ドキドキ!プリキュア 第7話 感想。

明らかになる真実!

ドキドキ!プリキュア 第7話 感想。

世界観説明回でした。説明回なのに面白かった。プリキュアらしからぬ展開というか…説明しつつもテンポ良く進む展開、ピンチからのきり返し方が少年漫画みたかったりと面白い。
王国防衛戦&オッサン戦闘とアクションも凝っていたし、廃墟の王国・徘徊するジコチューの群れなどの背景演出も緊迫した状況が伝わってきました。今年はプリキュアも敵幹部も妖精も本気で戦うからハラハラする。
今までにないタイプのプリキュア王女キャラ・アンも予想外。あんなアグレッシブな人だったなんて…そりゃまこぴーもデレデレになるよ。というかアンまこキテタ…。
dp0701.jpg
dp0702.jpg

OPは映画宣伝版なのですが、通常の映像の方にも変化が。最後に全員で空を見上げるシーンで、変身が解除されるようになってました。


前回のラストで次元の亀裂に飲み込まれたマナ達は、トランプ王国に吹っ飛ばされていました。王国といってもモンスターだらけの廃墟ですが…かつてないほどの妖精世界の壊滅っぷりですよ!もはや魔界。
まこぴーはこの世界の住人でした。トランプ王国の生き残り・最後のプリキュア「キュアソード」それがまこぴーの正体。

dp0703.jpg

主人達と離れ離れになった妖精たち。自分達の祖国なのに生まれてすぐ地球に送り込まれたから何がなんだかわかってません。頼りになるのはデキる妖精・ダビィ。「静まれ小僧共!」やはり職持ち熟女は落ち着きが違うぜ。


dp0704.jpg
dp0705.jpg
dp0706.jpg

歌姫時代のまこぴー。「あのお方」はアンジュ王女のことだったのね。デレデレまこぴーkwii!
王女だけの花園にソードだけ呼んで、「二人きりの時はアンって呼んで?」とか濃厚すぎるよ…。

でもそんな平和も長くは続かなかった。百合百合しく平和に暮らしていたのに、なぜかジコチュー襲来!ジコチューの生産力と同士討ちを誘発できるって戦争向けだよ…怖い。なんで襲われたかは不明。

王女自ら戦うの?!
dp0707.jpg
dp0708.jpg

姫騎士じゃん!!これは予想外。ありす様のキャラとか、こちらの予想を上回るのがドキドキですね。ここまで仕事できるプリキュアクイーンも珍しい。
でも…デザインとか…エロゲーですよ…陵辱されちゃうよそんな格好してたら…相手も触手とかゴリラとかヤバそうだし…二次元ドリームやクイーンズブレイド展開ですよ…。
国民の命の為に、国民の前で××××強要されちゃったり…カエル型ジコチューに…とか…「国民なんて知らなーい♪コレのほうが好きぃ♪」とか言っちゃったり……鎧着てるだけでダメだ俺。

dp0709.jpg

今度はレズレイプ!うーん朝からイカンよ。世界観を説明する回に、こんなご褒美だらけとか考慮しとらんよ…。

王女はキングジコチュー(ラスボス)を封印・妖精を地球に送り込み、さらにまこぴーを守って生死不明になってしまう。まこぴーが目を覚ますと地球でした。なかなかハード。
王女はなんで兵士を守ったんだ…「希望」と言っていたが…まあ、可愛く懐くまこぴーを守りたい!って思っちゃたのかもしれないが、まこぴーは戦士なんだから役目を果たさせてやれよ!

まこぴーがアイドルやっていたのも、自分の歌声で王女に居場所を知らせたかったから。そのやり方でいいのかは別として…真剣なのはわかったよ、まこぴー。

マナは「王女探しを手伝う!」と言い出す。何も考え無しに言い出したのか、と思ったが、
「敵も王女の行方を捜している=王女が見つかるとジコチュー側がマズいって事=先にこちらが見つければ、なんとかなる!」
するどい洞察力でした。さすが会長。

敵はジコチューを暴れさせて「ジャネジー」という負のエネルギーを集め、プリキュア側は浄化してキングジコチューの復活を遅らせる。これが大体のルールね。覚えた。

作戦を話し合ってる最中でも、徘徊するジコチューが襲ってきて世紀末状態。よく冷静に対処するなこの女子中学生たち…覚悟が違うというか…。
野良(?)ジコチューが元・トランプ王国の住人だと思うと、えげつないなあ。戦火から逃げ惑いつつ、「自分だけは逃げたい・帰りたい」と思っちゃって、こんな化物が生まれたんだろうなあ…。

dp0710.jpg

アイキャッチも変化!油断できないねドキドキ。

dp0711.jpg

崩壊した橋をジャンプ。…そりゃ、超人マナさんとありす様は平気でアクションゲーできるだろうけど、六花ちゃんにはキツいって!「無ぅ理ぃ~!」が可愛すぎる…まあ幸せの王子が飛んだから、命がけで飛ぶけどね!

憐れまこぴー、一人だけ落下。
dp0712.jpg

コケたとかじゃなく足場が崩れたから仕方ないね!
期待を裏切らなくてだめだった。ふらーい。すぐに心折れたり、先輩なのにマナ達のお荷物になっちゃってるところが愛おしい。王女の気持ちもわかる。こんな可愛い戦士を愛玩用に置いておきたい。

dp0713.jpg

ここで2話の伏線回収。マナまこキテル…!と思ったら、幸せの王子ネタをぶっ込んでくる六花ちゃんさすが。
そう簡単にマナは渡してくれないか…。

地球に帰還するには、王宮にある鏡が必要。ジコチューの群れに見つからないように崩壊した宮殿を進むって冒険だなあ。
でも、オッサンが先回りして鏡を回収していました。これは…詰み…。序盤とは思えない展開が続くなあ。
油断せず、すぐに鏡を破壊するオッサンに恐怖。手加減しねえ!これでマナたちは地球に戻れなくなりました。

dp0715.jpg

ジエンドか…?

はっはっは…!
dp0716.jpg
「そんなことであたし達の心が折れると思ったら大間違いよ!」

「あたし達はあなたの力でトランプ王国に送り込まれた…それはあなたに自由に時空を行き来できる能力がある証拠…!」

鏡なんか無くとも、お前を言いなりにすれば元の世界に戻れるだろ!と切り返す。
やだ…マナさんかっこいい…この状況でも諦めない上に、さりげなく仲間を鼓舞するとは…リーダーだなあ。
幹部をボコボコにして言いなりにしよう!ってすごい思考だよ!?ありす様なら拷問術とか知ってそうだし…女子中学生にオッサンが服従しちゃうんだ…。
さらに妖精が容赦なくシャンデリア落としで奇襲してきてダメだった。命のやりとりすぎる…まるで初代。

ひびけ 愛の鼓動!ドキドキプリキュア!
dp0717.jpg

ついに全員で名乗り!
今回本当に面白い…ちゃんと手を繋いでチームになり、初名乗り…説明とチーム結成を同時にやれて上手いなあ。


そのまま幹部戦に。ジコチュー任せにせず、自分で戦うのかオッサン!しかも強い。

dp0718.jpg

バラバラで攻撃しても勝ち目がないので、連携して戦うハートたち。ソードが自分の攻撃を鏡で反射させて、ダイヤモンドが冷凍攻撃で動きを止めて、ハートが浄化します。…敵も味方もガチだコレ!
あわや、オッサン退場かと思ったが、鏡の欠片があって助かった(オッサンが)


dp0719.jpg

心に剣 輝く勇気 で限界だった。
いいシーンなのに笑いが込みあがるよ…。

ここまでがプロローグかあ。面白い!面白いぞドキドキ!ここまで展開が速いと中だるみくるな!
でもそれまでに4人が大好きになってそうだから、夏ごろグッダグダになっても楽しめそうです。
……この密度で全話やったらどうしよう…。

テーマ : ドキドキ!プリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : プリキュア, ドキドキ!プリキュア,

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する