-04:08:27

Fate/Zero 2ndシーズン
第二十二話「この世全ての悪」


録画したものを、さきほど視聴。
えーと、アニメ版の感想は今まであえて書かなかったのですが、今回はちょっと嬉しかったので。

グレン老とウェイバーの屋根の上での会話がアニメ版でもあったよ!

尺的に絶対カットだと思ったのに…。
流石に会話全部ではないけれど、これは嬉しい。
そして、皆大好き、令呪3連続消費シーン。

fz221.jpg

うーん、なんというか…これからのシーンを初見で観れる人が羨ましい。
ライダーVSギル戦は…いいものだ。

アニメ版はどうも、カット多いのに妙なオリジナル演出入れるから苦手だったけれど、今回は良かった。

例えば、前回の愉悦は声優さんすげー!と思ったけれど、もうちょっとおじさんの内面を描いて欲しかった…。
といっても心の声で独り言を言いまくるおじさんってのもおかしいけれどね。
アニメでは限界もあるだろうけど、一番のヤマ場なんだから。

生きる目標をいきなり奪われて、内面に空いた空洞で人格がぶっ壊されるおじさん、
葵を泣かせない為に命がけで戦ってきたのに、結果として葵は泣いているし、
(ここでようやく時臣を殺害したらどうなるか気がつくおじさん…)
葵さんという悲劇のヒロイン(笑)の眼中には、おじさんは存在しないし、
「聖杯は間桐と家に渡ったも同然ね」「私から桜を奪っただけじゃ物足りなかったの?」
いちいち酷いセリフとか、
しまいには「この女だれだよ…?葵と似た顔で俺にこんなにも呪詛を浴びせるなんて」
「早く黙らせないと俺が壊れる」
一番大事だった者の首を絞めた自分の指が、まるで桜の身体を這い回る蟲に見えて、完全に壊れるおじさん…

あの、流れるような人格破壊のシーンは何度読んでも素敵。

アニメ版は良かったけれど、まだ淡白だった。もっともっともっともっとドン底演出して欲しい。
…演出って言っても他にやりようないか…せいぜい、印象的なシーンのフラッシュバックとか?
それじゃ「まごころを、君に」の首絞めシーンだね。

というか、未読の人は理解できなそう…今回の「この世全ての悪」とか。
ぽっと出の設定と思われてそうだ。

まず、fateをクリアして、それからホロウもクリアして下さい。

あ、今回、(性的に)一番興奮したシーンは、これ。

fz222.jpg

死ぬ直前…いや死んでもなおエロいとは…。
人外ロリ人妻経産婦エッロいなあ。流石、イリヤママ。


…こんな外道テンションで次はプリキュアを観るのか。うーん最高だな。

タグ : 型月,

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する