ドキドキ!プリキュア 第20話 感想。

レジマナキマクッテル…!

ドキドキ!プリキュア 第20話 感想。

ドキドキも中盤付近、かなり重要回でした。プリキュアのストーリーが一番盛り上がる2クール後半!
「敵同士なのに心が通じてしまい…」初代からあるテーマですね、やっぱり楽しい。
このままレジーナ改心して仲間になるのか、それとも邪魔が入って敵のままか、もしかすると戦死…プリキュアは容赦ない時は本当に死んでしまうから恐ろしいアニメです。

いやあ…それでも今は先の心配よりも、目の前の幸せを味わおう…今回はとても良かった…レジマナキテた…!
クレバスの奥で二人きりでビバークしちゃったんだ…。え?王女様?奴さん氷漬けだったよ。


前回のラストでシュポーンと吹っ飛んだクリスタルを追跡したいマナ達だが、流石に高速飛行物体を回収は無理…どうしようもない…と困った時は四葉財閥。
マッハ3で飛行するクリスタルを人工衛星で補足。
dp2001.jpg
dp2002.jpg

……さらっと人工衛星って言ったね?マッハ3?もう軍用じゃねーか!
多分、人工衛星もピンク色してるんだろうな…。やっぱりマナちゃん達の事も密かに監視してますよねありす様?
セバスチャンはヘリまで操縦できます、なんなのこの執事…元傭兵?
クリスタルが吹っ飛んだ方向=雪山までヘリでむかうマナたち。ヘリで現地入りするプリキュア初めてみた。そもそも何故、雪山で凍ってるんだ王女様は…。

マナちゃんはレジーナの目つきの変化(赤目モード)にはやっぱり気づいてた様子。「ほんしょうをあらわしたのかもしれないわ!!」… まこぴーは許さない様子。そりゃそうだ。

dp2003.jpg

事情通の現地人・山小屋のオッサンが登場したり(モブだけどなんか目立つというか…重要そうで重要ではない少しだけ重要な伝説情報くれる)いつもと雰囲気が違う今日のドキドキ。いや、ドキドキという作品自体、プリキュアのおやくそくを微妙に破るから、なんとも言えないが…ノリが違うっつーか…。
この山小屋のくだり必要なの?!(ジコチュー要員はいたけど)でも「光の伝説」という台詞のおかげで、六花ちゃんなんとか正妻としての威厳保てたし、まあいいか…今後の伏線かもしれないしね…。

過酷な環境の登山をどう攻略するのか。そりゃプリキュアパワー使わない手は無い。脚力・耐冷のために変身する展開が妙に生々しい!ヒラヒラ衣装ですが、すっごい防御力あるからねえアレ。軽いし。
重いだけの甲冑との対比が悲しい。岡田完全に足手まといじゃん!その鎧を脱げバカ!皮膚に張り付くって!いやでもプリキュアの滅茶苦茶な脚力に追いつくって凄いぞ岡田。

岡田をちょっと馬鹿にしつつ、かっこよく山頂にたどり着いたまこぴーですが、クリスタルを見つけるために「おねがい光ってー」と声かけていてダメだった。無機物に声かけてる…頭大丈夫かまこぴー。
しかもその大声で敵にこちらの位置がバレるし。なんで毎回毎回、まこぴーの絶妙なポンコツ描写があるの…?すごく可愛いけど、あんまりだよ!たまには活躍させてやって!なおちゃんを思い出す

プリキュア側のアイテムで精神汚染されてる(?)敵幹部というのも新機軸・レジーナ。「ハート=マナとの約束を破った」ことでマナの愛人仲間たちは激怒。レジーナもマナの心を傷つけて、双方泥沼化。危険な雪山の山頂で戦端が開かれてしまう。一般人の岡田は雪崩とかでヒヤヒヤものだろ…。

dp2004.jpg

まこぴーが放った「いつものアローばらまき」が、今日に限って有効打、レジーナの足場が崩れてクレバスに落下(飛べます…よね?)レジーナを助けるために飛び込んだハートも一緒に滑落してしまう。いつもは貧弱なボウガンが今回は敵味方二名も葬った…まこぴー曇っててまたダメだった。飛び込んだのはマナちゃんの意志だし、そう気を落とすな…。今日は色んな意味で面白過ぎる。

利害が一致して一時休戦するプリキュアとジコチュー組(お互い、暴走するリーダー不在だし)とか、プリキュア達の超戦闘能力に追いつけない岡田とか、変なところが細かいなあ、今回。大筋はぶっ飛んでるのに、変にこだわりがある…そこがちょっと違和感あるのか。誰が脚本?と思ったらアイカツの人かい。納得。

落下して変身も強制解除され(多分、滑落途中でシャルルが吹っ飛んだ)気絶してもなお、レジーナの手を握ったままのマナ。

dp2005.jpg
キテル…!!

dp2006.jpg
dp2007.jpg
dp2008.jpg
dp2010.jpg

ここからは濃厚なレジマナタイム。王女?ああなんかアイスウーマンになってますね。というかアンタが仕組んだ(?)クリスタル、やっぱり変な呪いあるみたいじゃねーか!レジーナめっちゃヘコんでるよ!
「私達がジコチューとトランプ王国の架け橋になろう…」としっとり抱き合うとか、たまらん。六花ちゃんいなくてよかった。雪崩事故を装い氷使いのプリキュアに殺されるところだった…
敵味方のラブロマンスなんかしてる間にも、愛人(と岡田)はクレバスの壁を滑りながら接近。はやくレジーナから離れないとまた面倒臭い女達に怒られるよマナちゃん。

dp2009.jpg
dp2011.jpg

ダイヤモンドの能力で足場形成。
この時の発光が、山小屋のオッサンが言っていた「伝説の光」の正体、つまり仲間を信じる心が生んだ奇跡。やっぱり王子にはツバメがいないとダメね。(心の中で勝ち誇る六花ちゃん)
あやうくレジマナに話題が持っていかれる所でしたが、なんとか喰らいつく六花ちゃんの根性よ。


「無事で良かった…二人とも」とまこぴーがレジーナも心配してくれていました。
「あなたがいないとマナがかなしむ」まこぴー!許していないようで、この子は…!ああ、ヘリでの台詞やボウガン事故も、ここの台詞の伏線だったのか…ごめん、まこぴーポンコツとか言って…いやまあポンコツではあるけど…優しいよね、キュアソード。


わー!王女様だー!と喜ぶトランプ王国民ふたり。おいそんな油断して大丈夫か。
dp2012.jpg

あ、やっぱり…
dp2013.jpg

ぐえー。岡田ー!
dp2014.jpg


最近、この二人の組み合わせもなんか見ていて和む。まこぴーが岡田に辛辣な所とか、大事な場面で二人とも抜けてる所とか。正体わかってから岡田がいい味出してるなあ。
雪だるまジコチューは幹部合体でもなく、レジーナ専用でもない普通のタイプだったので楽勝でしたが。その辺の描写も細かいね。(ロゼッタリフレクションが割れない・むしろ反射できてる)
でも、足止めには役に立った。

dp2015.jpg

最後にレジーナがお姫様のようにベール達に連れ去られて終了。レジーナのヒロイン力上がりすぎ問題ですよ。王女様は動かないせいで御神体みたいな扱いでおなかいたい。


さあ盛り上がってきたドキドキ、来週はさらに急展開…

dp2016.jpg

レジーナは生存ルートなのか、それとも……そして…!









dp2017.jpg
ついにきた!!追加戦士!!!

(もうすぐ登場!とか言ってますが毎回一ヵ月後です)

テーマ : ドキドキ!プリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : プリキュア, , ドキドキ!プリキュア, レジマナ,

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する