Go!プリンセスプリキュア 第4話 感想。

きららの夢は夜ひらく。

Go!プリンセスプリキュア 第4話 感想。

gopp04 (1)
キーボードで「トゥインクル」って打ちにくいよね。「toluinnkuru」と打ってもいいけれど、「twuinkuru」「toxuinkuru」でもOK。「twu」や「toxu」でトゥになるって最近知ったとは恥ずかしくて言えません。一年打つのだから最初から単語登録しとけ?㌧。


さて、待ちに待ったきららちゃん回。外見とちょっとした台詞とイメージだけで「こいつはウリをやってるビッチなプリキュアだ!!」と……は流石に決めつけてはいないけれど、何かこう、いままでとは違うアダルティなオーラ(キャラデザが、ではなく佇まいが)が感じられて表舞台に出てくるのが楽しみでした。で、お出しされた料理がこれっていう!なるほど。……なるほど…。なるほどねえ…!!完結にまとめると「将来設計をしっかりしていて、場の空気に流されない確固たる信念を持っている女の子」でした。…やっぱり大人だったわこの子。


gopp04 (2)

OPの口上が担当回の人で別だったり、このシーンで毎回キャラが増えていくので、なかなか飛ばせない。


「指定のジャージは正直ダさいなぁ(笑)」
gopp04 (3)

プリキュアはおじさん(おじいちゃん)集団が作ってるアニメだけど、ノームコアなんてワードも使うんだね…と感心。いや、女性スタッフもいっぱいいるだろうけど!フェアリードロップとか…こう…プリキュアで「オシャレ」がキーワードの時って苦労してるんだろうな…って思うほどダサい時があるからさ…おじさん達の精一杯の女の子オシャレ描写がつらい…っていうか…でも、最近は女児アニメライバルが多いから頑張るのかな?!フェアリードロップの販促があるから大変なのだろうけど、mktnレベルのオシャレ服に戻して欲しい。まあスタイル良い子が子供服を着るアンバランスなエロさを楽しめば良いのだろうけど…奏とか、あの性格と見た目であの女児服はマニアックすぎた。



きらら回に見せかけたデート回来たな…。

gopp04 (4)
gopp04 (5)

世間知らずのお嬢様がデート中に庶民の食暮らしに触れて感動、さっそく定番イベントですか会長。祥子様じゃねーか!よし次はジーンズを買ってもらえ。はるはるとみなみ会長は絶対学園内で噂されてると思う。放課後一緒に行動しすぎだよ!はるはるは他に友達いるけど、会長の友達ははるはるしかいないから、放課後は1年の教室へ一直線なのだろうな…。同学年に友人作っておかないと後々苦労するぞ…修学旅行とかで。

どうもみなみさんは思ったより気が強いわけではないっぽい?規則の外である私生活だと流されやすいのかな。ふんわりとした思いつきのファッションショーに行くのになんの疑問も挟んでなかったし。友達と出かけたのが新鮮で楽しかったので、プリキュア勧誘を口実に外出した可能性もあるか。……せっちゃんエレン等の異世界人じゃあるまいし…ドーナツに感動って、どんな人生送ってきたんだ。 はるはるは会長からプリンセスの基礎を学ぶように、会長は逆にはるはるから友達というものを学んでいくのかもしれない。とりあえず、はるはるに付いていき、一般的な感性を身につけましょう。ただし、はるはるはリアクションが大きいから参考・真似はほどほどにししておいたほうが良いけど。狸インコワンコの「え~!?」っていう天丼リアクションに必死に合わせて付き合う会長kawaii!「しつこい」って叱られてシュン…となる学園のプリンセスkawaii!!

…この親しみやすさで何で恐れ多い存在になってたんだ。

会長として発言する時と素の時は印象が違うのは、やはり友達作るのに慣れていなくて距離感が掴めず、とっつきにくくなってただけか。周囲も勝手にイメージ膨らませてるし。理由は違えども、会長もきららちゃんも共に近寄り辛いオーラが出ていますね。しかし、そんな壁を物ともせず、パーソナルスペースにさっと潜り込むはるはる。ピンクキュアに相応しい、人たらしスキルが備わってるようです。

gopp04 (6)

怪物に生身で立ち向かう娘はちょくちょくいましたが、いきなり重機操って敵を出し抜くプリキュア初めてみた。 行動に迷いや躊躇がいっさいない子だ…。本当に小学7年生?

gopp04 (7)
gopp04 (8)
gopp04 (9)

毎年黄色の変身バンクは…おかしいな!伝統だけどさ! 流し目がゾクっとするくらいエロすぎる。これを日曜朝に流す東映さんにはまいるね。

gopp04 (10)

フローラは花畑、マーメイドは海辺と、初戦闘エリアが名前に合わせてありましたが、さて星の輝きを意味するキュアトゥインクルの場合、バトルステージをどう表現するのかと思ったら…なるほど、スターが立つ舞台、そして夜空をバックにクレーンを駆け上がってから流星キックか…演出巧いですねえ…。重機大活躍!


gopp04 (11)

きららちゃんが置き引きしたのかと思ったけど(でもちゃっかり撮影には使うあたり、ちゃっかりしてますが。さらに鍵もアクセとして使う手癖の悪さはあるね!)パフュームもキーも不思議パワーでワープしてきたって解釈でいいのかしら?運命に選ばれたといえば聞こえはいいが、夢・私生活・本業を圧迫するし、どこまでも追いかけてくるし呪いのアイテムだぜ。……まさか、カナタ王子が楽屋に忍び込んでアイテムを仕込んでるワケじゃあないよね…?パンク三下おじさんや褐色王子がうろつく楽屋裏。不審者が入りすぎ問題。…そういえばパンク風カブキマンは結局3人全員の覚醒を手助けしちゃった…。今のところプリキュア側の一番の味方です。


gopp04 (12)

冷めてるようで熱い夢を持ち、現実的で要領も良い、とかなりの優良物件プリンセス候補でしたが、しかし今週は加入せず。とりあえず、ドライでアンニュイでマイペースでダウナーなプリキュアが誕生しました。ダウナーと言いましたが、興味が無いというより優先順位の差があるってだけ。夢と目標とやるべきことがしっかりと決まっているので、片手間でプリキュアはやれない(今はプリキュアとして世界を守ることが目標ではない) また新しいタイプの娘です。自己確立してるから、その場の勢いに流されてプリキュアにはならない。しかも(マイペースではあるが)自己中なわけじゃなくちゃんと人への気遣いもできるっていう。仮にも社会人、3人中である意味一番大人か。……本当に13歳なの?

時間さえあれば基本フレンドリーで険がなくてコミュ力も高いようですし(ドーナツの差し入れに自然とお茶を用意したり)自分の夢に全力投球しててバッファが無いからプリキュアをやらないだけで、面倒くさがり・やる気が無いってことではない。他のことにかまけてて叶うような甘い道のりじゃない、「大した夢」だからね。そういえば、うららやmktnもオーディション犠牲にしてプリキュアやるというエピソードがあったな。まこぴーはPがダビィさんだったから、なんとかごまかせてたが。

あれ?

一見すると我が儘で、でもコミュ高くて、我が強くて、流されないで、夢を持っている……あれ、もしかしてきららちゃんってみなみ会長は真逆の性格なのか?そういえば会長の夢、まだ聞いてないな!これは今後のテーマかしら。


これできららちゃんが正式に加入するとなると、自然と学園内でも3人の交流が増えます。事情を知らない者から見たら、さぞかし奇妙なグループだろう。入学早々、学園のヒエラルキー上位2人を配下に置くはるはるは、類稀なプリンセスの素質があるのかも…。きららちゃんはともかく、会長はもう少し庶民の生き方・コミュ力を上げないと苦労するぞ。行動力のある狸とマイペースな黄色…今まで自分の周りにはいなかったタイプがみなみ会長を襲う―!!

gopp04 (13)

今回の細かなキテルポイントは、「プリキュアに誘う為に私のファッションショーきたんだ…」ってちょっとガッカリしてたシーン。きららちゃんも暇さえあれば友人を作りたい?

テーマ : Go!プリンセスプリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : Go!プリンセスプリキュア,

コメント

はるはるからドーナツ差し入れされた時に、自然に2人分お茶を買ってるシーンで「根は良い娘なんだな」と思わせる描写は上手いなと思いました。

自分の夢に対する優先順位が高いせいでドライな印象を受けるけど、思いやりとか気づかいが無い訳じゃない。

変身アイテム持ってると変なヤツらから狙われるよって言われてあっさり返却するのもお約束破りではあるけど、普通に考えたらそらそうだよな。
まして夢に向かって全力で取り組んでる彼女からしたら、そんな余計なトラブルに関わってられないだろうし。

「どうせ大した夢じゃねえだろ!」
「大した夢だよ!」
の迷いのないやりとりはスゴくカッコよかった。

No title

>はっさくさん
無報酬で世界平和のために戦えって言われても、そりゃ断りますね。最近は素直な子や自己犠牲が平気な子が多いですが、そういえば初代は嫌々プリキュアやってました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する