ハピネスチャージプリキュア! 第22話 感想。

小さなこの手に 何を願うの?

ハピネスチャージプリキュア! 第22話 感想。

hp22 (10)

いおなさんがキュアフォーチュンに正式な変身をしました。いままでは姉からの借り物の力で、今度は貯まったプリカードの力で変身。神様の力とは別の方法で変身することが今後、活かされるのかな?
うわああああああああああああああああああああああああああああれいかさんだあああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!
hp22 (1)
hp22 (2)
hp22 (3)
キュアビューティ…なんて美しさだ…。

女子中学生とは思えぬ色気。動かすことを全く考えなくてよい時の女神作画っていうのかな…あの妙に色っぽかったカレンダーの絵なのに、それなのにちゃんと動いてるってすごくない?!動作も変身バンクの名乗り部分とかOP・EDなどで印象的なポーズが組み込まれていました。
れいかさんの挨拶アクションをひとつひとつ分割して劇中の動作と照らし合わせてみると、「しんしんと降り積もる…」の動き→「キュアビューティ!」のポーズ→「真正面を向いて挨拶」→「OP、もしくは前期EDのイントロで後ろに飛びながら下がる」シーンかな?一見控え目な挨拶なようで、じっくり見ると濃密な情報量。あと「鏡」の「道」という単語がハピネスチャージ本編に出てきたので、れいかさんにはぴったりな回。だから挨拶キャラセレクトと本編の内容は関係ない?…わかってます。

hp22 (4)

あれ…キュアテンダーがファントムにやられた原因…妹のせいじゃねーか!いおなが直接の原因じゃん!ヒメルダは特に関係ないじゃん!箱を開けた元凶は大悪人ヒメルダだけど、姉の件に関しては氷川が原因じゃね!?……ああ、これは、まず自分が許せないのか。そしてどこにぶつけていいかわからない怒りが、元凶といえば元凶であるヒメルダに向けられたとか?あいつ1話の時点じゃ鼻持ちならない性格だったしなー。にしても理不尽っつーか…占いで遠まわしに嫌味を言ったり、ハブいたりした理由がこれ…?ま、でも、忘れちゃいけないのがヒメルダもいおなも14歳の女の子ってことです。お互い、思わぬ不幸で混乱しても仕方ないですね。いおな側も八つ当たりしていた自覚はあったみたいですし。

hp22 (5)
「いっぱいはごはんだけで十分よ!!」

そうか、何言ってるんだゆうゆう。「ゆうゆうちょっと黙ってて」とツッコミたくなるシーンが多い子だな!もうキュアライスに改名した方がいいんじゃないか?でも撃破スコアはハニーがトップ。釈然としない世の中です。

hp22 (6)

カードあげるから許してってお前…小学生みたいな謝り方しやがって。
ほんの数か月前まではワガママ内弁慶お姫様だった娘が、殊勝に謝ることができるようになりました。しかも、実の親や祖国の復活のチャンスを投げ打ってまで。これはヒメルダが今できる精一杯の謝罪ですね…。しかし、これで箱を開けてしまった理由がただの好奇心とかではなく、事故(サイアーク側の工作)だったとしたら、大悪人かわいそうだな。


ぐらさん可愛いよね、は置いといて、ぐらさんが提案する「願い」が物騒なモノばかりでダメだった。そして、深刻な会話をしているけど、画面はせっせと可愛いカードをファイリングしているだけというシュールさでまたダメだった。
結構恐ろしいアイテムだったんだな、プリカード…。「誰を滅ぼすか」ぐらさんといおなのやりとりは、なんだかとっても危険な予感がするぜ。まあやらないけど、今後、他の国のプリキュアがカードコンプした時に何かとんでもない不幸が置きそうな…。正確には理解できていませんが、危うい予感はいおなさんも感じたようで、今回は大災害が起きずに済んだけど…こえー。プリカード怖ー。「猿の手」みたいな願いの叶え方してきそう。

前にも書きましたが、ハンターか幻影帝国を滅ぼしても、棺にぶっこまれたプリキュアさん達やブルースカイ王国民は助からないし、全員復活を願っても、もしかすると変身能力が無い一般人が数百人復活するだけかもしれませんし、万能のようでどうにも融通の効かないアイテム。最善の道はやはり自分が願いを叶えられる力を持って自分で叶えるしかないのかもしれません。本音を言えば、墓地送りになっていたプリキュアが全員復活してオールスター映画並みに青山先生の筆が走る展開も観たかったけどね。

ということで、いおなさんはキュアフォーチュン・真に変身することを祈ったのでした。

BANDAI「その願い、聞き届けた」
hp22 (7)

…いやBANDAIが願いを叶えてやるってのはどうにも腑に落ちませんが!むしろ逆でアンタ達の都合でいおなさんの願いが歪められた感があるぞ!思惑通りになるのも癪だし、思い切ってトッキュウ6号みたく販促用のアイテムを捨ててやれフォーチュン。(ベリーソードやムーンタクトのように囮にされるタンバリン)

「プリキュアきらりんスターシンフォニー!」
hp22 (8)
hp22 (9)
hp22 (10)
hp22 (11)
「夜空にきらめく希望の星!キュアフォーチュン!」

太ももを舐め回すような執拗なローアングルでダメだった。このバンクを描いた人ってへんたいさんだな!
新たなキュアフォーチュンといっても姿は変わらず。マイナーチェンジすぎるよう…。姿は一緒でも内部スペックは違うようです、まるでRPGの後半に出てくる使い回し色違いザコでも超強いみたいな…?

hp22 (12)

「私は幸せだわ…姉から愛をもらって、友達から優しさをもらって…私もこんなふうに誰かを幸せにしたい…」
憎しみで戦っていてもアレだけ強かったのだから、愛と友情の為に戦えばもっと強くなる。それがプリキュアシステム。ところでハンターさん抜刀シーン多すぎませんかね?「この私に剣を抜かせるとは…」なんてかっこつけてたけど、ここ最近抜いたりしまったり忙しいですね。というかへし折られちゃいましたね。

hp22 (13)

タンバリンをお尻で叩くのもプリキュアでは伝統か。なんでって?いや、可愛いじゃん…?

hp22 (14)

ミラージュ様、実は今週、妖精の一言で貴女の国が滅ぼされかけてましたよ?幻影帝国はプリカードコンプであっさりと消される可能性もあるのでもう少し慎重になったほうがいいと思いますよ。 予告の「誤解がこじれた二人」って、一瞬ミラージュ様と神様のことかと思ったが、ひめといおなのコトか。 いや、ここは両方の意味がかけてあるのかもしれない。ブルー様といい、ファントムといい、ミラージュ様って面食いなんですね。まだまだイケメンとかチョコパフェとかマジに夢中になれる年頃なのかも。


これにてハピネスチャージプリキュアが完全集結。

立ち位置は2号だけど、もしかしたら最初に覚醒したプリキュア、キュアプリンセス。
主人公より少し前に覚醒するも、しばらく活動が謎だったので扱いが3号のキュアハニー。
主人公でピンクチーム枠だが、ハピネスチャージ内では最後の覚醒者、キュアラブリー。
ラブリー、ハニーよりも覚醒時期は早かったように見えて実はもぐり。本当の覚醒は今回という、4号のようで1号のようなやっぱり4号だったキュアフォーチュン。

……今期のプリキュアは背景が少々ややこしいな!

テーマ : ハピネスチャージプリキュア! - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : ハピネスチャージプリキュア!,

コメント

No title

>まるでRPGの後半に出てくる使い回し色違いザコでも超強いみたいな…?
的確だけどひでえwww

長らくこじれていた大悪人といおなの関係が、今回でやっと良い方向に向かいましたね!
これでキュア戸松の女児人気もネットでの評判も安定する、はず・・・・するよね?

No title

>これでキュア戸松の女児人気もネットでの評判も安定する、はず・・・・するよね?
女児先輩たちは紫色で強ければそれでいいみたいだし…
ネットでの評判はこれからポンコツ…いや可愛くなっていけばいくらでも巻き返せるし…問題ないかと。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する