にも持たせられます。
ケンプファーはバズ装備版が届いたらもう少し細かくレビューします。フル装備ができるようなので楽しみ。


V2ガンダム
gpn1808.jpg

大好きなMS登場。嬉しい。

gpn1809.jpg

アンテナの曲がりが熱湯に入れても直らなかった…。それと青の上に黄色を塗ったからか、塗装が微妙かも。左手が平手なのも少し不満。両手とも武器持ち可能の手なら、例えばクロノクルを撃墜した時のサーベル二本合わせとか再現できそうなのに。あ、平手なのってもしかして最終話のシャクティキャッチのシーンを再現しろってことか?……違う?

gpn1810.jpg
gpn1811.jpg

何より、光の翼エフェクト部分が取り外し不可なのがイタい。光の翼が出っ放しなのはすっごい気になる!ここは後で改造するしかないですね。…好きなMSだと途端に文句いっぱい思いついちゃうな!妙なこだわりがあるからか。


ゴトラタン
gpn1812.jpg
gpn1813.jpg

簡易レビューでさくっと紹介しちゃったので、今回はV2と絡ませて遊ぶ。ゴトラタン立体化して本当に嬉しい。
…やっぱり光の翼が邪魔だな!?取り外し可能だったら良かったのに。


フェニックスガンダム
gpn1814.jpg

えーっと…誰さ?!
ゲームオリジナルMSのようですね。いままでのマニアック枠・シークレット枠は知ってるMSだったけれど、18弾でついに知らないMSが来ちゃった…。Gジェネやらないのでわからない。

gpn1815.jpg

なんか面白いシルエットだなあ。フェニックスって名前からして変形するのかな、やっぱり。

gpn1816.jpg

武装なのかバーニアなのか、肩からぶら下がっている独特のパーツは別パーツなので可動します。設定上可動する部分なのかは知らないけど…。

gpn1817.jpg

このパーツが独特すぎて肩が動かしにくいです。ポロリと取れやすい、というワケではありませんが…動かすのに邪魔。肩を上げると頭部にも干渉するし。

えいもういいや、とっちゃえ!!

gpn1818.jpg
gpn1819.jpg
gpn1820.jpg

何も付けないと楽に動かせます。両手とも平手、しかも表情豊かな平手なので元ネタを知らなくても造形の面白さを楽しめる。


残りの機体(ガトリング展開アレックスとバズ装備ケンプファー)はまた後日にレビュー書きます。



・2014年3月2日ちょっと修正
画像をクリックするとアルバムに飛んで行っちゃってたのを修正しました。他の記事も一部、同じようにアルバムにリンクしている画像がありますが、かなりめんどいので直しません…。マジでめんどいので。

テーマ : ガンダム(ガシャポン・玩具等) - ジャンル : 趣味・実用

タグ : ガンダム, ガシャポン,

コメント

フェニックスガンダムは平手なのがなぁ...二刀流出来ないやん。
あと肩のパーツはビーム砲だす。

No title

>けるさん
ビーム砲でしたか…。なら機体前方へ向けるのが正解なのですね。

No title

フェニックスガンダムは、どの世界にも所属しない機体で、装甲から出される液体金属によって自己修復できる。
また、液体金属を利用して全身に炎をまとい、変形して突撃する「バーニングファイア」を使うことができる。
ちなみにGジェネFでは、ほぼすべての機体の生産に使える。しかし、キャピタルは250000。
主な装備(GジェネFの場合)、
 メガビームキャノン(バインダー状のもの)
 ビームサーベル
 フェザーファンネル
 
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する