ダークカイト。

ともみー!!!お前がダークナイトだったのかともみー!!!!!!!ムショで兄ちゃんが待ってるぞともみー!!!!


勢いでめっちゃ悪口書きそうなので、一言でまとめよう。

ダークナイトってタイトルだけど、元ロビンがジョーカーだったってオチのバットマンだった。

……なんだっけ?アメコミであったよね。バットマンそんなに詳しくないからあやふや。


がっくりです。
昨日も書きましたが、今、リアルに鬱な上に休暇も少ないので極力、娯楽から毒を受けたくないのに大ダメージです。3年やってこのオチかい!彼女が懐妊&病気発覚。でもこれで父と打ち解け始めて、これからって時に何もかもぶち壊しのバッドエンド。なんじゃこれ。元旦SPの「ボマー」で「容疑者甲斐亨」と指名手配されて、あれは冤罪だったけど、ある意味では当たってたという。酷い。マジ酷い。

あれ、じゃあ……あの事件とか、あの事件の合間にもダークナイトとして私刑してたの?!ってなりますよね。相棒って再放送が多いから、穿って観ちゃうよ…。加藤清史郎君の回を再放送で観てもこれからは冷めた目で観ることになるなあ。初期は若者特有の狂犬キャラだったけど、いつの間にか大人しくなってたのは、飼い主である右京さんの躾が良かったからではなく隠れて裏で噛みつく獲物を手に入れたからなのね。他でガス抜きしてたから大人になってるように見えただけ?それを右京さんは見抜けなかったの?ううーん…あんまりだ。3年分のドラマ全体に泥を塗ってどうする。意味がわからん。

せめて1シーズン間だけでも単発回と「ダークナイト」の話を同時進行させておけばちゃんと盛り上がる最終回になったと思う。唐突過ぎるって。かんべそんの退場も唐突で酷いって書いた覚えがあるけど、今回はマジで唐突。ともみ…いやカイトが偏った正義感を持っていたなんてそんな描写あったっけ??交番時代にストーカー犯に拳銃を向けたアレを伏線とでも?…そういう大人げない態度などを「自分は警察官として間違ってました!」って右京さんに謝ってたじゃん!!で、カイトくんの反省を聞いて「「貴方には一生手に入れられないものを彼は持ってます」と石坂浩二に言って勝ち誇ってた右京さんは道化じゃん!


いっぱい悪口書いても気分は良くならないので、楽しいことを書こう。


史上かつてない程ダメージを受けてる右京さんが新鮮でした。あの右京さんが自分に愛想がついたって相当です。自分の正義が原因で人が歪んじゃったからね。傷心のままパリに行って、あの奇抜な右京さんになっちゃうんだ…(右京違い)

ともみ(カイト)が一周回ってサイコパスキャラとして考えると、箔がつくか?
右京さんをあそこまで追い込んだことや、隠れて犯罪をこなしたことに快感を感じつつも、その一方で本気で申し訳なくも思っているわけじゃん。アンビバレントすぎるぜこいつ。ダークナイトっていうかトゥーフェイスだったのかともみ…。

新相棒がまだ未熟なので、カイトくんに相談しに刑務所に行く、なんて展開は面白いかも。ハンニバルのレクター博士みたいな。既に浅倉でやった展開だったか。

このバッドエンド感と衝撃的結末は嫌いじゃあないけど、勿体無いかなと思いました。積み重ねや、伏線が数年かけて張られてたらゾクっとした。ミスリードっぽく見せたり、予告で煽りすぎなのも安っぽい。ダークナイトの正体とは?カイトの予想外の結末!でもう予想がついちゃうじゃん。そのままオチって…勿体無い…。

テーマ : 相棒 - ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する