ハピネスチャージプリキュア! 第11話 感想。

大地に実る命の光!キュアハニー!

ハピネスチャージプリキュア! 第11話 感想。

hpc1101.jpg

ここまでムッチリとしたプリキュアも久しぶり。たまりませんね。今回の感想はそんなコトしか言ってません。
うわあああああなおちゃんだあああああああああ!!!!!!!
hpc1102.jpg
hpc1103.jpg
キュアマーチだあああああ!!!!!!

なんか凛々しいな!外見だけなら本当にイケメンだなあ。
「直球勝負!」と髪の毛モフモフしてくれてありがとう、なおちゃん。出番終わったら大森弁当食ってていいぞ!
ああ、今回はごはん大好きキュアハニー加入回だから、腹ペコキャラのなおちゃんが担当…?歴代挨拶が本編の暗喩とかそういうシステムは無い?㌧。


ゆうゆうとブルー様は知り合いでした。しかも、ゆうゆうをプリキュアに選んだのもブルー様でした。

hpc1104.jpg
hpc1105.jpg

…なんで隠してたんだよ!?ゆうゆうの思考も読めないけれど、神様も不信感が募るねえ!

愛の結晶ってそういう…女の子を「女」にしちゃったんだ…。
…ん?ゆうゆうが以前からプリキュアだったということは、つまりキュアラブリーは主人公でありながら追加戦士ってことか。元からプリキュアであるプリンセスとフォーチュンと少し遅れてハニー、本編開始後に最後の追加戦士としてラブリーが加入。設定ではこの順番ですが、アニメでの加入順はプリンセス→ラブリー→ハニー→フォーチュン。「設定上の加入順と本編での登場順番が違う」という見せ方はハートキャッチやスイートでもありましたが、実は主人公が追加戦士でした、は新機軸。ハピネスチャージプリキュアは他に類を見ない変則的なチーム形成です。


ミラージュ様、どうも傷心のご様子。

hpc1106.jpg

傷つけた人は誰でしょうね…(愛を振りまいている神様を怪しみつつ)


hpc1107.jpg
hpc1108.jpg

ゆうゆうはアイドルみたく歌を歌って農業もやっている
∴ゆうゆう=TOKIO


作画がいい~って言うのも、感想じゃないよなあ、とは思いつつ、つい言ってしまう。ゆうゆうが汗をぬぐう辺りから作画が素晴らしかった。特に農作業を手伝うひめが異様に可愛く描かれています。前回の綱渡り作画と今回の丁寧な作画、振り幅がすげえぜ。プリキュアではよくあるコトなので驚きませんが。
追加戦士(厳密にはキュアハニーは追加ではないけど)加入回なので作画リソースの大量投入を感じた。

hpc1109.jpg
hpc1110.jpg
hpc1111.jpg

ゆうゆうに泥をつけてしまう、と手を引っ込めるひめが良い。ふて腐れて数分前までゆうゆうを腹黒扱いしていたくせに。可愛い。しかし、隠し事ひとつでここまで曇られても、その、重いよヒメ…。というかお前もでかい隠し事していませんか?大丈夫か?エクシアだかアクシアだか箱関連でやらかしてそうで不安だよ。


自分の家の田んぼを黴だらけにされても、すぐに武力行使せず、アメを見せてナマケルダさんに食べ物の大切さを説こうとするゆうゆう。
以前も魚料理にケチつけたヒメルダに対して頭ごなしに怒らず、芋の皮むきを手伝わせて食べ物(料理)の大切さを教えていたので、多分今回もアメをあげるところから幻影帝国側と対話をしようとしたのだろう。でも、ナマケルダさんはそのアメ玉を叩き落としてしまった。確かに、表面だけ見ればアメひとつに何をそこまで…と言われるだろうが、ゆうゆう的には最終ラインだったのでしょう。和睦が不可能な相手ならやることはひとつ。

ついにキュアハニーの変身バンクだああああ!!!!
hpc1112.jpg
hpc1113.jpg
hpc1114.jpg
hpc1115.jpg
hpc1116.jpg
hpc1117.jpg
hpc1118.jpg
hpc1119.jpg
………えろくね?!

例年通り、黄色枠特有の気合入った変身バンクでした。なんで黄色だけこんなに枚数なの!?
途中でレモネードやサンシャインみたいな動きがあったような…小ネタかしら?それと、前回ラストの謎ポーズは変身バンクの再現だったようです。

さて、ついに正式加入したキュアハニー、こいつはゴキゲンだね!なんといってもフレッシュレベルのムチムチプリキュアですよ!すげー肉感的!何あの太腿、誘ってるの?ゆうゆうお尻でっかいな!フレッシュっていうか、こまちさん以来のデカ尻キュアだ…!!ありがとう東映マン!ありがとうキュアハニーのデザインを通してくれた人!思わずテレビの前で二礼二拍一礼。


今回は二度も腋がモロ出しでした。

hpc1120.jpg
hpc1121.jpg

画面から良い匂いがしてきそうだな!規制はしなきゃいけないけれど、リビドーは抑えられないので変化球でエロス表現するプリキュアスタッフさんいいよね…。ゆうゆうはずっと露出皆無の服装だったのに、返変身した途端、この脱ぎっぷりよ…いい…。サンシャインの時のように夏(のいかがわしいイベント)を制しちゃうんだね…。

まだまだ続くサービス。

hpc1122.jpg
hpc1123.jpg
hpc1124.jpg
hpc1125.jpg
ポップコーンチアだあああ!!!!

アメリカンポルノすぎる…。朝から応援されちゃった…すげえやこの娘…。
やっぱり金髪ツインテールは反則ですね。そういえばラブさんも存在自体がどすけべプリキュアだった…。


衛星軌道から何かが…来る…!

hpc1126.jpg

空が落ちてきましたぞ…避けるのも面倒ですぞ…。
ゆうゆう、ここ3話ばかり暴れすぎだ。そろそろ手加減を…。初期個人技としては過去最大規模の演出ですね。インフレ。

ロゼッタリフレクションというか、四葉財閥の衛星兵器かと思ったよ。

hpc1128.jpg

久しぶりに「クシャポイ」炸裂しちゃったんだ…。

どうも、キュアハニーとキュアロゼッタが似た意匠(四葉のクローバー)が多いと思ったら、そもそもありす様がキュアハニーという名前のプリキュアになる予定だったそうで。

「キュアハニー」という名称は前作に登場するキュアロゼッタの初期の名称案だったらしく、前作で採用されなかったが本作で復活採用されたという経緯がある。クローバーは重要な蜜源植物であり、蜂蜜もクローバーから作られる物が多い。またクローバー(白詰草)もミツバチを頼りに受粉する虫媒花であり、両種は密接な関係にある。キュアハニーの耳飾りのクローバーマークはその名残ともいえる。

なるほどねえ。
来年以降のオールスター映画でロゼッタとハニーで合体クローバー技を出して欲しいなあ。地図が書き換わる?㌧…。


(作画力をこれでもかと使って照れるゆうゆうを見せる東映)

hpc1127.jpg
yu102.jpg

ゆうゆうあざとい…あざといっていうか…なんというか…可愛い…。でもやっぱり、どこか変な子。

正体を隠していた理由:恥ずかしかったから

…照れ屋さんがあんなポーズ考え付くか!?
結局、なぜ正体を隠していたのかはイマイチよくわかりませんが、女子中学生の繊細な心情をオッサンが理解できないのも仕方ないかな。


「ごはんを守る為に戦う」とゆうゆうは言いました。劇中ではあまりそうは見えませんが、今回の地球は戦時中。国内の流通が麻痺してて食料品が少なくなっているだろうし、ゆうゆうとしては戦時下から抜け出したいって考えているのだろう。

テーマ : ハピネスチャージプリキュア! - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : ハピネスチャージプリキュア!,

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する