雨天…中止!

tq6 (1)
数々の遠足をつぶした大悪人がやって来た!

…今年のニチアサ大悪人多すぎ問題。


tq6 (2)

設定的にシリアスにしようと思えばいくらでもできそうなのに何このギャグキャラ…!?
ガチ怪人の追加戦士って初めてかな、と戦隊の長い歴史を思い返そうとしたらさっそく去年のトリンがガチ怪人だったことを思い出した。トリンは追加戦士っていうより司令官ポジが長かったから元怪人側なこともシルバーに変身することも忘れがち。

ハーモニカ吹きながら登場、ピンポイント集中豪雨、死ぬ死ぬ詐欺、人の話を聞かない真面目なボケキャラ…それなのに変身すると雨が上がって虹が出る演出がカッコイイからズルイ。ついでに怪人態もかっこよくてズルイ。でもギャグキャラ。VSキョウリュウジャーでウッチーと一緒に死ぬ死ぬ詐欺したら耐えられない。

シュバルツが自分の野望を話す位には実力がある怪人(もしかすると幹部クラス)はずなのに、降雨能力を使って働いた悪事がびっくりするほどショボい。でも本人は大げさに懺悔しててダメだった。面白すぎる。いやもう本当ズルイ。おかしいなシャドーって結構エグい悪事働く組織だったはず…。

あ、シャドーといえばシュバルツ将軍の野望がなんだか前向きっていうか少年ハートあふれる夢ですね、シャドーなのにそのへんどーなの?将軍もまた別ベクトルで「闇なんて古いよなー」派なんですか?…こりゃまずい、シャドーライン幹部で純粋に闇が好きなのルル山さんだけじゃん。

tq6 (3)

シャドーの証である雨が止み虹が出ることで「闇の存在から明るい存在に変身した」と子供にもわかりやすく理解できるし、だからといって怪人だった過去が全て無かったことになったワケじゃなく、怪人だった時代―「雨」があるからこそ、虹がかかるという、味わい深い演出だと思います。さらに深読みすると、元シャドウ怪人なのでシャドウ=車道、誘導灯=踏切を持っているキャラ、列車と車道の交叉地点=踏切、つまりレインボーラインとシャドーラインの中間地点に立っている存在…なんてね。怪人形態もコウモリ(つまり中立?それともコウモリ傘の意匠?)だし…あれギャグキャラかと思ったらストーリー全体に関わる重要キャラなのか?!


とりあえず常世草はこの トッキュウ6号を応援したいと思います。
誘導灯とかヘルメットとかタスキ型安全ベストとか、保線区員という職業とか、個人的にタイムリーな姿だし(つーか同じ職業)ユウドウブレイカー買おうかな。エンジンブレードみたいなギミックと役者本人登場玩具CMも好印象なので。

テーマ : 烈車戦隊トッキュウジャー - ジャンル : サブカル

タグ : スーパー戦隊シリーズ, ,

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する