ドキドキ!プリキュア(上北ふたご先生版)ゲット。

久しぶりにドキドキ系のタグとかテーマとかカテゴリ使用した記事が書けて嬉しい!
えーっと、これ!強烈な本を買ってきました、はいドン!!



dkdkhkc.jpg
上北ふたご先生版・ドキドキ!プリキュアの単行本!!!!
いや、すごい本ですよ、コレは…。まず、「ふたご先生の単行本が発行される」ってだけでも奇跡のようなお話ですよ!
ふたご先生はプリキュアの漫画版をどのシリーズも描いているのに、なぜか連載分をまとめた単行本が無い…。一応、ムックみたいな形でシリーズごとに一年間の連載をまとめたものは発売されますが、とにかくコミックス化はされません。
単行本も昔はあるにはあったけれど、これまた「ふたりはプリキュア」はコミックの内容が完全書きおろしなので、連載時の内容は未だにコミック未収録、SSは2巻が発売されない…と一体なんでここまで扱いが悪いのか疑問なほど、とにかくきちんとしたコミックが発売されませんでした。

そんなこんなでドキドキもまた「おはなしブック」で読むしかないのか……と思っていたら、なんと数年ぶりにふたご先生版ドキドキが単行本形式で書籍化!な、何故に?!いやめっちゃ嬉しいけど!!!


コミック版ドキドキは、

・一年分の連載を完全収録!
・描き下ろしの最終回も収録!
・番外編である、ありす様メイン回のお話も当然のように収録!
・ふたご先生からのドキドキについてのメッセージや描き下ろしイラスト収録!

アニメの設定資料なんかもさらっと載せてあってこれは…完全版…。まさにドキドキ&ふたご先生ファンの人のための究極の本になっています。「究極」とか「最強」とか「神」なんて軽々しく使いたくない単語ですが…これまでの扱いを考慮すると言い過ぎではないほど充実した内容の単行本です。



漫画の内容は…連載分は読んでいたので、そんなに驚くような内容ではない…いや、やっぱり強烈でした…。

ふたご先生と言えば!タツノコアニメーターの経験を活かした高い画力で描かれる魅力的なプリキュア達、少女漫画としては珍しい省略されない背景建物、メカや楽器や馬などの描写(これは完全に先生の趣味だと思う)……で、これら全てを少ないページ数に詰め込むからもう1ページが高密度。

4クールアニメであるプリキュアを放映と並行しつつ要所要所をかいつまみ、さらに独自解釈で展開されるストーリーも魅力的です。「少ないページ数で一年モノのアニメをまとめなければならない」と厳しい制約の中でもオリジナル展開を忘れない…それでいて本編から脱線もしないでまとめる漫画力。プリキュアファンならこれだけでも魅力的な作家さんなのですよ!!

さらに…常世草的にはここからがメインですが…ふたご先生と言えば恒例の感情描写「女の子同士の友情」

先生にはブレーキが存在しません。咲と舞がガチカップルと扱われているのも大体漫画版の描写からじゃないかな…。
なんというか…先生にはブレーキが存在しないのです…。ドキドキでもやっぱり暴走気味です、っていうかここ数年のプリキュアの中で一番暴走したと思います。

例えば六花ちゃん。
サイコレズ…なんて自分でも初期の頃は茶化していました。百合的なフィルターで見るとマナちゃんと六花ちゃんはオイシイ組み合わせで、そして六花ちゃんは「マナちゃんに片想いし、なかなか振り向いてもらえない」切ないシチュエーションが似合いすぎる、そしてアニメ本編2話のツバメ心中宣言が重たくてね…ついついサイコレズ扱いをしてしまう。重たいレズ娘なんてキャラは大好きだし貴重な存在なので、ドキドキの初期、六花ちゃんの存在は本当に嬉しかった。(その後、本編ではレズっ気が薄まり、まあそれはそれでお姉さん属性が増えて魅力的になりましたが)
あくまでこれらは妄想。自分の都合の良い視点で六花ちゃんを見れば「サイコレズ」なので、それは公式見解ではありません。当たり前です。プリキュアは子供たちが見る健全なアニメなのですから。そんな濃厚な味付けされたヒロインがいてたまるか!

…でも、ふたご先生版の六花ちゃんはこちらの想像をはるかに超えてきます。

まこぴーとマナちゃんの仲が良くなっていくことに嫉妬心が芽生える漫画版4話は、どのコマも強烈でした。何やってんのこのツバメ?!ってツッコミが止まりません。…詳しくは書きませんが。「ファーストバイト」じゃねーよツバメ!!ありす様がナイスアシストで解決したように見えて、実は解決してなくね?!っていうラストもアニメと同様。そりゃスッパリ解決したら六花ちゃんのマナちゃんへの想いが薄く見えてしまうもんね!

そして漫画版ではこの回の後に今度はレジーナが登場。六花ちゃん嫉妬回とは逆に嫉妬する側になってしまったまこぴーを「ロミオとジュリエット」と絡めて描くとか…なんなの百合姫連載作品なの!?

続けて読むと、濃厚な「友情」表現に脳が焼き切れそうになります。甘い…甘ったるいよ…。

しかし、先生は百合的な表現ばかりではありません。ノーマルカプだってガッチリ描きます。ただでさえ少ないページに消化しなきゃならないネームも大量にあるのに貴重な1話分をまるまる「ラケりつ」に割いちゃう!もう描きたいから描くってカンジだ!というか先生、六花ちゃん好きですね…。本編でもあった妖精人間モードのお話をラケルと六花ちゃんに焦点を当てて描いちゃってます。こちらも詳しくは書きませんが…青年モードのラケルなんてこれは5系の倒錯したお話に発展しそうだよ!


先生版キュアエースはとにかく美しい。アニメ本編でもどうせならこれくらい年上っぽい色気を出してもいいかと思いました。ツリ目で頭身高め、ポーズも威厳あるものばかりで大人の女性っぽさが溢れています。
…まあ、このキャラデザで「ニンジン嫌いですわー」の回をやったらシュールな感じになってしまうからアニメ版はあれくらいで丁度良かったのかもしれませんが…。漫画版では本編でもう少し見たかったなあ、と思っていたアダルティなキュアエースが見れて満足。「男前度」を評価されてミスコンで特別賞に選ばれちゃうキュアエースとか、アニメでも観たかったオリジナルエピソードがありました。というか先生、女の子をあえてイケメンに描いてしまう時がありますね…?


漫画版のマナちゃんはイケメン。
アニメ版でも相当なイケメンでしたが、漫画版では完全に王子様になっています。そしてジゴロ。六花ちゃんだけではなく、まこぴーもありす様もレジーナもオトシまくります。「友ハーレム」なんて謎の日本語が出てくるしまつ。おかしい…たしかに日本語で書かれているハズなのに理解できないぞ…?


漫画版の描きおろし最終回について。
……先生?!
とうとうロリキュアを超えたペドキュアが登場します。何言ってんの?うん自分でもわからん。読み直したけれどやっぱりわからん。なんでこんな展開になったのかわからんよ!なんで全員(レジ子含めて)アレッシーされてんの?!番外編のギャグ回ではなく最終決戦でコドモニナ~ル展開とは…先生にはまいるね…。


まあ他にも言いたいことはいっぱいある…例えば隙あらば背景モブに咲と舞を描いちゃうとか。ふたご先生スプラッシュスター好きすぎ問題。ラストのカットには満薫とみのりちゃんまで描いちゃってます。先生的にはみのりちゃんまで含めてオールスターなんだね…。まだまだ言いたいことがいっぱいありますが止まらなくなるのでこのへんで。漫画の紹介ってネタバレを恐れて内容に深く踏み込めないから難しい。


ドキドキの単行本が発売されて、とても嬉しいのですが…こうなると他のシリーズのふたご先生版もまとめて読みたくなりますね…。どうか過去作もドキドキみたく完全版でコミックス化して下さい講談社さん…!

テーマ : ドキドキ!プリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : ドキドキ!プリキュア, レジマナ, マナりつ,

コメント

No title

これは凄いですね、まさか単行本化とは。解説ありがとうございます。手にとって読んでみたいですね!

No title

>JINさん
ふたご先生の書籍化は貴重なので驚きました。
ただ、微妙に入手困難です…ネットだと売り切れが多かったので、結局書店で取り寄せてもらいました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する