スマイルプリキュア! 第22話 感想。

sp2200.jpg

今回は中ボスクラスの敵幹部と戦って、敗北回。
恒例でお決まりのパワーアップ直前、中盤の山場、強制鬱イベント戦闘。
歴代のプリキュア達が通過した「プリキュアごっこ」から「伝説の戦士」への成長、その過程。

スマイルでは、とっても丁寧に描かれます。
というか、プリキュアの根本にせまる内容でした。

スマプリ勢は「なんとなく」「直感で」「その場の流れで」プリキュアになってしまい、その後も「なんとなく勝ててきてしまった」
その辺の曖昧さが、今回の話で見つめ直される事となる。

スマイルプリキュア! 第22話 感想。

いきなりお通夜だ。
だが、みゆきの(七夕の笹をデコるという)小ボケで、偶然に星デコルは守られました。

前回キャンディが内緒にしていた短冊を見つけるれいかさん。

sp2201.jpg

キャンディの短冊はみゆき達、一人一人に宛てられたものだった。
「やっぱり、落ち込んでいる場合じゃないよ」
みゆきがだんだんリーダーらしくなってきた…!!

sp2202.jpg

CMでスマイルの映画予告が!映画オリジナルキャラ可愛いな!
でもプリキュアの映画予告って嘘予告…
キャンディもミラクルライト振り要員としてサマになってきたな。


ついに敵陣営に殴り込みの時。(中盤でまず1回目って感じか)
敵側と違い、こちらからバッドエンド王国へダイレクトには行けないようです。
(メルヘン経由)

メルヘンランドは絵本のような景色…だが人気がない。
女王がいない今、国民も意気消沈して家に篭もりがちになっています。
メルヘンチックな風景なのにどこか不安になるね…廃墟とかあるし。

こっちから攻めるつもりだったのに、ジョーカー自身が攻め込んでくる。
よっぽどデコル隠しにイラついたのか、慇懃無礼な態度から、凶暴な本性が垣間見えてます。

ジョーカーと戦闘に。

sp2203.jpg

ジョーカーはアカンベェを召喚せず、直接戦います…が、異様に強い。
スタイリッシュトランプアクション・紙使いのような戦い方と、曲芸師のような肉体能力でプリキュア達の攻撃が当たらず。

ハッピーシャワーを使うも、ガードされるどころか吸収され、反射されてしまう。
撃ち返されたアンハッピーシャワーを盾に変化したポップがガード、お兄ちゃん力尽きてダウン。
反射する際に、トランプの絵柄がジョーカーからハートのエースに切り替わるのが細かい。

今までの幹部と違う意味で遊ばれるプリキュア。
「舐めたらアカン…!」全員同時に必殺技を撃ちます。
おお、ハッピー、ついに2発目を撃てるようになったのか。
でも「やったか!?」は敗北フラ(ry

sp2204.jpg

あああレイプ目だよー…嬉しいっていえば嬉しいけれど…
結局、全ての浄化技が吸収・反射され、完全敗北。
策略でも何でもなく、実力だけであっけなく星デコルを奪われてしまう。
そう気を落とすな…去年なんて何度もキーアイテム取られてましたよ

sp2205.jpg

デコルを奪われた上に、バッドエナジーも回収しようとするジョーカー。
おおお!ジョーカー版のバッドエナジーバンク!まさかジョーカーもやるとは思わなかった。
敵ながらカッコイイ…最後の最後でジョーカーの回収バンクが披露するって良い演出だ。

絶望なんかしない…と強がるハッピー。しかし、

「だってもう、どうにもならないじゃないですか♪」
「私にすら勝てない貴方たちが、ピエーロ様に敵うわけがないでしょう?」
「その上、女王も復活できない」
「輝く未来もスマイルも、もうありえない」

sp2206.jpg
「貴方たちに残されたのはただ一つ、無限の絶望だけですッ!!」

おどけながら、言葉攻めをするジョーカー。
ついに心を折られるプリキュア達。
あろうことか、プリキュア達からバッドエナジーが出てしまう…。

sp2207.jpg

予告で話題になったピースの絶望顔がここで使われる。
ハッピーの「ヒッ…!」という声で朝からイケナイ気分になる…がそれにも増して、見ているのが辛くなってきた。
というかビューティを虐めないでくれ…心が痛むってレベルじゃないぞ!
泣かないでくれ副会長ー。

この程度のピンチなら歴代プリキュアにいくらでも存在したが(もっと苛酷な状況も沢山あるし)なんかスマイル勢が蹂躙されるのは辛い…。
自分は椅子に縛られて、妹とか近所の子がじわじわ拷問される映像を強制的に見せられる感じ?

他のプリキュアなら窮地に陥り敵に煽られても「そんな事はない!」と返してくれそうなのに、スマプリは喚かず静かに沈んでいくし……経験不足なだけか。

「希望の象徴であるプリキュア自身から最後のバッドエナジーを奪う」
悪辣というか皮肉というか…上手いなあ。シンプルだがパンチのある精神攻撃。
あと三ツ矢さん悪役ノリノリすぎだよ!

「それでは、よい絶望を!」
トランプを大量に振らせながら、全てを奪い、去っていくジョーカー。
ほんの数分前に見えた微かな希望も簡単に取り上げられ、代わりに敗北感・絶望感・屈辱感を与えてきたな…。


鬱々としたBパート。

sp2208.jpg

恒例といえば恒例、プリキュア反省会。
でもここまで重くなって大丈夫か?まるで12月にやるような展開だ。
直接的に「死」という言葉は避けているが、「自分達が死ぬ事」について言及するってすごいね。

どこか軽い気持ちで闘っていた事に気がつくみゆき達。
確かに部活の延長みたいなノリだったしなあ。
キャンディも説明不足(というかメルヘン説明不足・人材不足すぎる)だったし。

sp2209.jpg

「どうしてこんな事になっちゃったの…」
「それはきっと、私たちがプリキュアだから…」
「でも…こんなん聞いてへん…」

突然、女子中学生が異世界の揉め事に巻き込まれ、現実離れした体験が続き、詳しい説明もない。
自分の命をかける覚悟なんて定まらないって。そりゃ無理だ。

「メルヘンランド」「バッドエンド王国」「女王」「ピエーロ皇帝」
なんて単語を並べられても危機感なんて感じないですし。

ほんの数ヶ月プリキュアとして戦っただけで、中身は普通の女の子なのに「自分の命」「地球の未来」なんて、みゆき達の小さな肩には背負いきれない重い使命。

今まで冷静だったポップも、ついに決壊。
「無茶でも!!」からの台詞がゾクっとした。
自分の妹が捕まっているし、かといってこれ以上みゆき達を巻き込むワケにはいかないし。
一人で突入しようとして、皆に止められ、むせび泣く。ウッソすげえ演技…。
妖精を泣かすなや!!誰かV2アサルトバスターを貸してやってくれ。
巻き込み上等のプリキュア妖精なのに、ポップさん生真面目すぎるよ。

急にシリアス突き付けられた感じ・水をかけられた感じで胸に迫るね。
スマイルって基本的に明るいし、コミカルだけれど、ここぞという場面でシビアだ。
「敵と戦い、友人を救う」か「このまま平穏な生活に逃げる」かの二択をいきなり迫られたわけだし。

しかも、どのみち自分たちが戦わなければ、世界が終わる。
戦って敗北しても、自分たちは第一の犠牲者になる。
このまま逃げ帰ると、キャンディやメルヘン、地球まで見捨てた罪悪感を抱えて最後の時まで生きる…。

うーん。
いつものプリキュアなら考えるより先にカチこみに行くのだろうが、スマイルは「迷い」「恐れ」を考えるのね。
まるでジョジョ5部のボートのシーンみたいだ。
もちろん、プリキュアは全員揃うだろうが、フーゴみたくここで脱落してもいいんじゃあないかな…。
実際に俺だったら、泣きながら帰る…。敵の本拠地に乗り込むってすごいストレスだよ?!

…ここまで深刻に悩み、助けに行ったらキャンディがオニあたりと絵描いて遊んでたら笑う。

満月の夜にのみ、バッドエンドへの道が開かれる。
ポップは丘の上の遺跡で待ち、決意が固まった者は、そこに集まる約束をする。

みゆき達は、それぞれ「一番大切な物は何か?」を考え始める。
今まで、プリキュアを続けてきたが、そんな事を考える暇もなかった。

ここから逃げるのか、友達―キャンディの為に命をかけて闇に飛び込むか。
何の為にプリキュアをやるのか。
正直、考えてもすぐにはわからない、重く難しい問い。
「みんなと、ずっとずっと一緒にいたい…」

キャンディの書いた短冊を眺めるみゆき達。

sp2210.jpg
「プリキュアになって、みんなと仲良くなって、それからの私の…みんなとの今まで全部が、すごく…ウルトラハッピーだった」

sp2211.jpg
「いま、うちの心のなかにあるこのモヤモヤした感じ…これがたぶん、うちの答えや」


sp2212.jpg
「大切な友達を失うことのほうがもっともっと怖い…」


sp2213.jpg
「大切なものをわけて考えるなんて、無理だったんだ」


sp2214.jpg
「プリキュアとしてではなく、私自身が今守りたいもの、それは…」

自然と集まってくるあかね、やよい、なお、れいか。
答えは、最初から決まっていた。

揃って集合場所に向かう。そこに、みゆきはいた。

「みんな、ごめんね」と謝るみゆき。結局、一番大切なものは何かなんて、すぐに答えが出なかった。

それは皆も一緒。
ただ、ひとつだけ理解できることがある。
「みんないっしょの未来が、きっと私のウルトラハッピーなんだ…って」

「私達の、やろ?」

手を差し出すあかねちゃん。

sp2215.jpg
sp2216.jpg
sp2217.jpg
sp2218.jpg
sp2219.jpg
sp2220.jpg
「5つの光が導く未来!輝け!スマイルプリキュア!!」

ここでこの口上。
ようやく意味がわかってきた…。
ジョーカーに踏みにじられた「輝く未来」の口上を使って、全員で手を取り合うシーンが最高にかっこよかった。

sp2221.jpg

前半はジョーカーと真昼間での戦闘(動)
後半は月夜で一人一人が決意を固める(静)

スマイルも折り返し地点、力の入った演出が炸裂します。
というか最終回直前みたいな盛り上げ方だった。
なおちゃんが決意と共に髪の毛を結び直すシーンなんか劇場版みたいだったよ。
まるで死地に赴く戦士…というか、そのものだった。

来週は、逆転か。
パワーアップフォーム、幹部と直接戦闘、バトル重視回のようです。
スマプリは幹部と直接戦闘は避けていたように思えましたが、ついに解禁。
赤鼻も使いきったしな。

sp2222.jpg

テーマ : スマイルプリキュア! - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : プリキュア, スマイルプリキュア!,

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する