66アクション仮面ライダー 「仮面ライダーディケイド」 レビュー。

「66アクション仮面ライダー」

mr66dcd001.jpg

試しにディケイドだけ購入しました。
対象年齢15才以上・デフォルメフィギュア・彩色済み・瞳にクリアパーツ使用となんとなく「ガンダムコンバージ」と似た仕様の食玩。ただしこちらはコンバージと違って全身の14箇所に可動が仕込まれています。
「66(ロクロク)アクション」という名前の由来は、フィギュアのサイズが約66mmだから。

mr66dcd002.jpg


ロックシードと比べるとこんな感じ。

mr66dcd003.jpg

66mmは結構小さい。
塗装が細かいです。流石に小さいので省略されている部分もありますが、この値段(400円以下)の食玩なら十分だと思います。部分塗装を加えればさらに見栄えが良くなりそう。


可動します。

mr66dcd004.jpg

……けど、実は可動範囲が狭いです。特に腕。肩が横に上がらない・上腕に横ロール軸も無し。
また、対象年齢が15才以上の食玩なので、かなり脆い作りになっています。無理に動かすと破損しそう。肩を強引に動かすと、ジョイントの根元がポッキリ折れると思います。注意。

mr66dcd005.jpg

腰…いや胸か、胸も可動しますが、干渉部分が多くてほとんど動きません。これは…激しいアクションをさせたいならクリアランス処理をしないといけませんね…。

ただ、ディケイドはアソートが少ないようで、店頭に残っている数が少なく、改造を躊躇ってしまう。田舎のイオンでも一個しか残っていませんでした。(他のライダーはそれぞれ20個以上残っているのに)
ディケイドをバラバラにするのは、まず確認・改造練習用に鎧武あたりを買ってきて色々と試してからにしよう。


ディケイドの付属品は握り手と武器持ち用の手が左右それぞれ、ソードモードのライドブッカー、手首受けの台座(?)

mr66dcd006.jpg

可動は思っていたよりも残念な仕様でしたが、綺麗な塗装・クリアパーツ使用・手首2種類付属とこの値段ならば十分な内容だと思います。(66アクション仮面ライダーの仕様は)だいたいわかった。


通りすがりの仮面ライダー。
mr66dcd007.jpg
mr66dcd008.jpg


背中に穴があるので、手頃な台座(アサルトキングダムなどの)を利用できます。

mr66dcd009.jpg

来月には第2弾が発売されるようです。カブトが楽しみ。ブランド名に「アクション」が入っているなら、もう少し可動範囲が広いとイイ感じなのですが…。造型は素晴らしいに、可動範囲の狭さが本当に勿体無い。

テーマ : 食玩 - ジャンル : サブカル

タグ : 食玩, 仮面ライダー, デフォルメフィギュア,

コメント

No title

まったく同意見です。
可動域さえよければかなり評価は上がると
思います、造型、塗装が良いだけに。

第2弾からシークレット制で
いま66コンテストって言うものもやっていたり
展開は速いですね。

No title

>ガトーさん
キャンディトイのサイト内でも盛り上げていこう!って空気なのがわかりますが、やはり「アクション」ならもう少し動かせるようになって欲しいですね。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する