スイートプリキュア♪ 第5話 感想。

ドタバタ! テレビレポーターに挑戦だニャ♪

スイートプリキュア♪ 第5話 感想。

suite5 (10)

事故チュー。
suite5 (1)

スイート名シーンのひとつが早速来たな…。 何ナチュラルにアクシデントついでにキスしてんのこの子たち…。事故?偶然?ならまあいいけど…。…いや待て、事故だったら恋人繋ぎしねーだろーが!!こいつら戦闘に託けて隙あらば友情してますね。

suite5 (2)

不発・失敗バンクをわざわざ用意するという東映の本気。(実はパッショナートバンクはバリエーションが豊富)今回、劇中で初めて「ハーモニーパワー」の説明が入りますが…ハミィさんふわっふわした説明…。ようは愛する二人が身体を重ねれば無敵っていうエロゲーもビックリなポルノシステムです。「ヤろうよ響」ってああ、そういう…。


マリアさん初登場。
suite5 (3)

このように北条家は母親不在なので食糧事情はかなり悲惨(お嬢様なのに即席麺)やはりこの家には奏さんが必要です。ああパートナーってそういう…。ひびかなは親公認の仲だし、さっさと籍を入れちゃえって思う。

suite5 (4)
suite5 (5)
suite5 (7)

カメラの前でも平気でイチャイチャしてるなあ。…なんていうか、たおやかは百面相で実にたおやか。放送から数年、様々な場所で見たことある(例の顔)のカットが多くて耐えられない。響は普段はガサツな癖に、一瞬だけ「髪の毛整える」など細かいアクションが女の子でドキッとさせられます。たおやかが荒ぶるのも分かる。王子先輩は「ひびかな見守り隊」の隊長。王子先輩「ひびかないいよね」加音町のみなさん「いい…」


suite5 (6)

この頃からギターを持っていた駄猫。不幸のメロディ版でも流しスタイルが好みか駄猫。
猫のわりに面白い衣装センスなんですが…結局選んだのがCM明けのアレっていう…。おいたん共々、ノイズ様の洗脳は性格までは変えられないようだ。ちなみに和装は映画でやや強引に採用されます、可愛いので是非観てやって下さい。


(響の凄い跳躍力)
suite5 (8)

※最終的に生身でも100メートル超飛べるようになりますが無害です。


(エレンの黒歴史)
suite5 (9)


メロリズ状態でもキテル…
suite5 (10)

これぞハーモニーパワー。これまた例のシーン。
ハーモニーパワーが高まってきたところですが、パッショナートは一旦お休み。来週からはベルティエが活躍します。…これまた色々と暗喩が込められた武器だと思ってる…。


そして来週は皆大好きアコちゃんが初登場します。
今回、ちらっと町の開祖の紹介→そして次回アコちゃん登場→さらに音吉さん登場という流れ。1週目ではアコちゃん&音吉さんの正体は隠されているから分からなかったけど、観直してみるとこの辺もしっかりとした構成になっていて感心。

テーマ : プリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : スイートプリキュア,

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する