ハピネスチャージプリキュア! 第23話 感想。

気が付けばヒメルダと3人のママという構成になっている!

ハピネスチャージプリキュア! 第23話 感想。

hpc23 (19)

いおなさんの強がり仮面が取れて、露わになった姿はなんと主婦、というかおかーさんでした。またヒメ用の疑似代理母キャラか!
前半はビクビクしていましたが、後半のヒメルダ・ウインドウ・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルースカイは気が大きくなっていたように思える。元々フォーチュン(いおな)とは古くからの知り合いだったので、気まずい空気が無くなったらめぐみちゃん達と一緒の時よりも伸び伸びとできたのかも。…いや、懐いた相手にはいつも強気になってたか。
うわあああああああああああタヌキだああああああああああ!!!!!
hpc23 (1)
hpc23 (2)

稲上作画で声も当時そのまま、めっちゃ可愛い!!
「絶好調ナリ」以外でナリって初めて聞いた気がする。ここであっちゃんがTwitter上で反応しててダメだった。ンモー、オリエと温子は何かあるたび告白するー。「もう咲ったら…!」


元カノvs今カノ。

hpc23 (3)

「なぁるほど(アレが今の女ね…)」一瞬で見抜くミラージュ様。
めぐみちゃんが愛を唱えるシーンが「駄目男に騙されたことにまだ気付いてない女が過去の女から男を庇っている」的なシーンにしか見えなかったよう…。表面では健全な恋愛要素を書きつつ、裏でドロドロしたもの書くつもりですね成田先生…。包んでるオブラートが分厚いだけで昼ドラだこれ。ミラージュと神様はどういう関係?とリボンさんが聞いたのに「今は…敵だ」で遮断するのも怪しい。(ぼかして説明しない神を疑うことを、この時のめぐみちゃんはまだできなかった…)

hpc23 (4)
hpc23 (5)

目からビームは元プリキュア伏線、なんてね。
このシーン鏡の向こうだけじゃなくてミラージュ様の部屋まで滅茶苦茶になっててダメだった。さらにその後、チョイアークさん達が地道に復旧工事していて耐えられなかった。

hpc23 (6)

この流れでサブタイトルがお使いなんだ!?どうかしてる。
タイトルコール部分にデフォルメフォーチュンが追加されました。追加戦士加入手続が順調に進んでいきます。よし次はEDダンスだ。


ニチアサにあるまじきエロウェイトレスさんの群れが現れた!
hpc23 (7)

このアンミラみたいなコスプレはどうだい!?こんなえっちなパティシエ衣装があってたまるかてんだ!…冷静に考えたらそもそもどこがパティシエなのこれ?!まったく上ケンおじちゃんにはまいるね…。この直球スケベめ!最高!ありがとう…!!今回、どのシーンも綺麗な作画だし、隙あらばえろい絵になるし、見応えあるなあ!

「かぁーっ!ケーキ用のフルーツがないわー!誰かに買いに行ってもらわないとだわー!」って感じの三文芝居っぽいリアクションでしたがどうなんだろう?まだ距離感のあるいおひめの為に仕組んだめぐみちゃんとゆうゆうの露骨な誘導だったのかな?「仲直り作戦」ってサブタイだけど、案外何も考えてない可能性もあるが…あの二人は何を考えているのか、そもそも何か考えて動いているのかすらわからん…。
ヒメルダのコトをいちいちフルネームで呼ぶいおなさんで笑ってしまう。寿限無かよ。新手の嫌がらせかと思いきや、ラストの「名前呼びイベント」を盛り上げるためでした。

hpc23 (8)

mktnせっちゃん買い物回(通称・タコ回)を思い出す、この微妙な距離感と気まずさ!
会話が思ったほど膨らまなかったり、会話を引き伸ばすのに鉄板のようで地雷な話題を振ってしまったり。予想通り、いおなさんはシスコンでした。


「お得よ!」
hpc23 (9)

王族対庶民。
これも予想通りっつーか期待通りっつーか。毎年恒例、「孤高の紫戦士の意外な一面」クールな見た目だが仲間になるとポンコツ化しちゃういつものアレ。いおなさんは庶民的で所帯染みた女の子でした。ポンコツというよりむしろしっかり者なんですけどね。ゆりさん系。…そういえばすっかり特売キャラ(?)扱いのゆりさんですが、よく思い出したらこれといって直接的な生活苦な描写はないんですよね。ただいつの間にか自然とそんなキャラ付けが…理由はまあ…わかるけど。

値引きクーポンの期限がちょうど今回の放送日までとか、棚に並ぶ商品名(米の銘柄)とかに若干のお遊び要素あり。今回は随分と作画作業に余裕があるとみた。

hpc23 (11)

主婦っていうか最早おかーさんだこれ。ヒメ以外全員お母さんキャラのおかーさんハーレムアニメか!

氷川さん → ひかーさん → ひ母さん
いおなさん → いおかーさん

これでもかと販促アニメなのに、プリキュア関連グッズを余計なもの扱いとは蛮勇すぎるぜひかーさん!スポンサー的にはそれ必要なものだよ!結局、スナックを買ってあげるあたり、このお母さんも娘に甘々のようです。

hpc23 (10)

全108種類+αのプリキュアのカード…。なっとうぎょうざ味…。
納豆餃子ネタまだ使うのかよ!スマイル、ドキドキ、ハピネスチャージと何気に3年も使ってんな…スタッフ的にツボなのだろうか。えーっと約80円前後で内容量は見た目から20gだとして、被りとシークレットなしで考えても全部集めるのに8640円、ポテチを2kg以上食わないといけないのかー…。全コンプするには納豆餃子味のスナックを最低100袋以上、残さず食えと。そして不法投棄するとブロッサムさんが悲しむと。そんな中の人絡めたちょい風刺ネタ、ピクシブで描かれるのはわかる。

しかしヒメルダ・ウインドウ・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルースカイはいつも高級食材ばかり買ってたのか。あらためて大使館の運営費はどこから出ているんだろうな。序盤では貧乏国だと思っていたが、ヒメが散々浪費してもまだ大丈夫なところを見ると結構な額が動いているようだ。あ、でもお祭りのお小遣いは三百円までだったな。よくわからん。リボンさんの家計簿がしっかりしてるのかも。
実は世界のプリキュア版権管理はブルースカイ王国が行っていて、プリキュアスナックなんかは大事な収入源だったりして。ブルー様が元締め…?ヒメルダ・ウインドウ・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルースカイの生活費はそこから出てるのか…?そんなこととも知らずにヒメルダナンチャラカンチャラさんはレアカード引き当てて中身が増えてたよ…もしそうならマヌケすぎる構図だぜヒメルダ・レアカード・デター・オブ・ザ・ナットウギョウザさん。

……プリキュアスナックを買うとプリキュア側にもいくらかお金入るのかな…遺族年金機構に渡って亡くなったプリキュアの遺族に少しくらいいくと良いのだが…。なんか悲しくなってきた。


(能天気にも増えるヒメルダの中身のヒメルダ)
hpc23 (12)


いおな「アクシアを開けた時のこと聞いていいかしら」
ひめ「今スナックのカードを開けた時と同じ感覚です…」

……じゃなくて、やっぱり箱の中から働きかけがあり、開封してしまったようです。
やっぱり厳重管理していなかったブルースカイが悪い、もっといえばちゃんと解決せず閉じ込めた神が悪いです。

hpc23 (13)
hpc23 (14)

もういちいち言わなくてもいいとも分かってますが、今日の画コンテ、キレが良すぎる。戦闘パートもこの通り。卵で板野サーカスしたり(すごい日本語になっちゃった)小型サイアークをチョイアークの群れの中に隠したり。

hpc23 (15)

1話とは逆の構図で、今度はフォーチュンを助けるプリンセス。戦いの舞台も1話と同じ?
「天空に舞う、蒼き風!ヒュッ」の部分にも攻撃判定あったんだ!?プリンセスは雑魚マシンガンよりそのレイガンもどきをメインに使ったほうが戦績良くなるんじゃあないかな。

hpc23 (16)
いおひめキテル…


「パインアラビアン!」
hpc23 (17)
「プリキュアオリエンタルドリーム!」

プリカード使用技を初披露するフォーチュン。フォームチェンジしてもお尻タンバリンするんだ…フォーチュンはケツを酷使する戦闘体系ですねえ…。

ところで贖罪のためにカード全部渡したハズだけど、ヒメルダ・ウインドウ・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルースカイはフラダンスをヘソクリしてたのか?マカダミアフラダンスはまだしもなんでパティシエなんかも残っていたんだろう?……もしかして前回いらないカードだけ押し付けたんじゃねえだろうな、元大悪人!
今回描写された氷川さんの性格から、戦闘に使えるカードは願いに消化せず残しておいたと見た。(そのほうがお得じゃない!) もっとわかりやすく考えるとフォーチュンのファイルが埋まる分だけヒメルダ以下略から貰ったカードを使い、何枚かは残ったのでヒメに返却したのかも。

hpc23 (18)

肩赤だよめぐゆう。バンクに頼らない名乗りがある回は演出が細かく濃い回、みんな知ってるね。


よい加入話でしたね…でしたけど…それより神とミラージュ様のドロドロのほうが印象強く残っちゃってるよ!「敵だ…」って…新しく手なずけた女を使って昔の女を始末させようって感じにしか見えんぞ地球の神。少なくともミラージュ様はそう取ったようだぞ。まあまだ推定無罪なうちから神の悪口言うのもイカンな、と冷静になろうとしたら次回予告で誠司が寝取られててダメだった。おい神。

「今年は恋愛要素も入れる」と聞いた時は、めぐみちゃんとひめと誠司が恋と友情の間で悩む爽やかな青春恋愛がメインになると思っていた。 クズ大人に幼馴染を取られて曇る好少年という展開だった。おい成田先生。



今回はほとんど出番がなかった主人公めぐみちゃんについて少し考察…いや妄想してみる。

めぐみちゃんはメサイアコンプレックス持ち?自分のコトをさておいて他人に尽くしたがる子なんですよね。その性格から誠司は完璧すぎてめぐみちゃん的には「つまらない」=恋愛対象にならないのかもしれない。逆に駄目な部分のある神に惹かれてしまう。そういえば「めぐみがいてくれて良かった」はめぐみちゃんには的確すぎる落とし文句だと思う。

コンプレックスの原因は完璧すぎる誠司が近くにいたせいもあるかなあ…?自分には何もない、自分は空っぽ、他人を助けることでアイデンティティを保つ。でも近くになんでもできる誠司がいる。よく考えたらめぐみちゃんって誠司のことが嫌いなんじゃねーの?初めの方で母親が誠司の食べっぷりか何かを褒めていた時にめぐみちゃんには珍しく憎まれ口を叩いていた。今までめぐみちゃんが人の悪口を明確に言ったのってこのシーンだけ。深読みだろうけどめぐみちゃんのコンプレックスをこれで示唆してたとすると、細かい。

流石に強引すぎるな!

あれは、めぐみちゃんにしては珍しく憎まれ口を叩くくらい、誠司と親密な仲だとわかりやすく見せるためだよね…。

テーマ : ハピネスチャージプリキュア! - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : ハピネスチャージプリキュア!,

コメント

No title

いおなにまでカーちゃん属性がww

次回で神へのバッシングが酷くなるか緩和されるか見物ですねw

No title

>次回で神へのバッシングが酷くなるか緩和されるか見物ですねw

まだ推定無罪だった…
かなりグレーですが…
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する