スマイルプリキュア! 第43話 感想。

選挙は期日前投票で済ましておいたのさ!
だって今日は大事な大事なラストれいかさんメイン回だからね!

スマイルプリキュア! 第43話 感想。

脚本が成田良美先生、演出が田中裕太先生、最後の最後でれいかさんに全力を注ぐ東映マン!
お話自体はそんなに難しいコトはなく、


れいかさんが留学生に選抜される(プリキュアになる前にれいかさんが申し込んでいた)
プリキュアをやめる事、みゆき達と離れる事を悩むれいかさん(申し込んだ時と状況が変わったから悩むよ)
内心では寂しいが、笑顔で送り出そうとするみゆき達(家族や学校の先生も応援している)
三度、道に迷うれいかさん
スマイルの頭脳担当・ビューティを消したいジョーカーさんが留学の件を使って精神攻撃してきたよ
一時的に心を折られてプリキュアやめそうになるれいかさん
しかし、メイン回三度目で、今度こそ自分の進む道を見つけるれいかさん
初めて自分の本心を吐露、吹っ切れる…そして―

といった感じ。
見所はジョーカーの嫌がらせ空間、れいかさんが本心をぶちまけるシーン、そして覚醒ビューティ。
演出とコンテに平伏です。

正直、れいかさんメイン回は、いつも微妙…というか…難しいテーマだったり、堅い話だったり、れいかさんが悩み迷い、やめます宣言しちゃったり、結論などが先延ばしになったりする(生徒会長にはなったけれど)ので、今回も同じような流れかと思ったが、ついに「わが道を行くれいかさん」が見れました。
プリキュア怒らせると、ハッタリやヘリクツも強引に押し通すからな…れいかさんが初めて「わがまま」を言えたという事が成長なのかな?

イギリスなんて、れいかさんの知力があればいつでも行けるしねー。高校生になっても行けるし。ピエーロ撃破した後でゆっくり行けばいいし、それに本棚ワープもあるし。大体、留学希望したのも、自分の「道」を見つける以前の事だし。今はプリキュアとしての使命と、みゆき達との友情が最優先でいいと思う。
(命がけの戦いってそう何度も人生では体験できないコトだしね…我々は凄い事をしてしまった…!)


今回は「鏡」を使った演出が意図的に多く使われていました。

心を写す鏡、ってことかな。カーブミラーの演出や池に写るれいかさん、れいかさんのキャラソンも「鏡」だし、アカンベェのモチーフ(5話と同様に鏡)とかジョーカーも万華鏡を使ってました。アイスソードにもビューティの顔が映っていましたし、最後のウユニ塩湖のような空間も鏡。

sp4300.jpg

どうしてもこの子を思い出してしまう…!ちなみでプリキュアで鏡なだけに!


れいなお成分は貴重。
sp4301.jpg

もっとだ!もっと来い!もっと!なおちゃん側からも幼馴染アピールこい!
(消えたれいかさんの後に弓を持ち上げるなおちゃんも、れいなお成分として受け取ったよ!)

言ってることは、よく聞けばマヌケなんですが言葉巧みに責めるジョーカーさん上手い。
れいかさんも冷静さを失っている時に突然分断されて、相手のホームでグサグサ刺されたら取り乱すよ。

sp4302.jpg

舞台装置を使った精神攻撃って演出いいよね…。

「キュアビューティ、いやただの青木れいかさん」
sp4303.jpg
sp4304.jpg
「お疲れ様でしたぁ!任期満了!円満卒業!あなたはもうプリキュアではない!」

すごい台詞だったような…え?任期満了?…ああ一年過ぎたってことか…?
そして精神攻撃で変身が強制解除されるプリキュアにもビックリだよ。

「笑って笑って…」
sp4305.jpg
「ごめんやっぱ無理」
相変わらず、ハッピーの精神の脆さ・危うさがたまらない。

「私も……行きたくないッ…!!!」
sp4306.jpg

「やだぁああ!!」
ついに地で本音をだしたれいかさん。丁寧語じゃなくなった!!?
前回のなおちゃん回から、中の人たちの演技が全力すぎて怖い、怖いよ朝から!
れいかさんが、ついに決壊してしまうとは。

もちろん、こっちのコトなんてお構いなしのジョーカーさんは煽りますが、もはや逆効果で…

sp4307.jpg
sp4308.jpg

「おだまりなさい」からの再変身、そしてジョーカーさんのサーカス空間を氷の世界に書き換え(!)舞台装置も乗っ取っていきます。…れいかさん自重。
さらにキャラソンまで流れ出す。世界まるごと書き換えすんなや!
でもれいかさんのキャラソン大好きだったので、思わず叫んじゃったよ…。
スマイルはキャラソンを本編に使わないと思っていたし。

「なんじゃそりゃああ!?」って思わず叫ぶジョーカーでだめだった。
ハイパーアカンベェに乗り込んでから、さらにもう一度自分の体内にアカンベェを取り込む…と複雑なパワーアップを慌てて始めるジョーカーさん。しかし時すでに遅し。

sp4309.jpg
sp4310.jpg
sp4311.jpg

容赦なくアイスソードで斬りつけ、叩きつけ、ソードが破損しても、すぐに地面から氷柱を拾い上げてまた斬りつけ、投擲、ソードを束ねて盾がわりにして接近、ジョーカーが持つ槍を叩き落します。

…エクシアだ。エクシアっていうかクアンタだコレ…(某所の影響)

アイスソード(仮)が販促用の玩具ではないから、こんな暴挙に出れたというか。もう販促しなくていいから、プリキュアの暴走が始まったというか。
(販促アイテムを投げたり、囮にしたり、刀のように使った先輩方もいましたが)

道!道!道!と青木家独特の達筆な字が画面に広がりつつ、氷の刃で大立ち回り。正気かスタッフ。

マジョリーナよりも多く分身して、覚醒ビューティの攻撃から逃げるジョーカー。まるで夜空に広がる星のよう。
しかし、れいかさんを追い詰めるために展開したサーカス風の空間も、今はビューティが支配する空間に変貌しています。
舞台装置の照明がジョーカーを裏切るように、分身達の中から本体のみを照らします。
もう迷いはなく、あとは心のままに弓矢を射るだけ。

「わたしが歩くわたしの道は わたしが決めるわたしだけの道」
sp4312.jpg
sp4313.jpg
sp4314.jpg
sp4315.jpg
「ビューティブリザードアロー!」

受け継がれる、青の技か…。
sp43.jpg

ジョーカーの作った空間ごと破壊、青空と鏡のように美しい水面が広がる。れいかさんの心情風景はウユニなんだ…。

sp4316.jpg

あまりの出来事に、ぽかんとするハッピー達。そりゃそうだ、こっちもぽかんだよ!全国の幼女達もぽかーんだよ!
ハッピー「と、とりあえずいつもの…ペガサスしよっか、れいかちゃん…」

エンドカードまで異質なれいかさん。

sp4317.jpg










縦書き・丁寧語とか最後まで…!

覚醒中にプリンセス状態になりかける髪型とか、本当に細かな部分にまで「カッコイイ&美しい」演出があって、ああ、れいかさんのファンで良かった…と思えた回でした。
れいかさんメイン回がやっと…来たよ…。(やめます宣言や選挙回も良かったけれど)

テーマ : スマイルプリキュア! - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : プリキュア, , スマイルプリキュア!,

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する