figma レッドピラミッドシング レビュー。

『霧の日、裁きの後』

figma レッドピラミッドシング レビュー。

figrpt (10)
ホラーゲーム「サイレントヒル2」から、大人気クリーチャー・レッドピラミッドシングがfigmaになった!こいつを待っていたんだ!サイレントヒルといえば、最近だと「サイレントヒルズ開発中止」という悲しいニュースがありましたが…念願の三角頭アクションフィギュアをゲットできたので少し和らぐ…か。


figrpt (1)

塗装・造形・大きな武器が2つも付属・本体も大き目なのに値段はいつものfigmaより何故か安いと、いいことだらけ。即売り切れになったのもわかる(購買層が幅広いのも原因か。海外でも売れてそうだし)可動も、figmaジョイントが独自の作りとなっており、スムーズなアクションがとれます。

figrpt (2)

肩に小さい可動フレームがあり、従来よりも可動部位が1つ多いです。(4重関節)肘は3重関節で、こちらも良く出来てます。ただ、可動部分が多い=破損の可能性も増えるってコトなので、よーく考えてから動かしましょう。

figrpt (3)
figrpt (5)

ボディ部分は前掛けのような部分は前後で繋がっているので脚部の可動域は制限されますが、軟質素材+切れ込みがあるので意外と動きます。たしか三角さんの服(ズボン)は、大きな袋みたいになっていて、首、腕、足を通せる穴だけが開いてる…って感じだったので、これを完璧にfigmaで再現すると胴~膝にかけての可動が死ぬから、原作再現と可動フィギュアのプレイバリューをすり合わせた結果がこの仕様かと。三角頭でライダーキックさせようとは思わないので、特に問題無し。というか、やろうと思えば飛び蹴りくらいはできそう。どうしても足を動かしたい場合は、前掛け切断しちゃうってのもアリか。

figrpt (4)

塗装も良好。つや消し・陰影塗装・ドライブラシのような彩色が施されています。さすがにデコマスよりは見劣りしますが、製品版でもなかなか気合が入ってます。 軟質素材の衣装部分には塗装だけでなく傷のモールドもあります。


figrpt (6)

拘束具の中身。エログロ。


figrpt (7)

「のわー!」
三角パーツはとても大きいのでので、大体のfigmaやアーツに被せる(乗せる)ことができますね。
なんでキュアハッピー使ったのかというと、福圓さん=ときメモ4のうさぎさん=ロビー君の中身!よし関係してる!っていう苦しさ。(実際はすぐ手元にあった同サイズアクションフィギュアがハッピーだっただけ)三角形は微妙に右腕側が膨らんでいて左右非対称です。

figrpt (9)

三角頭の武器は鉈(鋏の片割れ)が有名ですが、こちらも印象的な武器・槍。

figrpt (11)

槍を持たせると2体買わなかったことを後悔しちゃうぜ…。予約時点では、こんな良いデキとは思わなかったし。


figrpt (8)

槍を喉元に刺すための首交換パーツ付属。これで自害できます。あ、上の写真、ちょい間違い。槍先外して接続するんだった。自害用の首は接続用のダボがあること以外通常の首と造形一緒なので、気にならなければそのまま使ってOK。三角頭の兜(?)というか拘束具(?)のおかげで喉元は隠れるし、大体、figmaには背中にどーんと穴が空いてるしね。

figrpt (12)

テキトーな裏世界画像と並べるだけでも盛り上がります。

値段からすると異様にデキのいいアクションフィギュアでした。figmaバブルヘッドナースもサンプルが出ていましたし、クリーチャーが揃うと今度はプレイヤーキャラも欲しくなるし、figmaサイレントヒルシリーズの今後の展開に期待。あとは公式のゲームもちょっとは頑張って欲しいですよね…いや開発側じゃあなくコナミさん側ね!シリーズを毎回毎回、的確に殺さないでくれ…頼むよ…。

テーマ : フィギュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : figma, サイレントヒル,

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する