ドキドキ!プリキュア 第26話 感想。

あまずっぺえ…。

ドキドキ!プリキュア 第26話 感想。

アオいいよね…。濃厚な六花ちゃんメイン回でした。「メイン回」はやっぱりこうでなきゃね!前回のありす様メイン回と前々回のまこぴー回と比べて明らかに優遇されてませんか!?演出が田中さん。ああ…納得。

dp2601.jpg

予告の時点では「イラりつキテル!」と浅はかな期待をしてしまいましたが、六花ちゃんが将来の夢について考え直すという、かなり真面目な内容でした。前半なんて六花ちゃんとラケルとイーラだけで話を回すから、丁寧で余裕があっていい…。記憶喪失のイーラを海で発見した時間が8:40ともうAパート終了近く。ここまでほぼ六花ちゃんだけに焦点が当たっています。いいなあ…六花ちゃん回はどれも良い出来で…ありす様にもこんなメイン回が欲しい…(前回も良かったけれど…)

dp2611.jpg

戦闘も、いつもみたくエースが割り込んでくる印象は無く、ちゃんと共闘してる感があって良いです。ダイヤモンド個別の口上まであったし!…まこぴーパワーアップ回なんてあの子は戦闘中なのに口開けてぽーっとしていたのに、この格差…ひでえコトしやがる!「でるまくがなかったわ!」

記憶無くなったイーラは爽やかイケメンでこれは…濡れる…。ジコチュー性善説?まあ、創作物での「記憶喪失」はキャラ変わるのがデフォだから、あまり深く考えないほうが良いか。でも最後は六花ちゃんをツンデレっぽく守っていた。離反フラグ?微妙なところです。「プリキュアは僕が倒す…!」まあ押し倒されたのはイーラのほうだけどね!ああ襲い掛かるってそういう…。
4話のダイヤモンドに対するイーラの素直な感想「青くて…ふわふわして…キラキラして…」発言が伏線として使用されたました。こういうの本当に嬉しい。思えばこの台詞から「イラりつ」が生まれたわけだし。

dp2602.jpg

記憶が戻った後はデレデレにならず、しっかり幹部の威厳を残しました。包帯を夕闇に捨てるシーンがカッコイイ。でもこれは死亡フラグと生存フラグが半々になった印象…。


dp2603.jpg
dp2604.jpg
dp2605.jpg

どちらかというと「イラりつ」より「りつラケ」のほうがキテた。六花ちゃんおねショタが似合いすぎる。ラケルの健気なショタっぷりが堪能できた。恒例の耳いじりから始まり、六花ちゃんの「デートね!」に反応して赤面、イーラに少し嫉妬(これ最高)、悩みつつも、相棒として六花ちゃんの行動に賛成…観たいもの全部観れた…ありがとう東映、ありがとう田中演出。

dp2606.jpg
dp2607.jpg

田中さん演出なので、細かい部分にも意味があるのだろうな…と思い、現在録画を見直し中です。いやーなんか高度なエロ描写もあるな!海で脱いだ靴下のカットとか、髪の毛が口に入るシーンとか。直接的な描写だとイーラを押し倒しちゃう六花ちゃんがやっぱり最高だな!

dp2608.jpg

プリキュアでここまで直接的なラッキースケベシーンは珍しいっつーかほぼ初じゃね!?
その後の怪我したイーラに「あーん」してあげる六花ちゃんもいい…これもしっかり描写してあります、プリキュアなら絶対、妖精達のコントでここを直接描写しないと思ったのに!ちゃんと描いてある!

dp2609.jpg
dp2610.jpg

ママさん達が怒らないギリギリのラインを攻めるね!プリキュアはラブコメも規制あるからな…(やりすぎちゃったのぞみさんを思い出しつつ)
「いつまでくっついてるケルー!」なんて台詞が本編で聞けるとはね…良い時代が来たもんだ。
どうせお茶を濁す程度の描写だと思ってたらガッツリとラブコメ定番イベントしやがって…!

あれ、結局、カップリングとかエロ描写の話ばかりになってる…やっぱり俺は駄目人間ですね。女児向けアニメ観てる時点で駄目駄目なので、仕方ないね。
…だって今日の六花ちゃん本当に可愛いんだもん!六花ちゃん可愛い!ってシーンや台詞が沢山増えて驚いてるもん!今日のプリキュアの誓いがなんだったか忘れるくらい!そりゃイーラも「天使だ…」とか言っちゃうよ!海に来て百人一首を詠んだり、相変わらず「重たい」子でもあるけど!惚れやすくて悪い男に引っかかるタイプだけど!…あとなんだかんだ言ってマナちゃん好きすぎるけど!(今週もさりげなく挿入されるマナりつ)

dp2612.jpg

六花ちゃんいいなあ。これだから青キュアはたまらない。

テーマ : ドキドキ!プリキュア - ジャンル : アニメ・コミック

タグ : プリキュア, ドキドキ!プリキュア,

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する