初日の恐怖。

「スマイル03 ピーススターコレクション」
が今日から稼動ですね。

稼動初日に買いに行くのは初めてなので緊張。

初日は戦争らしい。
頭のPS狙いとか、掘り師が沢山いたりとか、ハイエナとか。

自分はそこまでレアカードにこだわらない。
新しいカードが何枚か手に入ればいいや、と軽い気持ちで出掛けたのですが…ええ、この闘争に巻き込まれました。
俺の「怪人遭遇スキル」が今回も炸裂。異様なプレッシャーを放つ人に絡まれました、それも2回も…脇が甘いのか俺は。


まず、いつも自分がDCDをやるゲーセンに向かう。
なんと3回目でれいかさんのPS(宇宙服)をゲット!さすが、余のラックは伊達ではないな!
テンション上がる。

両替を忘れていたので、ここで台から離れる。
「もう何枚か欲しいな…星座カードとか…」と台に戻ってみると、三十路くらいのお姉さんが座っていた。

(普段は俺以外に誰もDCDやらない場所なのに…やはり初日は違うな!なるほど!)
れいかさんをゲットしたし、今日は帰ろう…と思ったら、いきなりお姉さんがこちらに振り向く。

「もしかしてプリキュアやってますか?!」


声が大きい人だ。


…なんだか怖い。

が、初日だから…テンション高いのかもしれないし…初めて同じ趣味の人に話し掛けられたワケだし…答えたほうがいいか…と考え、
「ええ…まあ…あまりカード持っていませんが…」
と観測気球を上げてみる。

「ちょっと見せて下さい!」

叫ぶお姉さん。


…怖い。

あまりのプレッシャーに「はいッ!」と返事しながら、ピ◯クレディーみたいな恰好のれいかさんを検問での免許証みたく見せる。

するとお姉さんは、やおら俺の腕を掴み、カードを至近距離で眺めながら
「うわーいいなー!よかったですねー!私も欲しいなあ!ホシイナーって感じですよー!」
と笑顔。すごい笑顔で。すごい握力ですごい笑顔ですごい大声で。


恐怖。


あまりの威圧感にビビり声もでない。
するとお姉さんは俺の腕から手を離し、鼻歌を歌いながら硬貨を投入し始めた。

キャンディの声とカードが落ちる音が続く。

全く交代する気配なし。

いやもうやりませんが…一応、後ろに声くらいかけても…でも、またこの人に話し掛けられたら、俺は恐怖で泣くかもしれない…。

…この人、掘り師さんか…。

結局、排出されたカードが山積みになっても台から離れる気配なし。数万円ほど崩してあるぞ…あれがガチ勢か。


そっとゲーセンから離れる。…なんだかビビって逃げたみたいで釈然としない。
せっかく稼動初日なのに微妙な気分になってしまったので、別の場所でもう一度やろうと決意。

デパートの、これまた隅のほうに設置された、幼女も掘り師も来ない絶好のロケーションを知っているからね!

5回でレモネード単独のSをゲット。
よし、気分も治ったし帰ろう…と思ったら、女子高生くらいか…10代の女の子が後ろから声をかけてくる。

「交換しませんか!」

…だからなんで皆、テンション高いの?
あと知らない人によく平気で声をかけるね?!

先程のトラウマから、あまり関わらないようにしよう…と、苦笑いで「レアありませんよー」と逃げてみる。

「見せて下さいよ!」
手に持っていた数枚のカードをガッと奪われ、勝手に吟味を始める女子高生。

はあ?!

止める暇もなく、ノーマル数枚を取り出し、
「ください!」
と、もうどんな教育受けてるのか、素晴らしい交渉術。

もうあまりの勢いに、ノーマルだし…拗らしたらヤバそうな空気だし、
「ええ…いいですよ?」
とカード渡す。
関わりたくねえ。

すると女子高生は自分の鞄からバインダーを取り出し、俺から引き抜いた数と同じ枚数のカードを手渡してきた。
「それ、やるわ!ありがとな!」

part8あたりの奏やエレンのPSカード(傷あり)


…??何これ?

レートは合ってないわ、カード表面は傷ついているわ、大胆タメ口だし色々と待ってくれ。

すると女子高生はいきなり、
「ひかりの声優知ってますか?!」

困惑する俺に、謎のプリキュアクイズが出題される。
?????

「いや…田中理恵…」
「正解!やるねアンチャン!おまけだよ!」

前回のムーンライトとビューティのSカードを渡してくる女子高生。

????

ちょっと待ってくれ、出来事が多過ぎる!

何この娘?


この人の目的がわからない。わからないけれど、とりあえず俺は、一刻も早くこの場所から離れたい。
だって、汗が止まらないもの。(これが脂汗かあ)


陽気な女子高生に笑顔でお別れをして、デパートから脱出。

近くの場末のゲーセンに飛び込み、フルブの対戦台に座る。
ガラの悪い男子高校生の二人に乱入、罵声が聞こえるが無視。こちらも煽りながらゴールドスモー使う。
ごめんすごい弱いね君達…スサノオなのに俺なんかに負けるなよ。とか。

罵声や奇声が聞こえるがさっきのお姉さん達より全然怖くねえ、むしろ安堵すら覚える。

八つ当たり気味に数回対戦をして、心を鎮める。ありがとう、スサノオ&エールストライクを使っていた高校生。2対1だから文句ないよな?


やっぱり、理解できない恐怖が一番怖い。

タグ : プリキュア, データカードダス, VSシリーズ,

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する