Go!プリンセスプリキュア 第6話 感想。

玩具の販促をしているアロマを振ると嫌がるよ!

Go!プリンセスプリキュア 第6話 感想。

gopp06.jpg
※アロマは偶然にもバンダイ商品の使用法を説明していましたがバンダイ社とは全くの無関係です。

販促と状況説明回なので、特に書くこと無し。

・先代のプリキュアがいた
・ドレスアップキーは12個
・王子が抵抗運動を続けている
・王子がはるはるを覚えていた
・むしろ運命を感じていたのは王子のほうだった

大事な点はこんなところか。

gopp06 (6)

謝罪から入る・情報を出し惜しみしないあたりに好感が持てるカナタ王子。
アバンで森の中にいたけど、湖で魚釣って洞窟に潜り、掻い潜ってプリキュアと通信しながら抵抗活動を続けているのか。まるでベトコンだな王子。


例年通りのスケジュールで映画宣伝OPに差し換えられました。この一瞬で歴代ファンの心を掴むカットがずるいよね。今年はオールスター映画としては破綻(なにせプリキュア40人)してるだろうなあ…歴代プリキュアはほぼ台詞無しで、アニメちょろっとやって後半CGダンスのみだろうな…さすがに観に行かなくてもいいかな~と思っていたら、

gopp06 (2)
ココのぞ!?

ええええ!?今更この2人の掘り下げが来るの?!そもそもココが人間体になるの、DX2以来!?それとここだけ作画綺麗!まさか女神担当か!?他のシーンとタッチが違いすぎるよ…(というかキスシーンだし)どんな映画なのコレ…。

gopp06 (1)

スマイルチームのギャグっぽい登場とシリアスなフレッシュチーム(まさかのイース姿せっちゃん)も振れ幅が大きいし…これでメインは歌とダンスというのだから、どんな映画かさっぱりわからない。のぞみさん一般人から本物のプリンセスなった人だから、今年のテーマに合わせて出番多めなのだろうか。気になる…気になるけど、宣伝映像だけで5とフレッシュの見せ場を全て観ちゃった可能性もある…。


gopp06 (4)

第二生徒会室は会長の許可がないと副会長ですら入れないようにしてあると思われる。それ、ちょっといかがわしすぎませんか…?絶対何か噂が立つよみなみん。薔薇の館だもん。

gopp06 (3)

新谷真弓をガイナ以外のアニメで見る…いや聞くとは!久々の「変な声」がいい…癖になる…。久しぶり、と言いましたが最近だとキルラキルの蛇崩ちゃんとかやってましたね。…あ、トリガーはガイナじゃなかった。紅茶を淹れられなかったはるはるを見捨てなかったあたり、いい先生。まずは紅茶の蓋から始めましょう。

グランプリンセス?ラストニンジャ的な? そんなふわふわした単語でイマドキの子を釣れるとでも? …一人だけ乗り気でした。はるはる以外の二人は特に目指す理由は無いけど、でも協力してくれそう。何せ、努力してるはるはるを間近で見れるワケだし。可愛いたぬきを可愛がれる。妖精猫や異世界の王子様が出てきたのに、まるでテンションが上がらないみなみさんときららちゃんですが、はるはるが表情変えるとテンション上がるってのが面白い。


gopp06 (5)

画面からものすごいプレッシャーを感じる…。
声も見た目もガチンコで怖すぎるよう…放送時間と対象年齢を考えて下さいハマーン様。


gopp06 (7)

特に興味は無かったけれど、はるはるが「グランプリンセスになりたい!」の一言で全力で動き出す二人。プリキュア3人が競い合ってグランプリンセスを目指すというより、お姉さん達ではるはるを育てるって感じか。みなみさんもきららちゃんも先を歩いてるのに、はるはると手を繋いで横を歩きたがるから困ります。戦闘でも、「うちのフローラ!」「遅咲きの花ほど…」とか、べた惚れ過ぎる。人が来る心配もない部屋も用意しちゃったしね…人目を気にせず可愛がれるね…。たぬきは檻に閉じ込めちゃおうね…。


遅咲き、つまり咲くことは確信しているワケですね。 前回、バレエが少しだけ上達したという描写があったから、教えれば育つということが分かってるようです。

テーマ : Go!プリンセスプリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : Go!プリンセスプリキュア,

コメント

ちょっとした感想を幾つか。

・一昨年のキングジコチュー、去年のクイーンミラージュとユルいデザインの首領が続いてたので、ディスピアの普通に恐ろしいデザインは個人的には好感触。
パッと見はクイミラやデューンみたいな人間タイプの首領に見えるけど、腕のフォルムなど所々が人外チックなのが良いですね。

・カナタ王子、見た目がブルーや岡田並みに胡散臭かっただけに、喋ったら普通に好青年だったので逆に驚き。
めぐみと誠司は劇中明確にくっつくことがなかったので、はるかとカナタには是非ともお幸せになってもらいたいですね。

・今度のオールスターはダンスがメインっぽいから観に行かなくても良いかな〜と思ってましたが、OP映像見てたらどんな映画か読めなくなってきて気になってきました。
スマプリ勢は相変わらずブレねぇなとは思いましたが。あの娘ら良くも悪くも安定してるっていうか、意外性はない娘たちですよね…

No title

>はっさくさん
「ドレスアップキーに導かれ出会った」と話すシーンがBGMも含めて壮大で、たしかにカナタとはるかのカップルに運命を感じました。
敵デザインは子供が怖がるからあまり恐ろしく作れない、なんて話もありましたが、ボスはこれくらい威圧感が欲しいですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する