今週(10月18日)のニチアサ感想。

手裏剣戦隊ニンニンジャー 34話 感想。
ntas1018 (1)

・三段階ズーム
・オフィス突入等のOP再現
・BGM
・主題歌
・磁光真空剣の帰還
・必殺技バンク再現
・一瞬だが磁雷神登場
・歌詞が入った台詞
・筒井さん自ら、初見先生の教えをアドリブ追加
・EDインストもラストに挿入

てんこ盛りでした。過去全部のレジェンドヒーローコラボモノと比較しても、今回のジライヤ回はぶっちぎり、破格の扱いでした。ゴーカイジャーでもないのにニンニンジャーは過去の忍者ヒーローをオリキャスで、しかも普通の地上波でガンガン出してくれて本当に嬉しい。

「最初は勘違いで戦う」というVSモノの流れもちゃんとやり、役者さんの素顔見せが多くなるように忍法規制が~って話になって、責任を取るという形でジライヤを大人としての立場でちゃんと立てて、新しい販促アイテム&レジェンドアイテムもしっかりと出し、先輩の武器を使った必殺技、ロボのパワーアップと、過去のヒーローがちょろっと活躍するだけにとどまらない、理想的なコラボ。ついでに世代交代を軸に敵が子泣き爺で高齢者の負担というブラックな社会構造も揶揄って、それを30分で収めて……あれ脚本凄すぎない?

ntas1018 (3)

宇宙に去っていった磁光真空剣も帰還。玩具ありきである一番刀のデザインに対して、磁光真空剣の殺意はどうだ。…販促関係無しのガチ真剣だからね。タカ兄でもレーザー化できたのはタカ兄が宇宙人だから…ではなく「大いなる力」的な、レジェンド忍シュリケンによる技再現か。もしくはオトモ忍などの武器は宇宙人由来の技術だから、なんか謎の回路を経由してレーザー出たとか?

ntas1018 (2)

「世界忍者」で画像検索すると濃ゆ~いのがいっぱい出てきます。世界忍者のせいで今回の名誉守る会ができたんじゃねーかな…?都内一般道路を馬で爆走する城忍フクロウ男爵とか即忍者免許取り消しレベル。知らない人にビジュアルだけ見せたら100%悪役だと思われる「牢忍ハブラム」とか特定の国だと見た目から放送禁止な「爆忍ロケットマン」とか明らかに色物っぽい奴らに限って善玉なのがすごいトコロ。

ntas1018 (4)

磁雷神はもうガワが無いのか、映像処理のみ。エフェクトを見て「あれは磁雷神!」って呟きますが、テレビの前のちびっ子はなんのこっちゃいだと思う。本編だと永久の別れを告げた間柄だから闘破には感慨深いのです。


生涯前線で暴れたかったけど、「次の世代が俺の代わりに暴れられるようにする」って考えになるのが本当に素晴らしい。新旧ヒーローそろい踏みもいいけれど、意思が受け継がれていく展開ってのもいいよね。ちなみにジライヤのスーツは数年前に新造したものですが、その時のスーツの主な使い道は「一瞬だけ出てきてから特に深い意味のないメタルヒーローバズーカに変化」「ジバンがストロンガーを現行犯逮捕するコントに使用」など、まあ…酷いものでした…が、今回のコラボでようやくスーパーヒーロー大戦Zも無駄じゃ無かったな、と。



仮面ライダーゴースト 3話 感想。
ntas1018 (6)

発破に巻き込まれながら冷静に戦闘補佐できる怪僧がそこにはいた。
御成だった。

御成とあかり殿が身体をはり過ぎる…こいつらのせいで今回の話なんも覚えてないんですけど!なんちゃってARROW?なんか色々やってるけど見終わった後に振り返ると叫ぶ御成しか残ってない…恐ろしいキャラだ…。

(ものすごい爆発)
(意外な人物がーのアオリ文)

なんか火薬が余ったから爆発させました的なテキトーさが腹筋に来る。スタッフ御成爆破したかっただけだよね…。確かに背後で爆発が起きつつ逃げるハゲの映像なんて大人だろうと子供だろうと笑わない訳がないです。ずるい。CMぶつ切りも気にならないくらい愉快。ドライブ組だー!なんかもう懐かしいなー!映画観たいなー、なんて思って油断してるところにドアップでハイテンション御成を映すのもずるい。回避できない。「マッハでゲットなり!」で駄目だった。CMでも変身欲求してて駄目だった。御成と絡む剛がすごい楽しそうで、なんか一安心。ダチだこれ。

オナリ
竹中直人
うるさいヒロイン
Y.AOI声のパペット

主人公の人は俳優デビューでこんな人外魔境に放り込まれて大変だな…。


ntas1018 (5)

ハロウィンを迎えるお子さんのために御成なりきりセットを販売してはいかがか。(なりきりパジャマという名のただの袈裟)
…ただの托鉢になった。



Go!プリンセスプリキュア 37話 感想。
ntas1018 (8)

ハートキャッチの演劇部回のように演出担当の娘が拘りすぎて周囲から愛想つかされるような胃痛展開かと思ったがそんなことはなかった。ありがちなイケメンキャラが持ってっちゃう展開(今回だとカタナ王子がロミオ代役になる展開)にならず、ロミオ役は元の眼鏡ままで、という流れは実に清々しい青春劇でした。眼鏡っ子頑張る→モブ男子活躍回か!いや実は眼鏡女がロミオになるという百合ロミオか!それもあり得るな!→と見せかけてからのカナタが出てきてやっぱり少女漫画展開か!→と見せかけてからのやっぱりみんなでやろうという王道児童アニメ展開に戻るという(カナタの株もちゃんと上げる作りになってるのが巧み)


大切なのは舞台を成功させることか?
それともクラス全員で目標を達成することか?

後者を選ぶのが清々しい。


今週の話でカナタが最終的に王子引退してはるはるとくっつくフラグが立ったように思う。


ntas1018 (7)

エヴァのシンクロアタック回やゴーバスターズを思い出す特殊演出。たかし君らしい凝った遊び。尺に合わせた巻き戦闘をおざなりにしない演出でした。


あ、声優さんネタで、何気に古屋さんの中の人によって山百合会のプリキュア出演フルコンプ達成。先代トゥインクルに清水香里を持ってきたりとか、もしかしてタナカリオン狙ってたのかな?

テーマ : 手裏剣戦隊ニンニンジャー - ジャンル : テレビ・ラジオ

タグ : スーパー戦隊シリーズ, 仮面ライダー, Go!プリンセスプリキュア,

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する