これがタカラの新商品だ!

部屋を整理していたら、謎玩具を発掘。
小さくデフォルメされた戦車の玩具です。プルバック走行・旋回可能・砲塔回転・BB弾発射可能・カスタムパーツありとなかなかギミックが凝っている。見た目はこんな感じ。

btuk (1)

ガールズ&パンツァースイングの秋山殿でサイズ対比。7センチ×7センチの箱型、独特のデフォルメバランス。なんだっけなこれー…ボンボンぽいねー。裏側を見たら旧トミー製と判明。よく調べると「ウォーウォータンクス!」というブランド名の「ブッタンク」という玩具でした。し、知らねー!でも買ったのはたしかに俺自身。店頭でパッケージ買いしたんだろうな…。

履帯がゴム製で、しっかりと「走行」します。チョロQサイズの玩具なら履帯はダミーで、走行ギミックは普通の4輪プルバックゼンマイに頼りそうなモノなのに…この玩具を開発した人は戦車に相当こだわりがあるようです。なんで戦車好きはこうもバカが多いんだ!(褒め言葉)だってこれ、発売当時(2000年)700円で売ってた商品ですよ?昔の玩具の採算度外視な無茶っぷり、大好き。

btuk (3)

ブッタンクはキューポラからBB弾を補充します。で、写真ではスイング華さんを強引に突っ込んで…るように見えますが、たまたまサイズがピッタリ。スポっと嵌まってしまいました。玩具間でこういう時空を超えた偶然はよくあること。

btuk (2)

ボンボンっぽいと書きましたが、本当にボンボンで漫画版が連載されていたようです。やっぱりお前かボンボン!楽しげ&怪しげなホビーを作るなあ!子供向けなのに細部が妙にマニアック、これ本当に当時の子供は喜んで買ったのだろうか…?履帯の張り具合まで調整できるからねこれ。がんばりすぎて逆に子供ウケ悪かったんじゃあ…。

知名度がないような、あるような、やっぱりないような…。一部の人間だけが今でも存在を覚えている、「埋もれた玩具」たまにはこういうアイテムを愛でるのも良いですね。すげゴマ…バトルスキッパー…お前はいまどこで戦ってる…。


もうひとつ発掘。

mstmiae.jpg

BIG SCALE MOBILSUIT IN ACTIONの「マスターガンダム」
こちらはそこまで埋もれていたアイテムではありません。2004発売、実際に入手したのは3年ほど前の秋葉原中古ショップ。正直、可動はダメだし見た目やプロポーションも良くない微妙なアイテムですが「大きなサイズで完成品アクショントイのマスターガンダム」とカテゴリ部分には貴重さがあるか。差し換えせずにノーマルモードにできるギミックは魅力的です。

…で、これについて特に書きたいことはなく、「ROBOT魂 マスターガンダム」「S.H.Figuarts 東方不敗」が一般店頭にて2015年1月発売決定というニュースが嬉しくて、その話をしたいがためにきっかけに撮影。もっとも、発売決定しただけで実物を見たワケではないのでこれといって書くことはないです。ただただ、待ったとしか…。師匠5年くらい待った。ようやく…ようやく発売ですね!

テーマ : フィギュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : ガンダム, ガルパン, , ROBOT魂, S.H.フィギュアーツ,

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する